2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« わたくしは,およそSNSには向かないようだ… | トップページ | 鋭意作業中… »

2012年1月10日 (火)

HDDのMBRが飛んだ模様…

といわれても,分かる人にしか分からないタイトル,なので。
カテゴライズも「いじり系」は適切では無いと思っている。



さて,2.5TBHDDがある日突然(といっても昨夜)
「このディスクはフォーマットが必要です(Y/N)」と云うウインドウが出るようになった。
コンピューターのハードディスクのプロパティを見ると,
フォーマット形式が「NTFS」から「RAW」に変わっていたのである。

要はファイルにアクセス不能になった。原因は「マスターブートレコード(MBR)」が
何らかの電磁的要因により「異常」となったため,PCからはファイルの在処が分からない
状態になっている。
つまり,バルクHDD(メーカー出荷時の未フォーマットHDD)お買い上げ直後だろう?
とWindowsのバカが云うのである。

ちょっと前まではMBRが飛べば(アクセス不能になれば)データは
パー
という事で泣く泣くフォーマットを決断していた物だ。



然し,今回はちょっと諦めるには惜しい。何とかならんか?と思い検索サイトで捜した処,
世の中,「こんな時のために造っておいた…が役に立ったよ」
なんて科白が云えるツールをこさえてくれてた(作ってくれるの意)方がいらっしゃる。

と云う訳で,TestDiskという物を試してみている。

(参考映像)
120110j

※ま,背景画像は毎度の如く「気にしたら負け」なので,脳内でブルーなり櫻なりに変換していただく。

詳しい方法は,興味があれば「ご自分で」調べて下さい。
正直,このツールを使う事自体クリティカルなのだが,フォーマットする位ならば
やってみる価値はあるだろう。なノリでやっちまっているから。

問題は,殆どのサイトで「Intel-PC」を選ぶと良い。と書かれているが,
x86-64 (Windowsの64bit版)かつ「NTFS」の場合,上手く行かなかった。

個人的には「Intel-PC」という表記が気に入らないのだが,
PC/AT compatible machine」と云われても「訳分からん」世代が
全世界的に多数派となったのだろう。わたくしも年寄になったのだ。
(江戸時代ならば,人生50年だったので35位から「いんきょ」になったものだから…)

◇閑話休題

うちの自作PC/AT互換機は,UEFIは実装されていないものの,
2.0TB以上のHDDはマザーボードとOS両方が対応していないと「使えない」ため,
現在2.5TBのHDDが「使えている」から「UEFI搭載PC」にしてリトライ中。

実は,本文を書く前,もう1回目の復旧作業をやっちゃったのだ…
しっかりexFAT のパーティションが見つかりました。復旧しますか?と出た。
フォーマットは「NTFS」なのだが,おかしいなぁ…と思いつつも強攻策を採った。
(全部英語表示。中止の選択肢もあったが強行)
結果は(ノд・。)

駄目もとで2回目に挑戦だ!
(MBRを書き換えただけの筈だから,データの記録自体はクラッシュしていないと判断)



このTestDiskはHDDのMBRの残骸をスキャンして,MBRを正規な状態であろう情報で
上書きするため,素人にはお奨め出来ない。

本文がちんぷんかんぷんの方は,PCに詳しい人に相談するか,諦めましょう。
と,云う訳で2330現在もHDDを解析中。寝る。では,

健闘を祈る。

« わたくしは,およそSNSには向かないようだ… | トップページ | 鋭意作業中… »

いじり系のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わたくしは,およそSNSには向かないようだ… | トップページ | 鋭意作業中… »