2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月20日 (木)

はぁ…(秋の花粉アレルギー)

どうも良くない。ノドがいがらっぽい。
トローチとか、うがいとかやっても扁桃腺が熱いぞ!

という訳で、しょーがなく「耳鼻咽喉科」に行った。

(医師)
症状はどんなんですか?

(わたくし)
(事前に問診票を書いて提出した上、2時間待ちの状態で其れを訊きますか~)
眼がしょぼしょぼします。鼻も詰まるし、ノドが痛いです。
スギ花粉の症状と比較すると三分の一程度の状態です。

(医師)
では、鼻を見ます→ 特に問題ないですねぇ。
では、扁桃腺を→ 特に問題ないですねぇ。
では、咽の奥を→ 特に問題ないですねぇ。

まぁ、自覚症状があるとの事ですから、
弱い抗アレルギー剤と点鼻薬を出しましょう…



問題ないですね。と云いながらも薬は出た。
まぁ、こっちは其れはもう大変でしたから。えぇ。
これで「問題ないので何も出しません」では、2時間待った甲斐がない。



処方された物(商標は各社の登録商標です)

・セチリジン塩酸塩錠10mg「サワイ」※ジルテック(R)のジェネリック品
・アラミスト(R)点鼻液27.5μg 56噴霧用

これだけで気付いた人は立派な薬剤師か業界の人です。

処方薬、ジェネリック希望しなかったら全部グラクソ・スミスクライン じゃんよ…

(別に製薬会社自体に対し、想う所はないです。誤解の無いように)

このセンセイ、フルナーゼ点鼻液に後発品が出るまでは、
積極的にフルナーゼ点鼻液を処方していた人なのでね。
営業さんと仲が良いのだろうよ。きっと。

フルナーゼ点鼻液自体、凄く高いお薬だった。(今は少しお求め安くなり1766.7円
後発品も其れなりに高い。(例:大日本住友製薬 スカイロン点鼻液1323.5円
(※共に56噴霧のもの。1日1~2噴霧が基本)
鼻粘膜用局所ステロイド剤自体、製造原価が高いのだろうけれども…

因みに”アラミスト(R)点鼻液27.5μg 56噴霧用”1キットが2014.7円です。
(14日分。瓶+トリガー式吸入ケースつきなので”キット”と呼称する…)
フルナーゼの成分を改良し、効果が早く発現するようになったのだとか。

外資系製薬会社は、ジェネリック医薬品対策をしっかりするんだなぁ。
ハゲタカ外資系はお商売が上手いねぇ。

これは、アレルギー剤のライバルだったシェリング・プラウが買収されたり
(存続会社になったが、社名はMSDに変わった)
ノバルティスファーマも高価な薬剤を売っていたりするので…
ライバルが少ないとオイシイ。

耳鼻咽喉科は朝から晩まで大忙しだが、薬で儲けるスタイルは
精神医療の世界と変わらんよ…
2時間待って、診察5分。

それに比べると、整形外科は割に合わないぞ
色々医療得点稼ぎに牽引やウォーターマッサージベッド、温熱治療器など
一杯使っても診療代は知れているし、鎮痛系の薬剤も一般的なものは安価だし。
そりゃ「いこい」の場にもなるわな。



結論を先に書かないのがわたくしの悪い癖だが、タイトルに標榜したとおりである。
秋の花粉アレルギー症が確定したのだった。

薬、良く効いています。本人も驚くほど…悲しい。
これで1~4月と9~11月は憂鬱と云う事。

2011年10月16日 (日)

久しぶりに写真を掲示してみる

単純に、今月は碌な写真を撮っていなかっただけで…

P1000782j

呉市音戸町の船溜まりにいらっしゃる「白鷺」さんだが、

P1000782trimj

以前から気に懸けては居たものは、やはり「コサギ」だった。
警戒心が強く、カメラを持って近づくも50m程度で逃亡する。
海岸では「チュウサギ」や「ダイサギ」は見られないのかのぅ…

しかし、相変わらず「アオサギ」は余裕だった。

P1000803j

体が大きい事は色々有利なんだろうなぁ。(全長約90cm)
でも、「コサギ」だって其れなりの大きさ(全長約60cm)なのだけれども。
アオサギとは適度の距離を保つべく、デカイの(アオサギ)が来たら
気を遣って移動していたコサギであった。

P1000814j

と云う訳で、嘘くさい色の日没を以てまた明日。

2011年10月 3日 (月)

本当に風邪なのか解らないのだけれども…

今年の盆(8月中旬)から、咽の痛みから始まって、
風邪気味になったり直ったりが3~7日周期でやってくる。

少し回復すると「直った」と思い、調子に乗って体調を崩すパターンと
考えたが、流石に10月初旬になってもこの調子ではオカシイだろう。

今日は熱こそ無いものの、咽は痛いわ怠いわで、病院に行きました。

医師:相変わらず扁桃腺が赤いねぇ…(標準より扁桃腺が大きいわたくし)

結局、「風邪が抜けきっていない」判定。
第一三共ヘルスケアにかなり貢いだ結果がこれ。
やっぱり。というか、どんな市販薬にも「直らなかったら医師か薬剤師に相談だ」
と書いてあるだけの事はある。

薬局の薬剤師からは
「あなたはスギ花粉症なので、これで不調なら耳鼻咽喉科に行くことをお奨めする」
(秋の花粉症の可能性)と云われた。

辛いスギ花粉症は、毎年1月~4月の恒例行事だが、
わたくしが認めたくないだけなのだ。辛抱する期間がこれ以上増える事は堪え難い。
(しかし、秋の花粉アレルギーの疑いはある。ここ3年、似たような体調になるから)



戦利品:風邪薬一式 5日分
(といっても、処方箋薬局で正規に入手。健康な保険組合員さんごめんなさい…)

・PL配合顆粒(塩野義製薬):ふつーの風邪薬。
・ムコソルバン(帝人ファーマ):気道潤滑去痰剤。
・SPトローチ「明治」(meiji seika ファルマ):咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防。
・クラリス200(大正製薬):抗生物質クラリスロマイシン。すでに咽が腫れているため。
(現在、ただの風邪だと極力抗生物質は出さない

実は、処方箋薬は抗生物質のみだったりする…

その他の薬の成分は、市販薬にも配合されていたるするが、
医師が処方する薬剤と同量を配合する物は少ない。
副作用など、他の薬との飲み合わせを考慮すると、やむを得ないのだ。

嬉しげにお薬一覧を書いているように見えるだろうが、
正直、わたくしはお金も地位も名誉も要らない。

健康な心と体

是さえあれば、無一文でもなんとかなる。
(尤も、衣食住が出来る程度のモノは要るけど…)

子供の頃から体質の弱いわたくしである。
体を鍛えても風邪をひく時にはひいた。
精神や根性だと説かれても、如何ともし難いことは、
過去実績が証明している。

体が思うようにならない歯痒さは、本人にしか解らないよ…

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »