2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

特別企画:我が家紹介

P4140999j3

すみません。
昔やってたブログでこのネタやったことがあります…

2010年4月28日 (水)

明日撮りに行く人、はりきってどうぞ

広島県庄原市東城町(合併したからだが、どうも東城が庄原市といわれてもピンと来ない)
に存する「千鳥別尺のヤマザクラ」(平成22年4月25日撮影)です。
4月25日(日)の朝は御覧のように田圃も凍っている状態でして、
5分咲きでした。

P4255861j_2

この日は日中の気温も上がり、終日天候がよかったので、
25日夕方までにはもう少し花開いた状態だったと思われます。
(午前10時には他のさくらを愛でに行ったので)

明日4月29日(木・祝)は天候もよろしいようなので、
満開であろうと思われますが、私は不調となったため行きません┐(´-`)┌
我が偉大なる「中途半端な某地方都市」からだと、時間的に遠いので疲れるの…

道路が1車線で離合困難なため、お車さんにはゆっくり走ってもらってご安全に。
がちゃんするとお車さんもフトコロも痛いしナ。

2010年4月22日 (木)

空気清浄機 ACK75J (解決篇)

実は4月14日には交換部品一式が到着しまして、
交換も「お手入れ」を行ったことがあれば誰でも出来るようになっています。
実際、作業は20分程度(交換部品取り付け+従前部品は返却のため再梱包)

交換部品申し込みが4月10日。
部品到着が4月14日だったため、あっけなく対策済みとなりました。
(もっとも、交換部品キットを全数用意してからリコールしたとは思えないので、
申し込みの時期および、訪問交換依頼によりある程度時間を要する場合もあるでしょう)

Ack75j_unit_fig1j
大きく変わったのは集じんユニット。
今回の物は「金属プレス金型にお金かかっただろうなぁ」と思わせる形状。
一応「面取り」されているため、ちょっと触れたくらいでは手を切らないだろうが、
メーカの取扱説明書にもあるように「手袋」着用の事。
(実際交換キットにも添付されていた。それと手を綺麗に?「ウェットペーパー」も…)

金属プレス、単純にガチャンとやっただけの物は「切断面」が鋭利なので
(引きちぎったようなもんなので)
「面取り」加工していないとすぐ「手が切れたよ血が出たよ」になるの。

取り付けたのが4月14日。記事を書いたのが4月21日だから8日経過したが、
前の集じん電極の方が「ホコリ」はよく吸い付けてくれていたのが実情。
火が出ては非常に困るが、果たしてどうなんでしょう?

Ack75j_unit_fig2j

さて、今回は「集じん・脱臭フィルタユニット」全交換もあったのです。
変更箇所は集じんフィルタの裏側にある「脱臭ユニット」側に延びていた
電極が撤去されていること。
ひょっとして「脱臭ユニット」の静電気除去のための電極がアダとなったか?

今回「集じん・脱臭フィルタユニット一式」も交換となったため、
ひょっとしたら「うっかり脱臭フィルタ洗っちゃった」(洗うと脱臭能力を喪失します)
人にとっては嬉しい出来事かもしれないな。

他社の空気清浄機によっては「フィルタは洗って陰干しして下さい」という物があるので、
他社からの買い換え・買い増しの方にとって、お手入れ方法が全く違うので
「ややっこしい」でしょうな。どっちが良いかは何とも言えませんが…

なお、調査目的又は不具合品の出回りを防止するため、
今まで付いていた部品は「回収」となります。必ず返却してあげて下さい。

まれに居るの。部品が壊れたときの予備として「取っておこうか」という方が。
製造終了すると、補修部品が出なくなるメーカーがあるのでね。
(バイクなんかだと○○ダとか、自動車だとバブル末期製造の○○ダ車とか…)

しかし、私の知る限りでは家電やっている会社、思ったより長く(10年以上)
部品(又は同等の代替品)を持っているから大丈夫です。

昔は当たり前だったのだけれども、修理して長く使うのが一番地球環境に優しいのです。
自動車なんぞ「エコカー」などといって買い換えが美徳の様に言っているが、
製造時に「膨大」な「エネルギー」をつぎ込んで造られたことを忘れてはいけませんぜ。

2010年4月21日 (水)

「うんりゅう」が来ました

昨日4月21日は、正午から15時ごろまで晴れましたので、
折角で御座いますから見てきました。うんりゅう

P4215751j

これ。今は艦番号(502)が描いてありますが、まもなく黒塗りして消去されます。
潜水艦は特に機密が高い艦なので…(でもここでは外観は見られる)
4月19日に入港と地元の新聞で報じられたのが4月20日。
4月22日夕刻には居なかった模様。乗組の方は忙しいです。

平成21年も同じ頃、1番艦の「そうりゅう」が来ましたが、
そうりゅうは10日くらい居ましたから、深い事情が無ければ良いのですが…

P4294763j

ちなみに平成21年4月29日撮影の「そうりゅう」です。まぁ、同型艦なので外観は変わりません。
(中身は1番艦からの反映があるので改良されているのだろうけれど、外見では分からんから)

P4215817j

おもしろいのが係留位置で、そうりゅう型は潜水艦救難艦「ちはや」のとなりが多いのです。
まぁ、一番端だと「すぐに出せる」というのもあるのですが…

P4215789j

さて、我が某地方都市(といっても即特定できてしまうが…)経由松山行きのフェリーボート「四万十川」です。
瀬戸内海汽船所有。
この航路は石崎汽船と共同運行しているのですが、私はなぜか「四万十川」をよく見るのです。
相性ですかな?沖に投錨しているは護衛艦「せとゆき」です。

ちなみにどうでも良いことですが、「せとゆき」竣工(就役)日、私の誕生日と同じです。「いて座」です。
(就役年はちがうけれど)

本当にどうでも良い事でございますな。

P4215835j

まぁ、港湾なので色々な船が居るのですが、造船所もありますので、結構大きな船も見慣れています。
戦前は「戦艦」造っていた所ですが、この事業所では護衛艦の整備しかしていません。
同型艦を造る場合、同一造船所で造るのが一番効率が良いというのもあります。
専用工作機やノウハウの蓄積など、なにかと都合が宜しいのです。
(亜米利加の「ニミッツ級航空母艦」は全艦同一船渠で建造)

しかし、今の廣嶋で新造艦(戦闘艦)を造ると色々あるのよ。事情が。たぶん。
(その辺りはお客様で調べて下さい。詳細を書くと私が「あ、誰か来た…」になるかもしれん。コワイコワイ)

ところで、入港中のフェリーボート、分かります?じつはちっちゃいの…
あれで海上約70㌔を行きます。まぁ、瀬戸内海は余り荒れないのでこれで十分です。(小さく見えるが全長60㍍・699㌧)

昔、北海道行きフェリーに乗ったけれど、あれを一度でも見たらね、何故か「負けた」感を持っちゃったんですな。
(ちなみに全長約200㍍・19,000㌧)

もっともあの航路、輸送能力が求められる上に日本海は荒海なので、
単純に大きさで比較するのは間違いなんだけどな。

何でもそうなのだが、必要とされる能力があればそれで十分なんだから。大きいと燃料それだけ使うしね。

2010年4月12日 (月)

御調八幡宮に行きました

Image009
桜の名所だと知っていても、廣嶋縣内はなかなか観に行かない私ですが・・・
やっと「御調八幡宮」に行って来ました。
写真が少ないのは撮ってはよろしくなさそうなものは極力撮影しない方針のため。

私、以前とあるお寺でビデオカメラ撮影中に原因不明のトラブルが発生。
(撮影出来ていたが、ファインダー表示が一定間隔で点滅)
機器故障と思ったが、お寺の門を出た途端、直ってしまいそれっきり現象は出ず・・・

世の中、理屈抜きで「やっちゃいけない事」ってあるんだよ。うむ。
(実は重文の木造「狛犬」を撮り忘れた言い訳でもある)

Image010 Image011
お花見に来られた方も多く、暖かい一日でした。
ちなみにこの河川「環境型砂防工」整備がなされております。
無機質なコンクリート張りだと景観がぶちこわしになるので、
少々(工費が)お高くなるのが難点ですが、良い事かと。

しかぁし、写真は貼らないけれども、この施設の完成記念碑、
「国会議員先生」(今も現役の方)の書なのは腹が立った。
そりゃあ「整備費用」の予算を「獲ってきた=俺エライ」と思っているのだろうが・・・

あのね、「国民の皆様の血税+役所担当者+施工業者」の努力の賜物を
自分の手柄のように見せるの、もう止めなよ。議員先生。みっともない・・・

2010年4月11日 (日)

江田島に行ってきた(4月4日だが)

やっと風邪もほぼ治った模様。
昨日まで「耳栓」しているような聞こえ方はするわ、
鼻カタルは続くはで、それはもう大変だったんですから。
まぁ、4月4日のツケが倍返しで戻ってきただけですが・・・

行きは呉港から小用までフェリーボートに乗った。
アドレスV125で陸路を行くのがしんどかったから。

珍しく、補給艦「おうみ」が来ていた。

Image000_2

Image001_2
さて、幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館 通称赤レンガ)です。
明治26年(1893)に建てられたそうで・・・
きちんと管理していれば、良い物は長持ちするな。
(元々の造り自体がしっかりしているのもある)

Image002_2

雪風(駆逐艦)の主錨です。
ある意味、旧帝国海軍の中で最強の艦でした。

敗戦後の賠償として、中華民国に引き渡されました。
長年中華民国(台湾)で活躍後、老朽化著しく解体。
返還運動があったため、(元乗組の方など)口惜しがった人が多い中、
「錨だけでも戻ってきたのだから良いではないか」は名言だと思う。

Image004_2

「同期の桜」(樹齢約100年)です。
ことしは4月1日ご入校の「幹部候補生」が校内で行動中のため、
監視員が多く、どうも自由に撮る雰囲気ではなかった。
これだけではどんな状態か分からないだろうから、
2008年4月6日撮影の写真も貼っておこう。

Image007_2

これが全体像。施設間にあるので、
一般人にはあまり近寄ってもらいたくないのが良く分かります。
(一応軍事施設内だからな・・・)

Image006

まぁ、赤煉瓦の中は立派な造りです。画になるなぁ。
今だと大金突っ込んで、鉄筋コンクリート造りで中身は大した物ではないが
外壁に大理石タイルを張ったりで「見栄えだけはする」官公署がたくさんあるが、
100年後も建ってるだろうかねぇ?そもそも設計寿命の前に「ぶっこわす」のが今の日本。
欧州に比べて歴史的建造物が残っていないのも当然だろう。

Image005
ここ(第一術科学校)は海上自衛隊の「教育施設」ですので、行ってはいけない場所など、
制約が多いのはやむを得ないのですが、今年は戦艦陸奥の主砲の近くには行けませんでした。
昭和10年(1935)据え付けです。陸奥改装時に取り替えた物を教育用に設置。
(それでも行った人が写っちゃってますが・・・しっかり警備担当に注意されていました)

まぁ、今年はこんなところでした。

2010年4月10日 (土)

ACK75J(MCK75J同等品)の話(ファイヤー考察篇)

※私は「ダイキン」のユーザであって、関係者ではありません。
 ですから、擁護のつもりは毛頭ありません。
 火事(といっても「発煙した」)は「オオゴト」ですから看過出来ない事は承知しています。

さて、この機械、結局は工場にある「集じん機」+「フィルタ」なんですわ。
集じん電極版の間に「イオン化線(ピアノ線みたいな物)」があって、
集じん電極に結構チリが付着するの。使用3ヶ月程でもびっくりするくらい。

P1010059 4月2日に綺麗に磨き上げて、今日が4月10日だから
わずか8日でこの有様。

うちが特別に「きちゃない」訳ではないぞ。
ここは強調しておかんとな。





要は「まめでなくても良いから、たまには掃除して下さい」と説明書に書いてある。
そう。ホコリが相当量集じん電極に付着→ホコリがフィルタ(ろ紙みたいな物)に接触若しくは近接した状態
→イオン化線からの放電がホコリを焦がす→フィルタに延焼→ファイヤー
と思われる。

今回の「対策部品」は「集じん電極」が直接フィルタや「イオン化線」に触れないよう、
一定間隔ごとに防護する枠が追加されている。

まぁ、「家電」なので、かなりの意地悪テスト(長期間掃除しなかったりとか)は
やっていると思うが、想像を超える利用形態はままあるので開発者は勉強になったろう。
授業料は高かっただろうが・・・

というわけで、現在製造されている商品は、この問題(発火)は生じないであろう。

というわけで電話した

本日1310時發

大阪金属工業株式会社(現:ダイキン)リコール相談専用番号ニ
参度發信ヲ試ミ、通話成功ニ至レリ。

電話ハ大変混雑セラルモ伍日程度デ「交換手順書及ビ部品」ヲ送付セシメルトノ事。
コノ件デ相談セラレタキ者ハ数日待ツテ相談サレルガ適善ト思ハル。

以上

やっちまったなぁ。ダイキン・・・

病マークが未だとれない私ですが・・・

先日取り上げたからと言うわけでもないのでしょうが、
ダイキンの空気清浄機、リコールとなりました。

元記事やダイキンの該当ページへのリンクは張りません。混んでるから。
昨夕日本放送協会などで周知の後から、ダイキンさんの
「リコール受付サイト」は混雑中です。というか深夜まではサーバ落ちてたし。

リコール自体はやむを得ない。リコール隠しされるよりよっぽどマシだし、
企業としては「色々と大損失」を承知でやるから。

だだ、企業様が考えているよりネット社会になっているのは体感しているだろう。
でも、どの企業も学習が足りない。この手の受付をネットでも行うと、
どの企業も毎度サーバがパンクするからな。

こういうときは「リコール受付ダイヤル」の方が勝負が早かったりするのだが、
皆さん、ネットのやり過ぎで人間とお話しするの、なんだか面倒になっていませんか?

ハッときた方、たまには近所をのんびりと歩いてきた方がよろしいぞ。

2010年4月 4日 (日)

やっぱ無茶しちゃいけんね

本日4月4日(日)は 海上自衛隊 第1術科学校の一般公開日でした。

同期の桜(樹齢約百年)も丁度見頃であり、普段は自由見学できないのです。
(通常はガイド案内による巡回のみ)

一般公開日は「見頃」を想定して設定されるため、今日は「運」があった。
(ちょうど満開手前の「見頃」でした)

風邪も峠を越えたとはいえ、まだ体温37度前後。
それよりも私、平均以上に「扁桃」が大きいそうで、すぐに炎症となり、高確率で「のども痛くなる」。悲惨。

自重が吉と重々承知の上、滅多に行けない場所でもあり無理して行った。

今年は4月1日ご入校御目出度う記念?と言うわけではないそうだが、
幹部候補生の方々が「教育参考館」(主に旧海軍の歴史にまつわる展示がある)の
見学がありl、「行ってはいけない」区域が多ゆう御座いました・・・
(監視員も沢山配置しているため、指示に従わないと最悪の場合、於特別室に「長居」させてもらえる)

結果、現在「もっと悲惨」です・・・従って写真は後日掲載しますです。

今日は病院やっていないから、かなり「たいぎい」 _ノフ○ 自業自得。

休日外来はこの地域だと「総合病院」→「初診料増量キャンペーン」があるから余程で無い限り行かない。
(紹介状なしで直接「総合病院で初診」扱い→初診料に5千円加算される。支払いは3割だが・・・)

まぁ、まめでない(今日の場合は「元気でない」の意味)けぇ、こんなの書きようるくらいなら、寝ちょがんとイケンのじゃが、体が温まったら咳き込んで余計しんどい・・・

典型的なお馬鹿さんですな。じゃ、たいぎいけぇこの辺で今日はこらえちゃるわぁ。coldsweats02

※ちなみに、廣嶋語(西部のみか?)の「まめ」は色々使えて便利です。
※「たいぎい(廣嶋語)」≒「しんどい」≒「だるい」又は「疲れた」だが、微妙にニュアンスが異なる。

2010年4月 3日 (土)

じゃけぇゆうたじゃろうがぁ、止めとけちゅうて・・・

色々ございまして(ブログの)引っ越しをしたのはよいが・・・

しかしまぁ、気持ち良いくらい誰も来んのぅ。
儂が廣嶋縣民じゃけぇかのう?

じゃけど、毎日書いとったら皆から「まめじゃ」言われるけぇ、ええ加減にせんにゃ。

まぁ、ぼちぼちやるわ・・・

2010年4月 2日 (金)

ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「修理篇」

ご注意! 電源プラグは必ず外しておいて下さい。
自己修理ですので、全て「自己責任」となります。
似たような現象の場合でも、この手法で直るかは不担保です。


一応お約束ごとは書いておきます。AC100Vでも「感電死」した事例がありますので。

さて、加湿機能が働くと異音が出るとなると、どの部品が「アヤシイ」のか見つけないとなりませぬ。

P1010038j_2 水トレイを引き出して、フィルタユニットの裏側から撮影。
結構大きい円形枠です。外周が歯車となっており、加湿
ユニット回転モータの歯車と噛み合って廻る仕組みです。

















さて、問題はこの加湿器、前面の「ふた」を外さないと「水タンク」および「加湿トレイ」が外せません。
取り外すと加湿器は動きませんので、部品がついていれば「入」になるスイッチがあるはず。

Ack75j_sw1jAck75j_sw2j と言うわけで、前面ふたは取り付けると「入」になるスイッチがあります。
(写真左)

水トレイのスイッチは本体を分解しないと目視できません。(写真右)





本体取り外し方法については「ダイキン」さんのHPに資料があります。
ダイキンさんの「お客様サポート」「法人様専用メニュー」の「技術資料検索」ページで機種名などから検索して下さい。

分解についての詳細説明はあえて書きません。
かなり詳細な「分解手順」説明PDFがありますので、そちらを参照願います。

ただ一言、部品は手順書どおり「外すねじ」を外していれば、あまり力を加えなくても取り外せます。
無理に外そうとすると部品を破損することになりますので、「無理!」と思ったら作業途中でも諦めましょう。

(やるなと書いたけれど)電源コードを接続し、前面スイッチと水トレイ検知スイッチを「入」状態にします。

そうすると、水トレイを外しているのに「異音」がするので、加湿フィルタを廻す部分が「アタリ」と推測できます。

さて、部品ですが「取り外し手順書」に名称が書かれていますが、部品番号が分からないと取り寄せできません。
ここは素直に「ダイキンコンタクトセンター」に相談しましょう。
「空気清浄機 ACK75Jの部品が欲しいんですが?」と言って、どの辺りの部品なのかを伝えます。
今回は「加湿モータ」と念のため「加湿ユニットギア」が欲しいので、その旨を伝えて部品番号と価格を教えて貰いました。

「代金引換+送料として、5千円までだと4百円頂きます」え!代引き送料が4百円とな!
PCのパーツショップ、かなり発送料ぼってやがるぜ(普通送料約千円+代引きはさらに別料金です)

部品代はモータ・ギアともに480円でした。
総額は部品代960円+税48円=1,008円+送料です。

P1010033j


早速部品を入手しました。











P1010053j P1010056j
本体を分解し、加湿モータを交換します。AC100Vで動くモータなので、極性は関係ないと思いますが、念のためマーキング(シール)を貼って誤配線しないようにします。

何故シールか?事が終われば剥がして「分解した」痕跡を残さないため。一般人が手を入れたかどうかは、修理担当者が見ると「結構わかります」だそうです。

ネジを無理に締めてねじ山がビミョーに歪んだり、ちょっとした「傷」が入ったりしているなどで分かるとか。






途中で「私には無理!」となって、元通り復元した(つもり)で修理に出しても、
「お客様・・・分解しちゃいましたかねぇ?」と言われて保証は無効となります。

今回は「保証期間終了」+「ネット通販でお安く買った」ので、近くの電気店に相談しづらくて・・・
それから、自分で直せそうな部分だったから直しました。

これが「送風ファン」部分だったら修理に出しています。大きい回転部品ですし、回転速度も速いことから確実に取り付けられていないと「大変危険」です。
そのためには「規定トルク」で「ボルト締め付け」しなくてはならない。
トルクレンチはさすがに持っていない(道具がお高いのです)から。

と、言うわけで部品交換を終え、再組み立ての結果、1,008円+αで「直りました!」catface

                                                                                                    P1010052j 最後にこの写真を掲示しておきます。
よく見て下さい。この機械を分解するために外した「ねじ」

3本以外「全部同じ長さ+径」
コレ、すごく重要。

つまり、工場で組み立てる時にネジの大きさが揃っているから組み付け不良が起こりにくい。
(人間が組み立てやすく、部品共通化でコストも下がる)

それから、修理の際「分解しても何処のネジなのか悩まずに済む」

そうです。設計段階で「修理する人が困らないように」なっているのです。
地味ですが、こういう所が業務用での実績なのですね。やるなぁ。ダイキン。

ダイキン空気清浄機 ACK75Jの修理「予告篇」

ダイキン 光クリエール 加湿機能付き ACK75J(MCK75J同等品)を利用して
早くも1年4ヶ月が過ぎた。

ここ1ヶ月ほど「加湿機構」が動作すると「コロコロ~コロコロ~ヽ」と音を出し始め、
機械さんが「ただいま加湿フィルタを動かしています」と自己主張するようになった。
いゃぁ、普通に黙って働いてくれて結構・・・と言うか夜中は音が気になって寝られん・・・

そもそも、スギ花粉症歴が長く、空気清浄機導入以前はマスクをして寝ても知らぬ間に外しているから、結局「朝起きた直後が最悪」な状態が毎年続いていた。
そしてついに昨年「空気清浄機」を導入→「効果絶大」により、この時期は24時間動いてもらっている。

折角購入するのなら加湿機能が欲しい。シャープ・パナ・ダイキンを候補として検討した。

シャープは背面吸気のため、「壁にぴったりつけられず」配置に制約があり泣く泣く断念。
パナはフル動作時の音がヒジョーに大きく速攻で候補より脱落。
ダイキンは業務用の実績大なれど、デザインは普通。水タンクもいちいち前面パネルを外さなければならない。

3社とも「惜しい」点があり、結局、配置+業務用の実績+「安い」を評価して「ダイキン」にした。
シャープの「プラズマクラスターイオン技術」(特許)に後ろ髪引かれつつも「背面吸気」はかなりポイントを下げた。
空気清浄機、結構大きい家電なので部屋のど真ん中には置きたくないのだ。

ただでさえ「抜け作」なので絶対ぶつかって怪我するのが予想される私なのだ。

すみません。書いていて思ったのですが、前置きがとてつもなく長くなったので「予告篇」と「修理篇」に分けます<(_ _)>

2010年4月 1日 (木)

祝 開局

と、行きたかったのですが平成22年3月31日(水)夕刻より「風邪」となりまして、
何にも準備ができませんでした・・・
そこで予定を変更しまして、現状報告を謹んでお送りします。

急に熱が出て38度を超えたため、39度到達でインフルエンザ確定かと思いましたが、
現在37度2分まで下がってしまいました。
(インフルエンザでなくて良かった筈なのに嬉しくなさそうだな・・・)

空気清浄機(花粉対策用)やマスク着用までやったのは何だったんだろう?
まぁ、3月30日は27時までPC改修やってるからこうなるんだな。
分かっているけど止められない悲しさ。
PCいじりも程々にしておかないとナ・・・

今日はおとなしく布団の中で本でも読みますわ、
ではなくてやっぱり寝ます。┐(´-`)┌

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »