2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

美味しい物は体に毒は良くあること

Pc299237j

たま~にしか食べない(健康上毎日は食べたくない)
わたくしが好きな菓子パン。

フジパン チョコクーヘン

この素晴らしき諸元表を見よ!

Pc299239j

ちなみにビッグマック(R)マクドの公称値熱量は556kcal…
(赤身肉等は案外カロリーが低いのだ!)

美味しい物を食べる時は、体のことを考えたら負けだ。

2010年12月26日 (日)

アオサギ

Pc250427j

現在、竹原近辺にいらっしゃると思われる「蒼鷺」さんです。
何を考えているのかさっぱり解りませんが、写真機を向けても微動だにしませんでしたな。

どうも、竹原駅改札口(駅構内)に存する池の魚を頂戴する機会を伺っていた様子。

この後すぐ、駅員さんに「ま~た池の魚食べに来とる」と言われ、
追い払われてしまいました。

どうせ、しばらくしたら戻ってくるのだろうけれども。

2010年12月20日 (月)

14.8夜のお月様でまた来年

Pc209199j

悔しいので、今晩の月を撮影しました。
現在のお空は、虚しくなるくらい綺麗に晴れています。

お天気占いによりますと、12月21日17時頃の広島県地方は「雨」の模様。
良くても曇りだろうから「月食」は見られない可能性大。
(というかほぼ絶望的)

尤も、月の出(広島では16時59分)時点で「皆既状態」なので、
条件もあまり宜しくない。

平成23年12月10日にも「皆既月食」がありまして、
皆既はじまりが23時頃。皆既終わりが24時頃なので条件がよい。
あとは「赤い月」が見られると良いですね!(半分やけっぱち)

※明日も解らないのに、来年の事なんぞ…
「鬼が笑う」がよく解るようになった今日この頃。

千福 にごり酒(広島県呉市・三宅本店)

Pc199183j

久しぶりにお酒を呑みました。ご提供者さん、ありがとう。

「千福」(三宅本店)は某地方都市で一番大きな酒蔵なので、
体力があるから幅広い香味の酒を造っている。
基本的には「淡麗辛口系」ではあるが、味は如何様にも出来るのである。
(とは言え「千福らしさ」はある)

千福といえば個人的には、香味と旨みが程良い「蔵」をオススメしたいが、
実はフラグッシップ「王者」は飲んだ事がないから「王者」は評価できなーい。残念。
やっぱり 4合(720ml) 5,250圓となると、其所までの度胸は無い。

さて、この「にごり酒」日本酒度マイナス15、アルコール度16度。
とはいえ、日本酒度はあまり当てにならない。
(一般的にはマイナスだと甘口とされる)

「にごり酒」も色々あって、三輪酒造さんの「どろっと系」から
この商品のように「ほんのりトロッと」まで色々だ。
味も「とても飲みやすい(甘い)」から「搾る前の日本酒?(辛い)」まであるから。

もちろん「純米にごり白川郷」(三輪酒造)は呑んで書いてる。おすすめ品。
誠鏡(広島県竹原市)頒布会用にごり酒も呑んだ。あれは辛かったな。
さすがに超強力アイテム「活性濁り酒」は未だに手を出してはいないけれども。
(下手すると中身の半分は吹き出してしまう要注意品)

冷や(正式には常温を「ひや」と云う)~冷蔵庫でやや冷やしての範囲では、
さらっとしており、口当たりは柔らかい。ほんのり甘く、飲んだ後の余韻が良い。
(味のある日本酒を飲んだ後の余韻に近い)

千福の商品紹介で「ぬる燗」も良い!と書いてあったのでやってみた。
結論は「およしなさい」…
ちょっと燗にするには「品」が良すぎるのか、やや余韻が物足りなくなる。
(良く言えば「スッと入りすぎる」。※意見には個人差があります

この時期だと、千福「にごり酒」の香味を愉しむには「ひや(常温)」で良いと思う。

尚、このお酒は醸造アルコール・糖類添加だが、べたべたに甘くはないから問題ない。
わたくしは添加して結果良しなら不問。純米信者ではない。(が…純米酒が好みではある)
しかし「酸味料」まで添加されている「にごり酒」は看過出来ぬ。合成清酒じゃあるまいし…



日本酒は、ある程度「旨み」が無いと「燗」して呑む気にはなれない。なーんでか?
失礼ながら「ひや」ではとてもではないが「酷い酒」も燗すると誤魔化せる「場合」がある。
滅多に「日本酒」を飲まない人ほど危ない。

特に飲食店向け1合瓶の中には「糖類をべらぼうに添加」している物がある。
こいつを「燗」して出された日には、やたら口当たり良く感じ、
うっかりすると「呑みすぎる」のである。(しかも悪酔いする)

缶コーヒーが「豆1.5倍」(実は糖分も…)と似たような物と思って貰えば分かり易いかと。

まっとうな日本酒ならば「ややアルコールが舌を刺す感触」+「適度な酸味」
が味わえなければおかしいのだ。

そのあたりは「竹鶴」までとは云わないが、味のしっかりしている日本酒のほうが
冷やして~上燗までと守備範囲が広い。(それだけ懐が深い)

「蔵」は「香味と酸味」のバランスが良いので、わたくし基準に「合った」日本酒である。
「スペシャル千福」(何がスペシャルなのかイマイチ良く分かんないけれど…)は
日本酒度プラス4.5、アルコール度16.5度だが「甘い…」。

確かに淡麗辛口なんだが、余韻が「日本酒」と言うよりも「氷砂糖」を舐めたような感じ。
わたくし基準では「ちょっと…」
ご免なさい。殆どの人からは「ケチがつかない」お酒なんですよ。

わたくしは「竹鶴」を飲んじゃった後だから仕方ないの。
しかも「気に入ってしまった」というか「こんなの有り?」いろんな意味で反則的な個性。
あれは「駄目な人はダメ」な日本酒だからナ。

竹原に行ったら情けないながら辛抱出来ず、
気がついたら蔵に行っているので、その時に感想を書く予定。

小笹屋竹鶴 宿根雄町については記述済みだが、
香味の傾向は大きくは変わらないものの、
「竹鶴」は真っ直ぐな造り方をされとりんさるから、
毎年香味が変動するので参考程度に。

2010年12月16日 (木)

その後臀部の痛みはどうなったのか

現在、かなり軽快になりました。
長時間座っていると(数時間)少し鈍い感じはありますが、
消炎鎮痛剤を使う事も滅多にありません。

ぼちぼち散歩→山登ったり、町歩いたり(1日辺り8千歩くらい)に進展も、
やり過ぎは良くないので、週4日歩いたら3日休む程度。

筋肉は「毎日負荷をかけ続ける」のも良くないようで、
「筋肉痛またはやや張りを感じる」→「休む(違和感解消まで)」→「運動」で
効率よく筋力が上がって行くとか。



ところで、別件なのだが今回の回復に関連があるかも知れないお話。
メコバラミン」を10月中旬から服用開始→神経痛が軽快になった…

10月初旬から耳鳴りを生じ、常時「キーン」と云う甲高い音に悩まされ、
耳鼻咽喉科に相談するも「器質的には問題なし」とのこと。
原因不明の耳鳴りは現代医学では治療手段が無いので、
一般的に「メコバラミン(活性型ビタミンB12)」+「アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物」
を用い、脳内の神経系を活性化させて現象が治まるのか「様子を見る」しかない。

わたくしの場合、服用開始約60日で耳鳴りおよび座骨神経痛?共にかなり軽快になりました。

元々臀部の痛みもMRIまでやって「所見無し」であり、消炎鎮痛剤で様子見も
「痛い物は痛い」。風呂場で落とした石けんをしゃがんで「取りたくない」と思うほど
酷く痛んだ物なのですが…



「メコバラミン」については、整形外科の世界でも「有効・無効」両方意見があるので、
処方しない医師が居ても全く不思議ではない。
処方しても「メチコバール(R)錠」(エーザイ)は「とっても高い」のです。
[平成22年4月1日現在、メチコバール錠500μgは1錠21.10円]

※なお、メコバラミンは「先発品」自体ありません。

元々活性型ビタミンB12「メコバラミン」はコバルト精製時の副産物から造られるので、
安価であるはずなのですが…
現に「メコバラミン500(トーワ)」(東和薬品)などはびっくりするほど安い。(1錠5.60円)

原因不明の神経痛やしびれの場合、ほかに「ビタミンE」も末梢血管を拡げ、血流を改善します。
医師に相談して「出して貰える」ならば試して損はないかと思います。

※これはわたくし自身の現状を記載した物で、神経痛の原因がハッキリしている場合など、
人ごとに症状と原因があるので、先ず医師の診察を受ける事をおすすめします。




市販薬でもメコバラミン含有薬はありますが、とっても高い「エーザイ」のものが
比較的入手性が良いと思います。(ナボリン(R)EB錠等)
第3類医薬品なので、通販サイトでも購入可能です(下手なドラッグストアより安かったりする)

そのほか、消炎鎮痛テープで「ボルタレン(R)ACテープL」(ノバルティスファーマ)
は「とっても高い」とか、そもそも売っていない場合があります。
(第1類医薬品なので薬剤師の居ない「薬店」では置けない)

第2類医薬品でオススメのテープ剤は「ナボリン(R)フェルビナク70」(エーザイ)です。

特徴
・汗をかいても剥がれにくい(粘着力が強い)
サロンパスの会社の物より枚数あたりの単価が安い
・清涼成分(メンソールなど)が少ないのか、あまり「貼った感」は持続しない。
・なんだか輪ゴムのようなにおいがする(粘着剤起因と思われる)

「エーザイは薬価が高い」のですが、たま~にお得な物があったりする。
薬自体(品質)は確かな会社なので、それだけ分「お代は頂きます」です。
ある意味正しいが、稼ぎ頭の一つ「パリエット(R)」もジェネリックが出るからね。
(パリエットは現在最強かつ安全性が高い胃の処方箋薬の一つです)

多少お勉強はしてくれてもなぁ…

2010年12月15日 (水)

たびにでたか~

あーべんとろーとは旅に出ました。

しかしまぁ、みなちゃん。ブログパーツ設定はそのままにしておいたので、
サービス終了期日(12月15日(水))には空欄にでもなるのかと
思って放置していたのだけれども、引照先が閉塞されているから
ブログパーツ自体「無かった事」になるとはね。

近いうちに「左のひと」が戻ってくる予定。

2010年12月11日 (土)

平成22年12月上旬の動向

たま~に近所を撮影したくなったら夕暮れ時とか…

Pc100291

他意は無いけれども、大規模工場を抱える地区には
それなりに給電設備があるものでして、
冬の枯れた山を撮る際、どうやっても給電設備が映り込んでしまいまする。
(一応、高圧電線下に於ける人体への影響について有意な差は無い…とされています)

Pc100299

ナンテンも夕日に照らされて余計に色味が強くなっています。
ふつーな色味で撮りたいのならば、
ふつーに日の高いうちに撮れば良いものをねぇ。

Pc100306

この夕日に照らされた壁面の色味が宜しいのだけれども、
良い色加減はほんの一瞬。
ディスプレイ毎に色味が違うため、色の再現が担保できないのが無念。
こうやって日々が過ぎて行きます。

ふつーに日々を過ごしているはずなのに、何かが足りないと感じるのは
己が欲を持ちすぎているからでしょうそうでしょう。きっと。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »