2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 西条酒祭りに行きたいのだが… | トップページ | 2010年10月9日の現象について »

2010年10月10日 (日)

ナシヨナル NI-CL7(コードレスアイロン)送別検証

ナシヨナルブランドが消滅した今日、残しておきたかったのだが壊れちまった物は仕方がない。

念のため、修理可能かパナソニック修理ご相談窓口に問い合わせの電話をしたんですわ。
この某地方都市にも修理受付所があるのだが、電話は0120に統合されていた。

(※”フリーダイヤル”はNTTコミュニケーションズが提供するサービス名です)
(参考:NTT東西は0120を”フリーアクセス”と呼称。同じNTTグループ内なのに馬鹿丸出し…)

驚愕したのは即繋がった事。たまたまだったのかは不明だが、今日のコールセンタで即繋がるのは希だ。

質問は次の通り
・古いモデルなので修理可能かどうか(補修部品が無ければ直せない場合があるので)
・修理可能な場合、最低いくらかかるのか(ソニーみたいに拝見料だけで1万円なんて事もあるので)

5分程で折り返し連絡あり。その結果
・ヒーターユニット(こて部分)は保有部品なし。
・そのほかの部分の故障だと、約8千円から。

気持ち良い速い対応+明快な回答。修理に出す気は速攻で失せた。



どーせ修理に出さないならば、故障箇所を探って部品を交換するべ…と考え、
テスターで導通試験を行った所、バイメタルサーモスタット故障の模様。
サーモスタット未作動時(平常時)は回路が閉じられているため、
メーカスペック抵抗値は「50mΩ以下」になるはずなのだけれども、
現在の抵抗値が∞Ωなので、故障原因はバイメタルサーモスタットの模様。

(参考映像:赤色は電気の流れを示す。黄色×印が故障該当箇所)

Test


なお、他の部品(ヒータ部自体やリレー・スイッチなど)は正常であった。

尤も、アイロンの故障原因で一番多いのが”ヒータユニット故障”の様だす。
アイロンを長時間電源入れっぱなしで放置すると、バイメタルサーモスタットが壊れやすくなるとか。

しかし、バイメタルサーモスタット供給元(ワコー電子)の諸元表では結構な耐久性能を明示してあった。
しかも、当機種は一定時間以上放置すると電源OFFに移行するようになっている。

この部品さえ手に入ればと、ネットでさんざん検索したが徒労に終わった…
なお、この部品はかなりの高温になる事から端子は溶接されているので一般人には直せません。
(高温すぎてハンダ付けだと、ハンダ自体が溶けるのでNG)

パナソニックに修理に出しても”ヒーターユニット一式交換”となる筈ですから、
ヒーターユニット在庫なしという時点で詰み。

ざんねんざんねんさようなら。

(平成22年10月12日(火) 加筆修正)

« 西条酒祭りに行きたいのだが… | トップページ | 2010年10月9日の現象について »

いじり系のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西条酒祭りに行きたいのだが… | トップページ | 2010年10月9日の現象について »