2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 七月八日、中国地方は梅雨が明けたと見られる… | トップページ | いよいよ地上波アナログ放送終了間近 »

2011年7月18日 (月)

宝剣 本醸造 冷 (宝剣酒造株式会社:広島県呉市仁方町)

梅雨が明けたら、とびきり暑くなった。
もう少し加減をしてくれても良いものを…

何に文句を言っているのか良くわかんない人、正常です。

さて、最近の日本酒は”冷やして”(摂氏10度程度)というものが
多いのだけれども、真夏だとこの”10度”というのが面倒になる。
冷蔵庫だと”冷えすぎる”のだ…

味も香りも楽しめない。だからといって壜ごと冷蔵庫の外に出せば
露が付いてこれも嫌な物だ。

結局、一合徳利に移して10分程度待つことになる。
それくらい日本酒は温度で味わいに差が出る物なのだ。
だから、真夏でも本当の「ひや」(常温)で充分いける酒は立派だと思う。
でも、夏だから冷た~い日本酒も飲みたいではないか。

さて、手っ取り早い方法として、”キンキンに冷やしても味が愉しめる”
お酒を探せば良いのだが、これが難儀するのだ。
(思ったほど、この手の日本酒は都合良く見つからない)

幸い、この時期になると飲みたくなるお酒がここにある。

P7151507j

寶劍(宝剣)本醸造 冷(冷酒用)である。
平成23年3月頃までは、四角い壜で「仁方のジョニー」というラベルを貼っていた。

このお酒、普通に地元のスーパーで売っていた物だが、
「四角い壜の仁方のジョニー」で憶えていたから、
何処に行っても見つけることが出来ず。製造終了かと思った時、
某地方都市で驚異の粘りを見せる「十合」のお酒売り場にあった。
(此処って撤退か?と噂が立つ度に「そんなこと無い!」と反論。健在なり)

なんと「普通の丸壜」になっていた…角瓶ではないからか、
「仁方のジョニー」のシールもない…
あのネーミングの胡散臭さと、中身の旨さが堪らなかったのだよ。

酒販担当者に伺う所「4月頃から普通の壜しか入って来ない」とのこと。
あの「角瓶」の風情が良かったのだ!「仁方の…」のシールも含めてヽ(´▽`)/

こうなると徹底的に行こう!宝剣酒造に問い合わせだ!

回答(概要)
角瓶のスクリュー部(ねじ部分)に強度の問題が見つかり、
破損の可能性を鑑みた結果、やむなく丸壜に変更しました。
中身については変わりありません。

うーむ、已む無し。輸送中の破損ならともかく、
開栓時に万が一の事があれば、中身を愉しむ処ではない。
「じょにー」は居なくなったが、味は変わっていないから。

個人的には、仁方を代表する酒蔵は「宝剣」
(意見には個人差があります)

仁方の酒蔵は、もう一つの方が有名だけれども、口当たりが無難なの。
あと、何が気に入らないのかというと、トップページの写真。
どーしても気になる向きは検索サイトなどから調べて熟知すべし。
(注:この酒蔵は二つURLがある。気に入らないのは.comの方)
わたくしは、虎の威を借るナントカは大嫌いな人なのだ。
こんな事をしなくても、実力は充分ある酒蔵なのに…勿体ない。


宝剣 本醸造 冷酒用

味:やや中口。広島のお酒らしく、適度に甘みと酸味があり、キレもある。
  キンキンに冷やしても良し。でも若干苦く感じるかも。(旨味が弱く感じる)
  やっぱり摂氏10度前後が最適かと。旨味と香味が適度に立ってくる。
色:ほんのり黄金色。宝剣酒造は必要以上にろ過をしない。
価格:300ml入り 357円

« 七月八日、中国地方は梅雨が明けたと見られる… | トップページ | いよいよ地上波アナログ放送終了間近 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七月八日、中国地方は梅雨が明けたと見られる… | トップページ | いよいよ地上波アナログ放送終了間近 »