2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 謹んで哀悼の意を表します | トップページ | 東京放送60周年記念番組「水戸黄門・第1部」 »

2011年4月 3日 (日)

「いせ」が来ました

4月1日は年度初めですから、3月末には接岸していましたが、
今日はどの船も着任の挨拶があるわけでありまして。

P4010933a

士官級が甲板に集まっていました。
先代の「伊勢」は建造時点で「世界の最新鋭艦」とは言えない代物でしたが、
終戦間際までよく戦いました。
(航空戦艦は「間に合わせ」の発想だったし、ついには乗せる飛行機も無くなった)

DDH182「いせ」は「護衛艦」でありまして、けして「ヘリコプター空母」ではありません…
どう見ても…だけれども。諸事情ってものがあるんだよ…

しかし、現状を鑑みると早急に戦力とすべく、訓練のため出航する可能性もあるし、
南方への配分がぎりぎりの現在、何かと機会を窺う国への「にらみ」を効かせるため、
しばらくは呉に居るかも。

P4010968a

潜水艦も同様。士官がずらり。ただし「そうりゅう」型はこの日、呉に居なかった。
まぁ、「はくりゅう」は前2隻の通りだと、4月第4週頃には入港するかと思うんです。
中の人ではないので、予想ですけれども。

しかし、何処の亜米利加に遠慮しているのだか。「飛龍」の名前は未だに空きのまま。
よく解らん…(「蒼龍」「雲龍」は使っているのに)

P4010969a

先代の第4護衛艦隊群旗艦「ひえい」は艦番号を抹消され、砲身を取り外されています。
呉に居ると言うことは、対岸の江田島でその生涯を終えるのか?
(江田島には船舶解体業者があります)

« 謹んで哀悼の意を表します | トップページ | 東京放送60周年記念番組「水戸黄門・第1部」 »

のりもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹んで哀悼の意を表します | トップページ | 東京放送60周年記念番組「水戸黄門・第1部」 »