2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« もや~ん…(国民の祝日:文化の日) | トップページ | 千福 神力純米無濾過原酒生もと造り(広島県呉市:三宅本店) »

2011年11月 6日 (日)

タフマンG1000(ヤクルト本社)

(名称は各社の登録商標です)

J

不遇だった商品。抑もリポビタンDがコンビニで買えるご時世に、
定価売り(普通のタフマンが税込み150円。タフマンG1000は税込み180円)
30年前までは全く蔑称でも何でもなくふつーに用いていた名称で敢えて書くが、

朝鮮人参エキス含有量

・タフマン         →  100mg
・G100(現:スーパー) →1,000mg

なんと、わずか30円で10倍になる!

良い物(原材料)を使っているのだが、このご時世だ。180円はちとしんどい。
また、タフマンG1000は「独特な」芳香があった。クセが強い系なので、
初めて飲むと、リピートする気になる人はかなり少ないと考える。

わたくしも10本くらい飲んで、やっと馴れてきたと思ったら終売。
そうヤクルト売りの方はおっしゃった。

「今度リニューアルします」

出てきた商品は何のひねりもない「タフマンスーパー」
確かに飲んだ時の口中に拡がる独特の「クセ」のある芳香は殆ど無くなったのだが、
開栓した時に、その名残である香りがほんのりとする。

さて、ラベルを見ていただくと…アレ?
L-カルニチン
が無くなって居るではないか…

これがクセのある香りの原因だったのかよく解らないのだけれども、
単純に「コスト縮減」したような気がしてならぬ。
個人的には「タフマンスーパー」を買う事はもうあるまいて…



まぁ、スーパーも人参エキスの量はそのままなのだが、
人間、「薬くさい」方が「効いたような気がする」ので、
リポビタンゴールド(第2類医薬品)などはそのような芳香にしてある。

バブルの頃のようにユンケル1本(箱入り)三千圓のものが飛ぶように売れる事はもうないが…
あれはガチンコで生薬をアルコール抽出(チンキ法)した物を入れているので、
それなりの芳香がする。

リポビタンゴールドの価格(約300圓)で同量の生薬なんぞ入れられる筈もなく、
リポビタンDよりは「効いた」と思わせるには、其れなりの細工があるんだよ。

大正製薬からすると、そこまで言うなら「ゼナ」を買って…となるのだろうけれども、
大枚を叩く場合、「ユンケル」というネームバリューには勝てないなぁ。

マイナーでも、知る人ぞ知る「キヨーレオピン」(湧永製薬)は
全く方向性が異なるから(ドリンク剤ではない)比較対象ではないし。

しっかしまぁ、湧永製薬の商品、地元のわたくしとて「聴いた事がない」名前がずらりだな…



あのぅ…先ほど佐藤製薬のHPを見てきたら「たまげた」よ…

180円の商品について、ごにょごにょ書いた私の「小物」っぷりが身に染みた…

« もや~ん…(国民の祝日:文化の日) | トップページ | 千福 神力純米無濾過原酒生もと造り(広島県呉市:三宅本店) »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もや~ん…(国民の祝日:文化の日) | トップページ | 千福 神力純米無濾過原酒生もと造り(広島県呉市:三宅本店) »