2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« その後臀部の痛みはどうなったのか | トップページ | 14.8夜のお月様でまた来年 »

2010年12月20日 (月)

千福 にごり酒(広島県呉市・三宅本店)

Pc199183j

久しぶりにお酒を呑みました。ご提供者さん、ありがとう。

「千福」(三宅本店)は某地方都市で一番大きな酒蔵なので、
体力があるから幅広い香味の酒を造っている。
基本的には「淡麗辛口系」ではあるが、味は如何様にも出来るのである。
(とは言え「千福らしさ」はある)

千福といえば個人的には、香味と旨みが程良い「蔵」をオススメしたいが、
実はフラグッシップ「王者」は飲んだ事がないから「王者」は評価できなーい。残念。
やっぱり 4合(720ml) 5,250圓となると、其所までの度胸は無い。

さて、この「にごり酒」日本酒度マイナス15、アルコール度16度。
とはいえ、日本酒度はあまり当てにならない。
(一般的にはマイナスだと甘口とされる)

「にごり酒」も色々あって、三輪酒造さんの「どろっと系」から
この商品のように「ほんのりトロッと」まで色々だ。
味も「とても飲みやすい(甘い)」から「搾る前の日本酒?(辛い)」まであるから。

もちろん「純米にごり白川郷」(三輪酒造)は呑んで書いてる。おすすめ品。
誠鏡(広島県竹原市)頒布会用にごり酒も呑んだ。あれは辛かったな。
さすがに超強力アイテム「活性濁り酒」は未だに手を出してはいないけれども。
(下手すると中身の半分は吹き出してしまう要注意品)

冷や(正式には常温を「ひや」と云う)~冷蔵庫でやや冷やしての範囲では、
さらっとしており、口当たりは柔らかい。ほんのり甘く、飲んだ後の余韻が良い。
(味のある日本酒を飲んだ後の余韻に近い)

千福の商品紹介で「ぬる燗」も良い!と書いてあったのでやってみた。
結論は「およしなさい」…
ちょっと燗にするには「品」が良すぎるのか、やや余韻が物足りなくなる。
(良く言えば「スッと入りすぎる」。※意見には個人差があります

この時期だと、千福「にごり酒」の香味を愉しむには「ひや(常温)」で良いと思う。

尚、このお酒は醸造アルコール・糖類添加だが、べたべたに甘くはないから問題ない。
わたくしは添加して結果良しなら不問。純米信者ではない。(が…純米酒が好みではある)
しかし「酸味料」まで添加されている「にごり酒」は看過出来ぬ。合成清酒じゃあるまいし…



日本酒は、ある程度「旨み」が無いと「燗」して呑む気にはなれない。なーんでか?
失礼ながら「ひや」ではとてもではないが「酷い酒」も燗すると誤魔化せる「場合」がある。
滅多に「日本酒」を飲まない人ほど危ない。

特に飲食店向け1合瓶の中には「糖類をべらぼうに添加」している物がある。
こいつを「燗」して出された日には、やたら口当たり良く感じ、
うっかりすると「呑みすぎる」のである。(しかも悪酔いする)

缶コーヒーが「豆1.5倍」(実は糖分も…)と似たような物と思って貰えば分かり易いかと。

まっとうな日本酒ならば「ややアルコールが舌を刺す感触」+「適度な酸味」
が味わえなければおかしいのだ。

そのあたりは「竹鶴」までとは云わないが、味のしっかりしている日本酒のほうが
冷やして~上燗までと守備範囲が広い。(それだけ懐が深い)

「蔵」は「香味と酸味」のバランスが良いので、わたくし基準に「合った」日本酒である。
「スペシャル千福」(何がスペシャルなのかイマイチ良く分かんないけれど…)は
日本酒度プラス4.5、アルコール度16.5度だが「甘い…」。

確かに淡麗辛口なんだが、余韻が「日本酒」と言うよりも「氷砂糖」を舐めたような感じ。
わたくし基準では「ちょっと…」
ご免なさい。殆どの人からは「ケチがつかない」お酒なんですよ。

わたくしは「竹鶴」を飲んじゃった後だから仕方ないの。
しかも「気に入ってしまった」というか「こんなの有り?」いろんな意味で反則的な個性。
あれは「駄目な人はダメ」な日本酒だからナ。

竹原に行ったら情けないながら辛抱出来ず、
気がついたら蔵に行っているので、その時に感想を書く予定。

小笹屋竹鶴 宿根雄町については記述済みだが、
香味の傾向は大きくは変わらないものの、
「竹鶴」は真っ直ぐな造り方をされとりんさるから、
毎年香味が変動するので参考程度に。

« その後臀部の痛みはどうなったのか | トップページ | 14.8夜のお月様でまた来年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その後臀部の痛みはどうなったのか | トップページ | 14.8夜のお月様でまた来年 »