2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 盆で十五夜で… | トップページ | 終戦の日 »

2011年8月14日 (日)

カンパン

P8142141j

カンパンと云えば、三立製菓の物が入手性も良く、
大手スーパーなどに良く置いてある。
(三立製菓は”お菓子”という商品もあるから…)

さて、ガキンチョ幼少の頃、近所のパン屋さんとか、
地域のストアに良く置いてあったものは
「カニヤ」のカンパンだったのです!

子供の時分は味覚が発達していないので、
三立のカンパンは香ばしい「だけ」のように感じられ、
甘みが無く、正直、好みではなかった。
(現在は「香ばしい風味」を其れなりに愉しむに至れり)

カニヤのカンパンはほんのり甘く、結構満足度も高い。
子供の頃の刷り込みは強力だから、大人になっても
カンパンはカニヤ…

ところが、日本の世の移ろいは地域のお店を壊滅させ、
郊外の大規模スーパーに行かざるを得なくなった。
地方では、自家用車を持っていないと、ハンデ特大なのだ。
東京人には判るまいて。わっちもお上りした時に痛感したから。
「これだけ交通網が発達していると、車イラネーから」

地域のお店が無くなったら、カニヤのカンパンも見かけなくなった。
元々、三立製菓ほど大きい会社ではないので、
販売は「卸問屋」が扱ってくれるかどうかなのだ。

つい先日、何気に当地区で生き残った食料品店に寄ってみた。
このお店での買い物は、十数年ぶりだった。
なんと、其処に在ったのである。なんと言うことでしょう!

三立製菓のカンパンで辛抱した日々や、カニヤに電話して
箱買いした日を思い出し、「そうか此処にあったのか…」
案外、近くに在ったのである。

P8142143j

カンパンは「日本の伝統的食品」と云っても差し支えない。
元々旧軍の保存食としてビスケットから発展した物だから。

わたくしは昨年カニヤに電話して、本格派ネービーカンパンを一箱注文した。
本体¥5,000+送料(廣島県)などで¥6,050-を振り込んだ記録がある。
送料込みだから良心的ではあるが、箱買いはちとしんどい。



先の震災以降、カニヤのカンパンも一時品薄になったとか。
海上自衛隊も非常食として備蓄しているし、放出すれば補充するから。

本格派ネービーカンパンと「氷砂糖」(飴でも良い)と「水」
これらがあれば、数日間は何とかなるかも知れないが、
時運の赴く所があるから、”備えあれば憂いなし”としか云えない。

あぁ、写真のカンパンは早速食べちゃったから、また買っておこうそうしよう。
(片っ端から食べたのでは、何時まで経っても備蓄出来ないけどな…)

« 盆で十五夜で… | トップページ | 終戦の日 »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 盆で十五夜で… | トップページ | 終戦の日 »