2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ネタがありません | トップページ | 謹んで哀悼の意を表します »

2011年3月 3日 (木)

ももやま白酒(宝酒造)

P2271169j

♪明かりをつけましょぼんぼりに~

いまや準絶滅危惧酒の「ももやま白酒
アルコールも約12度あるから、お子様は「飲めないことになっています」
(法により禁止されている)

神事の「白酒(しろき)」とは別物だが、無関係では無い模様。
平成になる前までは、近所の酒屋の店先に山積みされていたものだが、
今や余程売れないのか、下手な大吟醸酒より手に入りにくいかも。

正直そんなに美味しいものではない。濁り酒ともちがうし、どぶろくとも違う。
もち米を用い、醪(もろみ)を擂り潰しているのでドロッとしているし、口中でもざらっとした感がある。
みりんも入っているから「甘いんです」が、べたべたな「甘さ」と言う訳でもなく…

こういうものは「昔からの風習」としての”粋”を愉しむものですよ。えぇ。
300mlで約600円です。たしかに高いと思いますけれども。
日本の伝統や風習をを(かっこうだけでも)体感しているのだという
「自己満足」くらいは得られるでしょう。

正直そんなに美味いものではないんです。たしかに…



わたくし的には、人間はそもそも「旧暦」(太陰太陽暦)で生きるように出来ていると思います。
日が昇れば起きて、日が暮れたら夕げ→風呂→お休みなさい…
不定時法でもあったので、季節により一刻の時間が変わるし。

冬は早寝普通起きだし(一番冷える時間帯は布団の中で過ごせばよい)
夏は日の出と共に野良仕事。昼九つから昼八つは休憩。その後暮れ六つまでがんばる。
一番暑い12時~14時は休憩ということ。熱中症も防げるしナ。

ほんの15年くらい前までの現場仕事は(内勤の者には内緒で)こうしていたもんだよ。
そうじゃないと本当に「熱中症」になるし、人間の作業能率も劇的に下がる。
(熱中症の一歩手前までいった体験あり。悪寒やふらつきを感じるに至ればかなり危険な
状態)
試しに本日の最高気温”40度”の中で現場仕事やってみ?100%の能力を発揮すればぶっ倒れるから。

大体、日本が太陽暦になって僅か150年弱。そう簡単に人間の体は順応できんよ。

しかし、現代日本は「太陽暦」なので、太陰太陽暦に基づいた生活を実行するのは困難ですはい。
世捨て人になるか、自営で太陰太陽暦を実践しながら食べて行くか。
しがねぇサラリーマンにはちと無理がある。小市民万歳 (;´Д⊂

« ネタがありません | トップページ | 謹んで哀悼の意を表します »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556755/51007546

この記事へのトラックバック一覧です: ももやま白酒(宝酒造):

« ネタがありません | トップページ | 謹んで哀悼の意を表します »