2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)

各所で案内されているようなので、遅ればせながらなのですが…

ロキソニン錠がついに市販開始となりました。
(商品名:ロキソニンS

P9123362j

一日最大3錠まで。服用間隔は4時間以上と「ロキソニン錠」と同じ。
希望小売価格12錠(4日分)で680円

驚きの安さ。まぁ、元々先発品にしては安価なお薬ではあったのだけれども。
(参考:医療用ロキソニン錠は平成22年4月現在、1錠20.3円)

OTC医薬品にしては、第一三共ヘルスケアさん、戦略的価格を付けてきましたよ。
いやぁ、それに比べてノバルティス・ファーマって…(過去ログ参照の事)
(しかもボルタレン錠は胃腸障害が起こりやすいからか、外用薬しか市販できていない)

人ごとに体質が異なる為、無効の方もいらっしゃるでしょうが、
それくらい「強力に効く」お薬です。

しかしロキソニンSは第1類医薬品なので「薬剤師」からの説明が必ずありますし、
ドラッグストアによっては「大人の事情」で第(2)類医薬品までしか
置いていない(売っていない)所もあるのでご注意。

注意:
あくまでも「鎮痛剤」なので、一時的に痛みを緩和できても原因は「直せません」


これ(ロキソニン)を4日(1箱)飲んでも痛みが改善しない場合、
素直に病院に行くことをオススメします。

2011年1月30日 (日)

きょうはさむかった

とはいえ、約2℃まで気温が上がったので

P1300849j

「大丈夫だ。問題ない」…確かに。

しかしまぁ、こんなの掲示するからネットでネタにされるんだよ…
わざわざこしらえて、大判インクジェットプリンタで印刷していた。

P1300847j

折角JRグループで作った「まっとうなポスター」があるのにもかかわらず…
流石、風水(西に黄色を置くとお金が入る)を実践する会社はやることが違う。

P1300838j_2

寒いので「ドバト」さんもふっくらさせて防寒体制ではありますが、
ちと目つき悪くないか?諸君…

2011年1月14日 (金)

小笹屋竹鶴 番外編(竹鶴酒造:広島県竹原市)

Pc299231j
Pc299242j

平成18酒造年度醸造(酒造年度は7月から翌年6月。住民税と同じで「遅れている」)

約3年、竹鶴酒造の蔵で熟成されたものを、竹鶴酒造で購入。
醸造元で購入できるのがありがたい。安心感が段違いなのである。
小売りされるまで、「蔵」という安定した環境下で熟成されているから。
(出荷してしまうと、その後の取り扱いおよび保管環境は「流通・販売業者」に委ねるしかない)

さて、水色は「淡い竹色」。山吹色よりもやや緑色がかっている。
アルコール分19~20度ではあるが、程良く熟成されているので、
「舌を刺さない」まろやかさ。酸味はあるものの「生酛」シリーズ程ではない。
とても飲みやすい(というか、3人で飲んだから即カラになった…

精米歩合は70%なので、「純米酒」となるが原料米により米粒の大きさ及び
芯白部分の大きさも異なるため、精米歩合だけで「それなり(の酒)だろう」とは言えない。

ただし、酒米を50%以下に削る場合はとても気を遣い、時間をかけて行われる。
摩擦熱で米の水分が失われすぎた結果、米が割れてしまうと元も子もないのである。

竹鶴酒造の杜氏の考えにより
「しっかり発酵させて、糖分をしっかりアルコールに転化させる」ため、甘さは殆ど残らない。

酸味もやや強の部類だが、これは酒米の品種により違いが出る。
同じ品種でも栽培地域により、お酒にしても味の違いがある。



元々、食米もだが地域ごとに向き不向きがあって当然なのである。
コシヒカリも魚沼産が特A地区(食味・品質ともに優秀)であるが、
中国地方では島根県の「棚田米」として売られているコシヒカリしか「特A」の等級を得ていない。

正直、「ヒノヒカリ」が広島では向いているし、食味も良いのだが
名前で指名買いする傾向(日本人のブランド志向の悪い部分)により
無念な状態である。

※ただし、水稲は日中は適度に温度が上昇し、夜は空気が冷たい(一日のうちで寒暖差が大きい)
所だと品質が良くなる傾向があるので、魚沼によく似た気候風土になる地域は
広島県内にも点在している。



しっかり造った日本酒は、ちょっとやそっとでは駄目にならないのであるが、
「冷蔵庫で保管して下さい」とか、「新聞紙でしっかりくるんで冷蔵庫で半年ほど置くと…」
なんて「軟弱な」日本酒が増えているのも事実。

この手の日本酒(特に「清酒鑑評会金賞酒」の類)は正直、糖分のアルコール転化が十分でなく、
日本酒度プラス5・アルコール分17~18度とラベルに書かれていても「甘かったりする」
それでも堂々と「超辛口」なんて書いてある物まで存在するから呆れてしまう。

朝日麦酒の「スーバードライ」(正直美味しくない)じゃあるまいし…
日本酒が麦酒のマネをする必要なんてないし、そもそも別物ですから。

番外編の所以は直接蔵で聴くべし。勉強になるよ。
酒は頭で飲むものじゃないが、日本酒がどうしてこうなった?を辿る向きには
有用であろう。

あと、番外編はちょっと安い。
これだけまろやかに仕上がった熟成酒がお手頃価格なのだから、
竹鶴酒造は面白い。

ちなみに、竹鶴酒造のお酒は「価格が高くなればなるほどアブナイ」

嵌る人にはたまらないが、ここの「純米大吟醸」(4合 5250円)は
人によっては「怒り出す」可能性は否定できない。というかあり得る。

先ずは「秘傳」(4合千円ちょっと)もしくは「生酛純米」(4合約三千円弱)で
「ご自分との相性」を確かめるのが吉。

他には
・「清酒 竹鶴」シリーズ(水でアルコール分15度に調整している)
・「小笹屋竹鶴 大和(だいわ)雄町」または「宿根(すくね)雄町」(約千五百円)
・「大和雄町・宿根雄町の”生原酒”」価格は上記のものと同じ。
(火入れしていないもの。限定品(4月~7月のうち、杜氏が販売に耐えると判断した頃から販売)
以上のものが価格的にも安心して試せる。

一番良いのは、ほぼ全種類試飲させて貰える「太っ腹」な所なので、
公共交通機関で訪問すると「賭け」をやらずに済むよ。

普通、純米大吟醸(4合 5250円)なんて、おちょこ1杯とはいえ試飲なんてやってないから。
(訪問者(分母)が多いと、酒蔵としてはたまったものでは無いはずなのに凄い)

これは「酒造りは杜氏に任せる」ことができている「蔵主」も胆力があるから出来ることだ。
今の日本に一番欲しいもの(昔は普通にあったものだが)が此処にはある。

2011年1月 9日 (日)

え゛?そうなの…

Dt1_3

そうじゃんたんか…
ご忠告ありがとう(ちと複雑な気持ち)


しかし、ココスは天真爛漫なキャラクター設定だと思っていたが、
意外にも忠告系のコメントを表示することがある。
ココロはコメントが優等生過ぎてツマランし、むーちゃんは思ったよりもマトモなヤツ)

自分のブログ確認のため、月曜日午前1時頃に見た時には
「明日は休みじゃないんだから。わたしももう休むから」なんて
説教される始末。どうよ、コレ…

近所を徘徊してみる

がきんちょ幼少の時に通った道を歩いてみたくなり、散歩してきました。
目的地は、歩いてみれば10分程度で到達する元小学校。

8時5分に家からダッシュすれば、8時15分からの朝礼に間に合っていたのは
単純に「学校から近かった」とよく解りました…

P1030557j

近所にある「津田式ポンプ」。小学生当時からすでに現状のまま。(故障・放置状態)
廣嶋縣の津田さんが考案した井戸揚水ポンプだそうで…
実用域で深さ7mの井戸まで対応。素晴らしい。人力さえあれば水が手に入る。

上水道整備により使命を終えたのだが、
近年井戸水が「飲用不適」である事も増えている。(大腸菌が規定値以上など)
残念ながら、山が汚染されている証拠。残念。
地下水は数年~数十年かけて自然のフィルタを経て水みちを流れてくるので。

P1030606j

元小学校。現在、この写真の建物は閉鎖されている。
1階は職員室・保健室・図書室。2階は体育館だった。

P1030611j

こちらは教室棟。折りたたみ式非常はしご。
子供心に「火事になったら、このはしごを降りる事はできんなぁ…」
(わたくし、高い所苦手な人なので)
実際、避難訓練でも一度も展開されることは無かった。
そりゃ「墜落事故」が高確率で発生するだろうから。

P1030592j

冬で落葉していたこともあるけれども、
ここから輸送艦「おおすみ・しもきた」が繋留されている様子を
撮りやすいことがよく解りました。

P1030681j

枝が邪魔なのだけれども、メジロが暫くおしゃべりをしていました。
正面から見ると、ちょっと間が抜けている様に見える。
メジロさんからすれば「ハァ?」ってな感じで此方を見ていたのかも。

P1030828j

まぁね、この地域は嫌になるほど寒い日に限って「雪が降らない」。
この年末年始は西日本の日本海側では豪雪となっているので、
「雪が降ると嬉しい」と言うと、寒冷地の方からは「甘いなぁ」と感じられるでしょうな。

しかしまぁ、雪雲(冬の雲)ではないよ。この雲の感じは…

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »