2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 祝 開局 | トップページ | ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「修理篇」 »

2010年4月 2日 (金)

ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「予告篇」

ダイキン 光クリエール 加湿機能付き ACK75J(MCK75J同等品)を利用して
早くも1年4ヶ月が過ぎた。

ここ1ヶ月ほど「加湿機構」が動作すると「コロコロ~コロコロ~ヽ」と音を出し始め、
機械さんが「ただいま加湿フィルタを動かしています」と自己主張するようになった。
いゃぁ、普通に黙って働いてくれて結構・・・と言うか夜中は音が気になって寝られん・・・

そもそも、スギ花粉症歴が長く、空気清浄機導入以前はマスクをして寝ても知らぬ間に外しているから、結局「朝起きた直後が最悪」な状態が毎年続いていた。
そしてついに昨年「空気清浄機」を導入→「効果絶大」により、この時期は24時間動いてもらっている。

折角購入するのなら加湿機能が欲しい。シャープ・パナ・ダイキンを候補として検討した。

シャープは背面吸気のため、「壁にぴったりつけられず」配置に制約があり泣く泣く断念。
パナはフル動作時の音がヒジョーに大きく速攻で候補より脱落。
ダイキンは業務用の実績大なれど、デザインは普通。水タンクもいちいち前面パネルを外さなければならない。

3社とも「惜しい」点があり、結局、配置+業務用の実績+「安い」を評価して「ダイキン」にした。
シャープの「プラズマクラスターイオン技術」(特許)に後ろ髪引かれつつも「背面吸気」はかなりポイントを下げた。
空気清浄機、結構大きい家電なので部屋のど真ん中には置きたくないのだ。

ただでさえ「抜け作」なので絶対ぶつかって怪我するのが予想される私なのだ。

すみません。書いていて思ったのですが、前置きがとてつもなく長くなったので「予告篇」と「修理篇」に分けます<(_ _)>

« 祝 開局 | トップページ | ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「修理篇」 »

いじり系のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556755/47976143

この記事へのトラックバック一覧です: ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「予告篇」:

« 祝 開局 | トップページ | ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「修理篇」 »