2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

長い長い一日だった(肩痛い)

毎朝時間と戦うわたくしであったが、それならば「早起きすれば?」
と思うでしょ?

早起きすると「時間と戦えなくなる」のですよ。
(真っ当な言い回しでインチキな事を書いている自覚はある)


午前八時十四分、それは起こった。
その査証として、壊れた時計がその時刻のまま止まっている。
(リセットすれば動きそうだけれども…)

当時、某地方都市は霧雨。路面状態はウェットであり、
二輪車通勤のわたくしは、路面が濡れている時は通常-20㎞で
カーブに進入し、通過することにしている。

にもかかわらず、
ほかの車に関係なく、転倒したものであります。
このことにより、不利を受けた車両はなく、道路施設も無事でした。

路面が濡れていたのが幸いし、ヘッドスライディング状態で投げ出された
わたくしであったが、突き指ならぬ「突き腕」状態となり、
右肩部ねんざ、左上腕部および左大腿部打撲を受けた。
車両も「きれいに滑った」御陰か、僅かに擦り傷が出来ただけだった。

先日支給された「夏制服(といっても作業着)」は二日でその使命を終えた…
ここ数年、極度の手足末梢部冷え性に困っているわたくしは、
たまたま冬用「二重張靴下」の御陰でくるぶしの擦り傷はごく僅かで済んだ。

「今日、どうしてもやらないといけない仕事または打ち合わせがないのなら、
休んで病院で検査してもらって下さい」会社に情けない報告への回答。


結果:

「レントゲンや触診、可動範囲確認から、打撲です」
動かせば良くなると思って、痛いのガマンして動かしちゃ駄目ですよ。
揉むのも良くないです。そっとしておいてあげて下さい…

わっちこそ、そっとしておいてもらいたいわ…(逆ギレだよこれ…)
十年ぶり、通算四回目の転倒。ショック…
制限速度でカーブを進行していたのになぁ。

気がつけば「ヘッドスライディング状態」。


戦利品:(といっても、お金を払って処方してもらったものだが)

・ハイペン錠200mg(のジェネリック品 オスペイン錠200mg)朝/晩各1錠
・ムコスタ錠100mg(のジェネリック品 レバミピド錠200mg)朝/晩各1錠
・ロキソニンテープ100mg 10x14cm 7枚入り 3袋

ジェネリック医薬品は先発品より「安い」のだが、
「思ったほど安くない」場合がある。
薬局の取引の都合とか、「信頼できる薬品会社のものなのか?」など、
色々大人の事情もあり「最安」のものを「取り扱っていない」場合がままある。

(医薬品の価格などはこちら)※このページは本来、医家向けです。

最近通っている整形外科の先生は、
効き目の強さ:ロキソニン錠>ハイペン錠の認識。
なお、打ち身による「内出血」には「漢方を出したい人」なのだとか。
それから、相変わらず「ムコスタ錠」が好きなのであった…

今回は「多分内出血無いから…」とのことであったが、
帰宅後左大腿部は「内出血(青血)」に移行しつつあった。

しかし、「ロキソニンテープ」は薬価が安い(47.00円/枚)から、
21枚貰うと結構有難いのだが、個人的に「ロキソニンテープ」は
プロドラッグなので、皮膚から吸収させても、ちゃんと「活性代謝物」になるのだろうか?
と思ってしまう。(ロキソニン錠ならば「内服」なので作用機序からして納得するが…)

しかし、「モーラステープ」は光過敏反応が生じた場合、厄介なのを考えると、
「ロキソニンテープ」は安全牌なのだと思う。


時間のない方向けの解説:二輪車搭乗中に落車した。

2011年6月19日 (日)

同期の桜 上撰 (江田島銘醸株式会社)

種類別「普通酒」ですわ…

P6111807j

通常、このような姿で流通しています(300ml壜)
「養命酒」に付いている感じのプラスチックク製「猪口」付き。370円(税込)
法事とかで配ったり、神棚(のある家、本当に少なくなったけれども)に上げたり。
やはり需要があるのですよ。

さて、どの酒造メーカも「普通酒」は「ひや」(常温の事!←ココ重要)または「熱燗」で。
というのが相場なのだ。

P6111812j

呑んでみると、普通の人ならば「日本酒らしい日本酒」と思うでしょう。
「同期の桜 純米酒」も同様の香味なのだが、ここのお酒は”味”がある。

(日本酒度がプラスだと「キレ」が良く、酸度が多くなると「濃厚・ふくよか・旨味」があると
言われるが、毎度のことだが”あまりあてにしすぎては良くない)

熱燗にしても嫌みが無く、「ひや」と大差無いのが良い。
燗にすると「もの凄く呑みやすくなる」(だけ)の酒とかあったりするから…

熱燗から呑み始めて、ちゃっちゃと呑まないとぬるくなってくるのだが、
このお酒は「人肌燗」の領域だとちょっと落ちる。谷間がある。

冷蔵庫で冷やして呑むには不適なタイプ。「うまみ」が伝わってこなくなるので、
折角のお酒がもったいない。

「こやつ、何時も4合(720ml)1,500円以上の酒しか呑んでいない」と思われるのも癪だしな。
実際に呑んで「駄目なものは駄目」と判断している。
(味覚および”呑める絶対量”には個人差がありますので、ご容赦を)

申し訳ないが、金賞受賞酒でも「自分には合わない」と思ったら「料理酒」にしたり、
最悪の場合「流す」。合わない物に我慢してまで付き合うなんて事はやってません。



しかしだなぁ、某地方都市で一番大きい会社の「紙コップ酒(赤)」で2時間ほど
気持ち悪い思いをしたことがあるので、安いお酒=それなりの印象はなかなか消えない。
このことについては結構トラウマ

自衛官適職診断のページにて

(お遊びのためにはAdobe(R)Flashが必要です)
(名称は各社の登録商標だったりします)

http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/streaming/job/

(防衛省・自衛隊のポリシーページにリンクフリーの表示あり)

フラッシュによる適職診断のページ。
但し、うちの地域はメタル線サービスしかやっていないので、
フラッシュのデータ読み込みに結構時間がかかる。

やってみると、結構面白い作りになっているのだけれども、
5回中5回とも「海上自衛隊」に辿り着くのは何でだろうねぇ?
まぐれかも知れんが…
(IEのキャッシュやCookieを全て消去の上、追試するも「海自」行きですハイ)

わたくしの結果は全て”海上自衛隊”の「通信」「艦船整備」「航空機整備」なのだ。
(設問は複数用意されているのだけれども、すみません。家の中、ぐちゃぐちゃです…)
フラッシュにも見透かされている始末…

それよりも、お遊びの報酬である「壁紙」がダウンロードできんのじゃが…
IE9の互換モードでもNG。ダウンロード釦自体が「フラッシュ」扱いになっちゃているから。

「幕僚監部」ステージと「海自」しかやらせてもらえないから、まぁどうでもいいっちゃ。



これ、何処のアクセスポイントから上がっているのかを反映しているのかも知れん…
(ふつーの人がインターネット(IP)を利用するということは、どの地域から
アクセスしているのか等、ある程度調べが付くことを理解の上、ご利用いただきたい)

2011年6月12日 (日)

うむ。効いたぞ。

腰が楽になった。マックスベルトの御陰だ…
なんか違うような気がした人、気にしないの。

(ついつたーじゃないんだから、もう少し何か書こうや自分…)

日本薬局方「ケイヒ末」の香りが苦手なのです。(ケロリン)

(商品名は各社の登録商標だったりします)

まぁ、「ケイヒ(桂皮)」はシナモンともニッキとも言いますが…
厳密には日本薬局方で規定されています。詳しくはご自分で調べてみてください。

二十歳の頃までニッキは苦手で、「生八ツ橋」なら「餡の甘み」で誤魔化しが効いてなんとか食せたけれども、
ハード八ツ橋(これが本来の八ツ橋)の「ニッキ臭」がガキンチョ幼少の身には無理すぎた。
まぁ、あれだ。クールミントガムを5歳児に与えると、高確率で「痛い」と言って吐き出すであろう。
単純に味覚が育っていないだけなのだ。(子供は刺激系には弱い)

さて、ケロリンを開封しましたよ。

P1010596j

(パナソニック DMC-FX33(2007.8発売)にて撮影)

P6110270j

(オリンパス C-40Zoom(2001.10発売)にて撮影)

※注:ココログのアップできる画像データの容量制限により、リサイズのみ施しています。

室内撮影の上、フラッシュ使用のため質感が今ひとつよく出ていないのだが、
色味はパナの方が現物に近い。
しかしなぁ、パナのコンパクトデジタルカメラの絵はディスプレイで拡大すると
お世辞にも良いとは言えんのですわ…風景撮ってみて、一発で「しまった」と思った。
(但し、コンデジでもFZ系初期のものは別。パナのデジタルカメラ参入時の力の入れ用は半端無かった)

C-40Zoomは良いカメラだけれども、当時の単三形充電池では数枚撮ると
「電池切れです。さようなら」表示になる等「使えねー」代物だったから、
手放した御仁は多いだろう。当初売価9万8千円スタートが、
アッと言う間に5万円台になったのは致し方なかろう。

いまや「エネループ」を使えば、最高画質で記録した場合、128MBスマートメディア
撮影できる限界枚数「44枚」くらい楽勝さ ヽ(´▽`)/

◇閑話休題

フイルムコートされた「紙の薬包」…すげーちいちゃいい
しかも袋越しに「ケイヒ末」の香りがします。本当にこの量で「効くのでしょうか?」

取り敢えず飲まないと話にならないので、飲んだのだけれども、
胃をいたわる「ケイヒ」の芳香が堪らないです。微かにこみ上がってきます。
まぁ、「ケイヒ末」は健胃成分として添加されており、そのほか色々効用があるらしいから、
多分良くなるのではないか?プラシーボでは無いのだから。



遙かなる世から使われているものには、何か理由があって使われているのだよ。
新しいものばかりに囚われて、「新しい=良い」は短絡的思考である。
先ずは「古い薬で、現在も薬効が認定されているもの」から使っていった方が
良いのかも知れない。



いきなり一般人が購入できる”てっぺん”の鎮痛剤「ロキソニンS」に手を出さなくても良い
…と言いたいのだけれども、「ロキソニンS」はOTC医薬品 の中でも良心的価格で
登場した上、これで無効だったら病院に行くことを強くお奨め出来るものだからなぁ…

まぁ、あれだ。鎮痛剤くらいは各々方の好みで買えばいいんじゃないか?

(ここまで書いておいて、何という結論だ!投げやりだなぁ。我ながら”あんまり”なオチだ…)

ケロリン(内外薬品)

(名称は各社の登録商標だったりします)

ここ1週間、頭も悪いし(方言:頭が痛い等、不具合を生じている場合を表す)
腰もちょっと痛いし、おなかは壊すは、挙げ句の果てには先週末、養生したにも拘わらず、
無念の欠勤1が付き、「○○選手は体が弱いんか?」と上役に言われる始末。

今日も養生したが、どうもすっきりしない。こういう時は「医薬品大好き人間」なので、
ドラッグストアに行ったのが間違いだったのかも知れぬ。

普通、わたくしは「ナロンエース」(大正製薬)80錠入りを買うと決めておるのだが、
いつも同じでは面白くも何ともない。(確実に効果があるので、普通に買えば良いものを…)

何故「ナロンエース」なのかというと「ブロムワレリル尿素」が入っているので、鎮静効果が期待できる。
(パッケージ表記は”ブロモバレリル尿素”だが、同一成分である)
なにせ、十数年以上昔に販売終了となった「リスロンS」(佐藤製薬)1回分の量が入っているからである。
だから、わたくしは「鎮痛」よりも「鎮静」を期待して使っているのだ!



あー、前置きが長くなり申した。(武士言葉は本来、接客業ではNGです)
「たまには変わったものを」と物色していた所、有るではないですか”ケロリン
桶で有名過ぎる商標。銭湯若しくは”日帰り温泉”にあったりもする強者だ。

P6111826j

冷静にパッケージの絵を見ると「きもい…でもこのレトロ感がイイ!」
やはり”ケロリン”はこうでなくっちゃ!と変に納得して買って帰った訳だ。

主成分は”アセチルサリチル酸”。つまり「アスピリン」です。
100年以上前に「合成」による製造に成功した「バイエルAG」すげえ…
但し、高容量のアセチルサリチル酸をストレートに用いると”胃を荒らす”ので、
バファリンや”ケロリン”は胃粘膜の保護剤を添加しているわけです。

※なお、定められた用量で「バイエルアスピリン」を用いる限り、ほぼ問題ない。
(体質により合わない場合があるので、絶対大丈夫とは書けないし、メーカも言わない)

”もう寝る時間ですよ”なので、続きます…

2011年6月 3日 (金)

我が国の宰相は立派すぎて涙が出てくらぁ…

まぁ、昔の政治家は言いました。
「嘘も百回言えば本当になる」

60年も昔の代議士だが、「吉田茂が鳩山一郎との約束を反故にした」
たったそれだけの理由ではあったが、「不誠実は正さなくてはならない」

ついには鳩山一郎を総理大臣にならせたが、
本人は余命が無いことを通告されていたし、
鳩山一郎の残された時間も短かった…

しっかしまぁ、お孫さんは本当にただの「ぼんぼん」だな…
中村錦之介の「浅野内匠頭」のようだ。
「また○○めにしてやられた…」

尤も、「殿中でござる」をやる気概も腹も全くありませんね。このお孫さんは。

この政治家一族では親父が一番まともだったんだけれども、
血統ばかりが良くて、じいさんも国家のためになることはやってないけれども。



信念があっての「腹芸」ならば認める。
しかし、今の宰相は「保身のための腹芸」であり、
その取り巻き(執行部)も「そうでしたっけ?ウフフ」

亡国になるか、みんな平等に惨めな思いをすることになるのか判らないが、
現在が「非常時である」という認識が無い「無責任内閣」は当分続く。

本当に腹があったか判らないが(ハシゴを外されただけかと…)
某政党で「正直(すぎた)太郎」は「たったの2人」だけだったとさ。



まぁ、次の選挙は「無所属」で出る現職が沢山居るだろうから、
今度はしっかり見極めて、落とせる者は落としておこう。
やるならば、徹底的に。

とにかく、今は大艱難の時だから「仕事の出来る悪党」の方がよっぽどマシ。
人畜無害だが「何もやらない」者よりは良いだろう。

尤も、今の宰相は「存在自体が(まともに管理されていない)プルトニウム」だ。
「混ぜるな危険」どころの危険度ではない。努々(ゆめゆめ)忘れること無き様。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »