2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

おくすり大好き人間、なので

べっ、別に今放送している某地方都市を舞台にしたアニメーションの
タイトルを意識したんじゃないからねっ!


書いている本人が「気色悪い…」と思いながらも書いてしまったので、
消さずにそのままにしておこうそうしよう。
→五拾字抹消 平成23年11月27日

どう考えても気持ち悪い。昨夜も寝付きが悪かった。
大体、タイトルも微妙に真似るのを間違えていた。
ここが引っかかってたんだな。多分…
なんか(気にする所が)違うような気もするが、まぁ宜しかろう…



注意!
以下の内容は、特定の医薬品を推奨するものではなく、
また、市販薬によるセルフメディケアを強く推奨するものでもない。
説明文にある「用法・用量」を厳守しても症状が改善しない場合は、
医師の診察を受ける事を強くお薦めする。
(重篤になるまで、主原因たる疾患を発見出来ない可能性がある)


さて、過日右肩を強打して以来、痛いモノは痛いのだが、
急に寒くなったからか「おはようからおやすみまで」じわじわ痛いのである。

肩こりも酷く、寝ている間に「肩こり」を生じているという謎な状態のため、
恥も外聞もなく「サロンパスAe(R)」を貼って職場に行っているのだが、
きっと素敵な芳香が漂っているに違いない。まぁ、首筋に貼る日もあるので
その時は丸見えだが。

痛いモノは痛い。昔ならば「我慢しなさい」だったのだが、
薬を使ってでも痛みを取った方が生活度向上になるので、
ある程度の服薬は宜しかろう。※あくまで私見です。
(もちろん、市販薬を延々と飲み続けるのはNGである)


(商品名は各社の登録商標です)

前置きが長くなった。
本日、ドラッグストアに行ったのである。
問答無用で「ロキソニン(R)S」 12錠 680圓を購入するとして、
市販薬最強クラスを常用するのを良しとしないわたくしは、
鎮痛消炎薬の棚の前で色々箱を手にとっては「成分」を読んでは
思案していたのである。

思案の結果、候補は以下のとおり。

・サリドン(R)Wi(ダブルアイ) 1回1錠・1日2回 20錠入 約1500圓(10日分)
・サリドン(R)Ace(エース)      1回2錠・1日2回 32錠入 約1000圓(8日分)
・エキセドリンA錠      1回2錠・1日2回 40錠入 約1400圓(10日分)

サリドンWiは最近、効果が薄れつつあるが、わたくしという個体には
効果がある。しかし他の物も試してみたい。
エキセドリンAは主成分アセチルサリチル酸アセトアミノフェンの配合。
サリドンAceはエテンザミドが入っているが、「ブロモワレリル尿素」も入っており、
ナロンエースイブプロフェンをアセトアミノフェンに置き換えたような物。
ナロンエースはかつての常備薬だったのでパス。

エテンザミドは体内でサリチルアミドになるが、
サリチルアミドをそのまま配合する消炎鎮痛剤(市販薬)は今の所、
ドラッグストアで発見出来ていない。
(総合感冒薬なら、エスエス製薬の「エスタックW」がある。PL配合顆粒に近い配合)

サリチルアミドは風邪で処方される典型の「PL配合顆粒」に入っている。
サリチルアミドは強力ではないものの、持続的に(地味に)鎮痛作用を発現する。
また、無水カフェインは眠気防止ではなく、末梢血管を拡張するので、
相乗効果を期待して配合されている。

何て事はない。よくある「ACE処方」と云われるものである。
ただ、何故サリドンにしたのか?それは一日2回の服用で良い!
これは、サリドンWiも同様である。

(平成23年11月27日(日)追加)
昨夜開封したサリドンエース…
つぶがでかすぎるんじゃぁ~
直径11mm、厚み5mm
服薬が一日2回で済むのは、こういう事だったのか。
「一日3回と、どっちが良い?」ではあるが…



結局、サリドンエースを買って帰ったのだった…
価格と「何日分になるのか」を売り場で計算してしまう癖も、そうさせた。

第一三共ヘルスケアには、随分とお布施をしたものだ。
過去のエントリーをご覧いただくとよく解る。
それだけ、市販薬メーカーが絞られてきた事と、
市販薬でも、どの分野に注力しているのか推定出来る。

しかし、第一三共ヘルスケアは「風邪薬」をどう収斂するのだろう?
藤沢薬品工業から引き継いだ「プレコール」シリーズを残したままには
しないだろう。

なんたって「ルル」のネームバリューは半端無いからなぁ。

2011年11月16日 (水)

不具合は連鎖すると云いますが…

・和蘭陀フイリップス社製イエレトリツク・レザー(電気剃刀)

トリプルヘッド(回転刃が三枚付いている)が顔の起伏に合わせて動くとは云え、
可動部基部が「樹脂」なので、回転刃は全く正常も、可動部(フレームユニット)が
駄目になった。二千圓。

・続:スクーターの前照灯

下向き側電熱線断(球切れ)。想ったよりもお高く、弐千参百圓。
アッパーライト側のフィラメントは正常なので、
照射を遠方に切り替えればよいのだが、対向車大迷惑。
しかし、無灯火は危険であるし、整備不良で1点付与されるのは、はづかしい。
これは渋々でも直さなくてはならない。

・続々:全自動洗濯機の回転不足

以前つかっていたブログで写真付きの詳細な解説を書いたが、
復元する気力がない。
洗濯槽を廻すベルトが伸びて、張り不足。調整代があるので張り調整も、
作業に支障する電動機制御線コネクタ再接続忘れのため不動。
再度洗濯機を横倒しする。本日零時参〇分頃の出来事。
脱水する物が残っていたため、日延べも出来ず…
此奴は零圓で直ったが、近日中にベルトを新品交換せねばならぬ。

・新:パソコンのDVDドライブ不具合

長期に渡り読み書きさせると、何時かは駄目になるのが光学ドライブ。
(ピックアップが駄目になりやすい)
旧ソニーNECオプティアークの優秀機AD-7200Sは入手困難。
現行のソニーオプティアークは自社設計ではないので代替にならず。
抑も参千圓ではメーカーもやってらんないわな…
Blu-rayドライブに交換も宜しかろうが、性能を鑑みるとパイオニア(又はOEM品)一択。
暫く様子見。騙し欺し使う。勿論書き込み用途では怖くて使えない。

・奮闘篇:スクーターのブレーキパッド寿命到来。

自力で交換。部品代弐千圓強。重要保安部品なので、
支弁に窮していなければ、素直に単車屋さんへ依頼を。
命にかかわるから。

・望郷篇:スクーターのタイヤの溝が前後とも少ない。

雨降りは怖くて乗りたくない…
しかし、命にかかわるから、腹くくって近いうちに交換する、
というか「交換しなくては危険」

・柴又慕情(注:ブログの中の人は歴とした廣嶋縣民です)

スクーターのバッテリー、寿命。良く五年持った。取り敢えずGS湯浅を褒めておく。
へぇでネット通販で七千圓の物を入手。125cc用の密閉型蓄電池としては安め。
AC-DELCOってGM系だったんだ…もう千円追加してBOSCHにするんだった。
普通に使えているので不満はないが、亜米利加企業というだけで…
(GS-YUASAもBOSCHも中国産品だから、大差無いんだけどな。気分の問題)

どうだ。まいったか。今回はリンクも張らないから、
総てを体験した本人以外、意味不明。真にチラシの裏の落書き。
さて、風呂入って今日中には寝たいと想うが、
色々やっているとまた日付が変わっているな…

2011年11月 8日 (火)

特別おまけ…

この頃には既に、バンバンにやらかしてたんだな。
現場に金を落とさず、自らのポッポ(懐)に入る金(役員報酬)だけに
執着していたってこった。会社が飛べば(倒産するの意)お終いだから。

こんなのが「コンプアライアンス
(わたくしが大っ嫌いな横文字で煙に巻く手法)
なんて言葉を使っているのだから、ちゃんちゃらオカシイ。
まぁ、ここの「頭だけ偉い人」は「法令尊守」してたんだとさ。

此処の幹部にとって「ステークホルダー」は株主(出資者)のみらしい。
あのね、「顧客」も「従業員」も立派な「ステークホルダー」なんですけれど…

1

(NHKで報道され、社長が記者会見した後。11/9現在のトップページ)

やはり学舎に火炎瓶を投げていた世代はやる事が違うなぁ。
最期まで誤魔化しきれると思っていたのだろうから、お目出度い幹部連中だったと。

わたくしは恥ずかしくて真似出来ません。「恥」という物があるからな。一応。
(常識とか良心といっても宜しかろう)

結局、まともだったのは、たたき上げだった元社長
顧客のみならず、従業員まで顧みる事が無かった組織の帰結。



どーでもええんじゃが、ひとこと。

我々(ユーザ)は一体これからどうすればいいと云うんだ。
君…

(またか~)

まぁ、壊れるまでは使うから、じっとしているだけですけれども。

千福 神力純米無濾過原酒生もと造り(広島県呉市:三宅本店)

P1010117j

去年から「神力」という米を使った商品を作り始めた千福。
正直、すでに神力でお酒を造っている酒造会社は既にあったので、
個人的には「時流の後追い」という見方をしていた。

昨年は精米歩合70%と85%の二種類を販売。85%は入手できなかった。
今年は春頃に精米歩合65%のみを出してきたので、
千福直売所「ギャラリー三宅屋商店」で其の事を悔しがってみた所、
「あれは昔の作りを正直にやり過ぎたので、売り方に苦労した」と云われたのだが、
そのときにはすでに「隠し球」があった訳で…

本品はここ数十年、「小綺麗」「安酒」「高すぎて買えない」「スペックオタク専用」の
印象ばかりのお酒を造っていた”千福”が変わろうとしている事を示したものとなった。

P1010120j

・「ひや」で呑んだ感想

酸味・苦みとごく僅かな甘み。うっすらとした山吹色。
竹鶴をもの凄く解りやすくした味。
原酒なのでアルコール十九度。しかし、舌を刺さない。
このあたりも含めて「良くできている」

・「上燗」で呑んだ感想

「ひや」より口当たりがよい。苦みが取れ、食中酒に良いのではないか?
食事を邪魔しないお酒になる。

近々もう1本買って、冷蔵庫で2~3年寝かせても面白いと思った。
720ml入 ¥1,575-



個性の強さで並べると

竹鶴>龍勢 黒ラベル(藤井酒造:竹原市)>千福 神力米純米無濾過85生もと造り
だろうから、これが大丈夫ならば「竹鶴」も大丈夫であろう。

しかし、「竹鶴」の「生もと」は本当のガチンコ勝負ものだからな。
「蔵付き酵母」(酵母を添加せず、蔵の空気中に漂う酵母と乳酸菌を頼りに)でやっているから。



中堅蔵の千福(三宅本店)という「会社」がよく許可したものだと感心した。
これはちょっと…」という物も出てくるが、これからの人にやらせてみるのは良い事だ。
ただ、「色々な味のお酒」を造らせるのはよいが、これからの千福の「味」について、
一定の方向性は示して貰いたい。

うちの規模なら「如何様にも造れます」と取られかねないよ。

2011年11月 6日 (日)

タフマンG1000(ヤクルト本社)

(名称は各社の登録商標です)

J

不遇だった商品。抑もリポビタンDがコンビニで買えるご時世に、
定価売り(普通のタフマンが税込み150円。タフマンG1000は税込み180円)
30年前までは全く蔑称でも何でもなくふつーに用いていた名称で敢えて書くが、

朝鮮人参エキス含有量

・タフマン         →  100mg
・G100(現:スーパー) →1,000mg

なんと、わずか30円で10倍になる!

良い物(原材料)を使っているのだが、このご時世だ。180円はちとしんどい。
また、タフマンG1000は「独特な」芳香があった。クセが強い系なので、
初めて飲むと、リピートする気になる人はかなり少ないと考える。

わたくしも10本くらい飲んで、やっと馴れてきたと思ったら終売。
そうヤクルト売りの方はおっしゃった。

「今度リニューアルします」

出てきた商品は何のひねりもない「タフマンスーパー」
確かに飲んだ時の口中に拡がる独特の「クセ」のある芳香は殆ど無くなったのだが、
開栓した時に、その名残である香りがほんのりとする。

さて、ラベルを見ていただくと…アレ?
L-カルニチン
が無くなって居るではないか…

これがクセのある香りの原因だったのかよく解らないのだけれども、
単純に「コスト縮減」したような気がしてならぬ。
個人的には「タフマンスーパー」を買う事はもうあるまいて…



まぁ、スーパーも人参エキスの量はそのままなのだが、
人間、「薬くさい」方が「効いたような気がする」ので、
リポビタンゴールド(第2類医薬品)などはそのような芳香にしてある。

バブルの頃のようにユンケル1本(箱入り)三千圓のものが飛ぶように売れる事はもうないが…
あれはガチンコで生薬をアルコール抽出(チンキ法)した物を入れているので、
それなりの芳香がする。

リポビタンゴールドの価格(約300圓)で同量の生薬なんぞ入れられる筈もなく、
リポビタンDよりは「効いた」と思わせるには、其れなりの細工があるんだよ。

大正製薬からすると、そこまで言うなら「ゼナ」を買って…となるのだろうけれども、
大枚を叩く場合、「ユンケル」というネームバリューには勝てないなぁ。

マイナーでも、知る人ぞ知る「キヨーレオピン」(湧永製薬)は
全く方向性が異なるから(ドリンク剤ではない)比較対象ではないし。

しっかしまぁ、湧永製薬の商品、地元のわたくしとて「聴いた事がない」名前がずらりだな…



あのぅ…先ほど佐藤製薬のHPを見てきたら「たまげた」よ…

180円の商品について、ごにょごにょ書いた私の「小物」っぷりが身に染みた…

2011年11月 3日 (木)

もや~ん…(国民の祝日:文化の日)

其の昔は大帝のお誕生日でした。



さて、去年はこんなんでしたけれども、ここの所休日は天気良くない…
昨夜までは「晴のち曇」だったのに、今朝になってみると「曇のち晴」予報。

結果は以下のとおり。

P1010038j

そりゃまあ、夕方には晴れましたよ。一応…

P1000925j

「DDH182 いせ」は去る10月30日(日)に一般公開されましたが終日雨。
晴れたら見に行く所でしたが、なかなかご縁がありません。

P1000948j

「退役艦(ひえい)」は現在も留置されています。
ひょっとしたら、部品取り用として残しているのかもと邪推したり。
砲身を外しただけの様にも見えるし。(中の人ではないので真相はナゾ)

P1000902j

上から見ている最中、巡視船くろせが帰ってきました。
颯爽とターンして係留場所に入りつつある所。
この写真を撮る頃から、雲が少なくなってきたんだよ…

P1010050j

さて、何を覗かれるのか…
ここ、夏は蚊、まむし、通年でイノシシなど色々いらっしゃるのでね。
取り敢えず、落書きはやめようよ…

P1010082j

秋の花粉症を認めたくなかったため(というか、耳鼻科人多すぎで行きたくなかった)
初秋から体調不良で自重。先月は週末になるとお天気悪すぎ。
気がつくともうこんな時期ですよ。
あと二箇月無いんですよ。今年。一体どうすれば良いんだよ、君…
(と、他人に振った所で何にもならないのではあるが。)

まぁ、淡々と月日は過ぎて行くのです…

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »