2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「はくりゅう」が来ました | トップページ | (仮称)第二音戸大橋 一括架設工事について »

2011年4月25日 (月)

ドラフトギネス缶(ギネス/麒麟麦酒)

(GUINNESS及びハープの意匠、Arthur Guinnessのサインは登録商標です)

P4041216j

わたくしが唯一飲める黒ビール。

P4041220j

良く冷やして開けないと、活性濁り酒のように吹き出す恐れがあります。
(大体、ビールは12度前後でないと美味しく頂けないものだ)

P4241170j

焙煎した麦の香ばしい香りと豊かな泡立ちが特徴。
缶の中に入っている玉に秘密があるのだ。

クリーミーな舌触りであり、炭酸も舌を刺さないマイルドテイスト。
濃厚な味であるのに、嫌みがない。今や高価な飲み物の麦酒であるが、価格分の価値はある。

ちなみに、グラスは以前の日本での販売権を有していたサッポロビール
販売促進用の景品として添付していたもの。
一缶注ぐのにぴったりのグラスである。重宝している。

しかし、こういう努力もむなしく、現在の販売元は「麒麟麦酒」となった。
ホント、サッポロはハゲタカファンドと良く戦ったのだが、相応の代償も払った。

お金遊びで儲ける奴らは人に非ず。

汗して働いた後の楽しみである麦酒が、こんな行為で大儲けしている輩に
斃される現状が虚しい…
(札幌麦酒も脇が甘かった点は否めないけれども)

« 「はくりゅう」が来ました | トップページ | (仮称)第二音戸大橋 一括架設工事について »

」カテゴリの記事