2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月17日 (火)

しょっぱい写真でも、観る?

P5151580j

日が高くなったし、気温も上がってきたのでPLフイルタがないとモヤーンとした仕上がりになる。
見た目は出来てる新橋。

P4291208j

まぁ、この状態で約1年放置となるんですがね…(両端の接続道がありません。予算下さい)

P5151703j

この辺りでは特に珍しくもない「アオサギ」さんです。別に喜翆荘に行かなくても観られるぞ。
ただし、あそこまで人間には近づかないね。この鳥。普通なら、あちらが逃亡します。

かなりデカい鳥だが「何考えとんのかさっぱり解らん…」。まぁ、人間でもさっぱりだから尚更か。

P5151770j

しかも被写体ブレだし。ネコ不満足だが映像がほかにない。とりあえず付き合って貰う。

P5151795j

艦名は「秘匿」なので…「そうりゅう級第三番艦」は艦番号を消されました。
毎年のお約束事ではありますが、結局残念な角度の写真しか撮れず…

わたくし、それなりにおもしろおかしく生きているつもりではあるが、実際は結構…だったりする。

水戸黄門 第一部 第31回「乱斗・鷹ノ巣峠」(忍)

忍(おし)は現在の行田市の一部であり、埼玉北部なので、水戸まで僅かという所。
「乱闘」にせず「乱斗」と表記したり、古い地名(忍は古墳時代からの由緒ある地名)を
用いたりと、「お約束事(昔の日本人ならば知っていた基礎知識)」が分かってないとしんどい。

第32回(最終回)は「水戸」に帰っちゃってますから、道中話は第31回で終わり。

今回も大太刀廻りあり。”いんきょ”も杖でしっかり応戦しますし、
最後には(マンネリズム化で結構ある)偽物、若しくは”ご老公を騙る不届きもの”
え~ぃ斬れゝと言った家老がきっちり成敗(斬り捨て)されています。

※くどいようですが、初期は”峰打ち設定”なんて甘っちょろいものはありません。
悪い奴らは成敗されねばならないし、きちんと映像で見せておかねば「勧善懲悪もの」では無い(と思います)

スカパー!では明日(5月18日(水)1400-1500・5月19日(木)0900-1000)最終回です。
視聴できる方は是非ご覧下さい(録画しても良いけど)!



しかし…第1部と第6部のラストのカット、同じなんだよなぁ…
続編は「有るかもしれませんし、無いかもしれません」的な終わり方なのです。

東野英治郎さんは当初、”水戸黄門”の出演自体乗り気ではなかったので、
第6部の頃にはお終いにしたかったのかも。
(水戸黄門に出演した理由として、俳優座の運営資金稼ぎという側面もあった)

そうでなければ、豪華編成(第5部・第6部の連続もの)にしないだろうし。

追悼・児玉清さん

東リパネルクイズ時代からの視聴者なので…
やはりそれなりに感慨深いものがある。
(東リといっても「東洋リノリユーム」時代から見てますから)

わたくしの高校生時の国語教師も参加したんだぞ。この番組。

この番組自体、バブルの頃には「日興(かつての日興證券)パネルクイズ」になったりと、
時代を感じるくらい長い間やってらしたのだとつくづく思う。

視聴者参加クイズ番組はこれでほぼ終焉したのだね。
ギャラ貰ってる人がクイズで商品貰って、視聴者に何の得があるのだか?
と思ったので、最近のこの時間はNHK見てるか、音楽聴いているかだ。

本当に昭和は遠くなりました…

2011年5月15日 (日)

お天気占いのガジェット変更について

MSN(US)の情報が日本気象庁よりもあてにし辛い+2週間占いが無くなって久しい。
どーせ「現在の天気」以外は嘘八〇〇な場合が多いので、MSNの情報を用いる
MSN Weatherにこだわる理由もない。

と言う訳で、現在「WeatherCenter」を使用中である。
このWindows(R)ガジェットの良い点は、予報サイトを「自分で選べる」所にある。
何故選択出来なくてはならないかというと、予報サイトによっては「自分の生息地」情報が
無い場合があるのだ。

平成の大合併により人口25万人を確保するも、合併5年で23万人になっちゃった某地方都市(特例市)であるが、
亜米利加からすれば「知ったことではない」のである。

(参考画像1)

1j

まぁ、あれだ。毎度のことだが壁紙は気にするな。

わたくしは"accuweather.com"に設定している
※H23.7.14現在,ほかのURLに変更している。
ガジェットをダブルクリックすれば"accuweather.com"選択した気象サイトが
ブラウザで表示される。
※H23.7.14現在,IE9では抑止されるが,殆どの環境で自動的に他サイトが
別ウインドゥで表示される為,このことについて承知の上で設定しない限り、
当初記載のURLに設定するのは不適切である。

標準の言語は「英語」なので、「日本語」を選択すれば良い。
気温も左上日時表示付近にある”メートル法”をクリックすれば「摂氏」表示となる。
ただし、気圧は”ミリバール”である。実際面では何の問題もないので気にするな。

場所は日本語で入力してヒットしない場合、ローマ字(ヘボン式)で"tsu,Jp"と入力すれば、
ヒットした場合、市町村一覧が表示される。(表示されない場合はほかの気象サイトでチャレンジお願い)

政令指定都市など、大都市にお住まいの方はあまり苦労しないで済む部分である。
後は表示方法などを設定すればよい。

(参考画像2)

2j

ちなみにガジェットの”作者のサイト”リンクをクリックすると「おろしあ製」だったりする。
尤も、現在のの気象状況については「窓を開けて外を見れば」数秒で分かるのだけれども。
電気もネットも要らない。但し、分かるのは「現況」のみである。
まぁ、日本の気象庁自体が言っているから。
「天気予報は予報であって、現況がその天気です」


◇(ここから下は毎度の流れなので読まなくても支障ありません)


結局、スーパーコンピュータを導入したところで、こんなものだ。
「現代のデータ重視(過去実績による演算の結果)」予報でも「当たらない」のである。

昔は各気象台の予報官が腹くくって予報を出していた。「勘」なのである。
「データではこうだが、この地方はこの場合、こういう傾向があるので…」ということで、
人間が予報の最終決定をしていた。

職人技をもつ予報官が定年で退官して行くと、次世代は「勘」の部分まで勉強(技を盗む)
努力をしていなかったので、知識の伝承が出来ない。
だから官公署のみならず、民間企業まで「マニュアル化」を進めた結果が現在の状況である。

つまり「融通が利かない」者が”頭だけエライ人”(上級役職)となっており、
危急の事態に「何せ初めてな事なので…」とか「想定外であり…」と言っちゃうんだよな。

こんな事、松下幸之助氏が現役の頃に、こんな事言おうものなら「給料返せ!」と怒鳴られるぞ!

※実際、新商品発売初日、販売担当部長に「新商品の売れ行きはどうだ」と尋ねて
「売れ行きは一週間後の売り上げデータが出てこないと分かりませんよ」と答えて
「月給泥棒」と叱っている。

新商品発売初日に家電販売店まわりをしていれば、感触は半日もあれば掴めるのだが、
それもせず、現地(販売店)に部下を行かせて、任せきりにしていた事をなじったのである。

どこぞの電力会社の”頭だけエライ人”も、叱ってくれる人が居れば違ったのだろうけれど…

2011年5月14日 (土)

春霞ではない…汚染された砂が飛来しているのだ!

平成23年5月14日(土)は、まずまずの天気占いであったため、
写真機を持ち出してはみたものの、結局やる気を失った。
(正確には「撮影したが、業務関連のため公開に値しない」写真のみ撮って帰った)

廣嶋縣地方は降雨後も引き続き「黄砂」が酷く、なんじゃこりゃ…な光線具合。
雨上がりには「スカッと爽やかな大空が」と期待値を高くしていたため、残念すぎ感が強調された。

中共は世界史に長く語り継がれるであろう出来事を「いっぱいやって、いっぱい隠している」

ソビエト露西亜が崩壊した後の「あゝやつぱり…」な位の真相が明るみにされるであろう。
大体、首都から僅か数十㌔まで砂漠化しているのにも拘わらず、ネガティブな情報が
出てこないこと自体が恐ろしいのだ。

まぁ、マルクスは社会主義を50年やれば共産主義に移行できると言ったまでは良いものの、
「人間の欲」を計算できなかった(人間はそこまで愚かではない!との期待値が高かった)のだ。

壮大な実験の結果は、ソビエト露西亜が出したのだけれども。



実は昭和末期までの日本が一番「共産主義」っぽかったのである。
みんなちょっとずつ(物質面は)貧しかったけれども、食い詰める人もほぼ一掃され、
人心も現在の日本より遙かに豊かであった。

上手く行っているものを、下手に弄るとぶっ壊れるという良い体験をしただろう?みなちゃん…

結局は”もっともっと欲しい”という思いを捨てきれず、世の中の仕組みがぶっ壊れていても
未練たらしく物心(ぶっしん)を欲する者のなんと多いことか。

残念なことに、年々「同じ仕事をしているにも拘わらず」俸給に差が付く仕組みが巧妙化されている。
同じ仕事をやって、沢山持って帰っている者と、持って帰られない者が居ること自体、
世の中が病んでいる査証である。これは世界的な傾向である。

まぁ、世界史に残ると言っても、世界史(を記述する文明)が続いていれば良いけれども…

2011年5月13日 (金)

江戸を斬るII が終わっちゃいました…

BS-TBSのドラマ6枠(1800-1900)にて放送していました。
昨日終わっちゃいました。
尤も、時代劇なのに「ドラマ6」というのも”さっぱり”な時間枠名なんですけれど…

結構楽しめた、というか第27/28回は密度が濃いですし。
最後の4回は伏線を張りながら、27/28回を連続して観ないと
「もの凄く後悔する」仕掛け。

最終回(第28回)の特別出演は「森繁久彌」さんです。
社長シリーズのコミカル+小説吉田学校のシリアスな演技が光ります。

晩年は演技がわざとらしく見えてしまっていたから、
(衰えを)自ら悟っていらっしゃっていたのか、
映画・テレビなどの出演は極僅かでした。

本日(平成23年5月13日(金))からは「江戸を斬るIII」なのですが、
正直な話、わたくし的には「江戸を斬る 第1部(梓右近隠密帳)」を
やって欲しいなぁ。(主役:竹脇無我さん)

これの最終回は密度が濃すぎる。急展開あり。派手な殺陣も2回あるし。
なんだか打ち切り食らいそうだったのか?ってな位の勢いの最終回。
(現在、時代劇制作が敬遠される理由の一つである”大太刀廻り”はお金がかかるの)

「江戸を斬る」が「II」から”遠山の金さん”になっちゃったのは、
単純に筋書きが受けなかったのでしょう…

まぁ、「江戸を斬る(梓右近隠密帳)」自体も
”一心太助”と”大久保彦左衛門”が出てきますから、
完全オリジナルではないと思うのだけれども、ちとイジるには無理があったか。

”一心太助”を絡めて”梓右近捕物帳”とは「強引」な発想だったかと。
脚本家さん、船頭多すぎたか…

どちらの「江戸を斬る」も”続編は無いかも…”(好評ならば続編を)な
お終いになってるから、力業で纏めたんだろうなぁ。
(それでも「江戸を斬るII」は”続編あるかも”な感じで終わる。感触よかったんだろうなぁ)

最後に”水野忠邦”役の「安部徹」さん。映画”連合艦隊司令長官 山本五十六”において、
草鹿龍之介”機動部隊参謀長役で出演されているのですが、不憫な役回りです…
共に風貌を生かした?「いけいけどんどん」→「…」な展開の役なので余計にね。



おっといけねぇ。主役の西郷輝彦さん。若い頃は眉が濃いのは置いといて
格好良いですな。辺見マリさんも惚れる訳だ。
(主役をついでのように書くあたりが、わたくしの視点のズレを率直に表している…)

2011年5月 7日 (土)

PM35 くろせ(現:みやこ) も来ていたのです…

※PM35は南方へ転出しました。ありがとな。中共 (-_-X)



平成23年4月の呉は、海上自衛隊の新造船ばかりではなく、
海上保安庁の巡視船も更新された。

P4301220j

とから型15番艦 PM35くろせ。本当はもう少し天気の良いときに撮り直したいのだが…

退役した”PM27みささ”は配置転換で艦名が”よしの”から変わっていたが、
呉で”三朝”はいささか違和感があるのは否めず。地名の存する管区自体違うし…

よく調べると「太田川」の旧名「御篠川」由来みたい。係留港よりも6管本部の所在地に配慮したのだね。これは。

今回は呉つながりの「黒瀬川」が由来なので良しとするが、配置転換すると名前、変わっちゃうんだろうなぁ。

P4301224j

さて、この艦は「ウォータージェット」です。公称30ノット超とのこと。ちょっとやそっとじゃ逃げられませんぜ。だんなぁ。

P4301229j

ところで、海上保安庁旗が「半旗」になっているのは平成23年3月11日東北地方太平洋沖地震から。
全国の海上保安庁はあの日からずっと「非常態勢」を取っています。(自衛隊も同じ)



世の中「普段は訓練ばかりやって喰っているのだから、非常時にはとことん働いて貰わないと」という向きがあるが、

馬鹿言っちゃいけないよ。

戦争中でも24時間体制とはいえ、数週間以上戦闘を続ける事は無い。
(先の大戦は特別。日本軍が「理解不可能意味不明」なくらい長期間抵抗したため)
結局損耗著しく、やけっぱち作戦(尤も、これは作戦とは言えない)をしでかすか、病没したかである。
(日露戦争も太平洋戦争も戦死者より「病没者(餓死者含む)」の方が多い)

普通、一定期間作戦に従事すれば、部隊も疲弊するから「交代・補給・休養」が必要。
陸上自衛隊なんか気の毒な物だ。約2ヶ月も災害派遣に従事しているのに、
碌に扱わない報道、なんなんだろうね。理由は「報道する側の意図」でしょ?

政治の長も、韓国や中国に謝意を表する前に言う相手が居るだろうに…、
一言で良いから「ご苦労」と言ってやるのが組織の「最高指揮官」の勤めなのだが?
自衛隊の最高指揮官が誰なのか、本人も忘れてねぇか?と思えるくらい情けない。

ちなみに、日本国の元首は「天皇」であるが、戦前より「立憲君主制」なので、
実際面の長である”執政の長”がアンポンタンなんだな。うむ。

2011年5月 6日 (金)

水戸黄門 第1部 第22話

金津って謳ってあるのにC.A.L.のHPの解説欄は「会津」になっていたり…
下手に検索エンジンで探すと”岐阜の金津”に当たったりとかもうね…
(Bing使うのがイカンのだが、googleは検索する毎に「魂抜かれてる」ような気がして使いたくない)

田村高廣さんがゲストの回。若い頃の田村(兄)なかなか格好良いね。
飲んだくれの医者だが、実は剣豪だったり、シラッと剣菱呑んでいたり(大徳利にひらがなで書いてある)

※年代的に「剣菱」はすでに存在していたので、呑んでいてもおかしくないが、制作当時いくらか貰ったのかもな。

初期の水戸黄門は「峰打ち」なんて、なまっちょろい設定なんかありません。
助さんも角さんも遠慮無く悪党をぶった切っています。

しかしまぁ、TBSのマスター上で消しちゃってるのでしょうが「言葉狩り」が酷いひどい。
言葉は時代を反映するので、旧作を放送する際は「お断り」表示で勘弁して貰わなければね。
「言葉狩り」に屈していたのでは、全国的に地上波で放送されている模様の
「あかんたれ」なんて、台詞が無音声だらけになってしまい成立しませんぜ。ご隠居。
(第一部は「うっかりな人」居ないんだったな。そういえば…)
しかも放送前後に「この物語はフィクションで…」の表示があってこうだから。

あたりまえやろ?誰が「本当にあった事」と信じるよ?
毎週こんな大騒動があったんじゃ、江戸時代の治安は堪った物ではない。
(BS-TBSの「江戸を斬る2」も同様の趣旨の表示がある)

それともTBSは真剣に「信じる人が居るから」と考えているのかもな。
それならば相当おめでたいものだ。

2011年5月 1日 (日)

外傷性頸椎症候群

まぁ、「むちうち症」とか「寝違えた」も含まれるそうで…
つまり、「所見無し」なんだけど、痛い物は痛いし、我慢してまで付き合う気にもならん。



ここ数年、肩こりが酷くインドメタシン→フェルビナク→ジクロフェナクと
強い薬剤に移行するも、ほっとけば良くなったりで謎な状態が続いていた。

さて、水曜日である。通勤のためスクータのスタンドを上げた所、
(ハンドル持って車を前に押す動作)
肩に電気が走ったみたいになり、痛みと脱力を生じた。

これではまともに操縦出来ないので、かなりまずい。もうバスでは間に合わんのだ。
(最短コースで4㌔を、乗客拾いのため30分以上かかる素敵経路にしている)

数分でハンドルを握れる状態になり、だましだましで職場に到着。
痛みもやや改善してきたので、さて昼食をと思い箸を持って口に運ぶと
再発するんだなこれが。どうやってご飯食べよう…と悩んでも仕方がないので、
ちゃっちゃと食べてしまった。どうせ痛いのならば短時間で済ませた方がよかろう。

定時となり、さて帰るべかとヘルメットをふつーに被った瞬間、また痛~い。
どうやら「首」に僅かな負荷がかかっても駄目なようで…

帰宅後、椅子に座るも肩の違和感に耐えられず、18時就寝。翌7時起床。
いやになるほど寝てみたが、肩の違和感が残っている。重たい感じ。

頸椎損傷は恐ろしい。下手すると頸椎の何番目が駄目かで、上半身の何処までの
機能が残るのかが決まるので、体が資本。早速病院へ行った。
(仕事を休んで怒られる位なら安い物だ。体壊したら別の「クビ」が危ない)

※病気が理由で会社は従業員を解雇できないと「法」にはあるが、
「自己都合退職」に追い込まれるのはよくあることだし、
そもそも「非正規労働者」は3~6ヶ月の契約更新で「法」をクリアしているからな。
契約満了と言われたらお終い。
非正規でも3年以上継続雇用したら「正規」にしなさい!となっているが、実態はザルなのは世の常。

あいにく、この地方の病院は木曜日休診もしくは木曜午後休診と相場が決まっており、
定時以降に整形外科へなんて悠長に構えていられない。

さて、結果は冒頭の通りであった。
(医師)まぁ、打撲と同じような状態なので、数日間は「暖めない」「無理に動かさない」
との仰せであった。

(医師)薬、どうしましょう?所見は特に無いので、やめときましょうか…
あのぅ、痛いの。とりあえず何とかならんか?たしかに薬を出さないのが正解なのだが、
痛い物は痛い。薬ください。

(医師)分かりました。じゃ出しときます。



結果:1週間分の薬で様子見。違和感続けばまた来てください…

ハイペン錠200mg (朝/夕各1錠) COX2選択鎮痛剤。胃を荒らしにくい。12時間効く。
ミオナール50mg  (1日3回各1錠) 筋肉の緊張を緩める薬。副作用は瞳孔の動きが緩慢になる場合あり。
ムコスタ錠100mg (1日3回各1錠) 胃粘膜の保護。処方、流行ってます。大塚、地味に営業上手い。
ナパゲルンローション3% 50ml (適時) フェルビナク製剤。
(名称は各社の商標です。くわしくはこちらで検索してください。)

処方するとなると、「これでもくれてやるぅ」な位、処方された。
そもそも初診から「ムコスタ」出すか?と思うところはある。
まぁ、「胃が悪くなった」と言われる前に出したい気持ちは分からないでもないけど。

本日現在(発症4日経過)ふつーに「肩こり」状態。腕は上がるし、脱力感も無くなったけれども、
やはり違和感は残る。あと3日分薬剤がある上、暦通りには休めるので何とかなるだろう。

しかしまぁ、お金のかかる体だな。わたくし…

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »