2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 鋭意作業中… | トップページ | 二百九分の一〇 »

2012年1月14日 (土)

中止・中止・中止…(TestDisk)

TestDiskを使うと云う事は,一回こっきりの勝負なので,
前回
の時点で「詰んでいた」(MBR書き換え→不調→リトライの流れ)

元々,駄目もとではあったのだが,「いじり系のはなし」カテゴリーに記述した限り,
結果も書いておかないとなぁ…

Windows(R)のブートドライブでは無い限り,UEFI未対応のマザーボードでも,
2.1TB以上のHDDを利用できるのだが,復旧の際に困った事となる。
「Intel-PC」を選択して解析の結果,「NTFS」フォーマット・1パーティションの筈が,
exFAT」のパーティションが3つあるとの解析結果だった。
わたくしの目論見通りに解析して貰えず,不調に終わった。

やはり2TB以上のHDDを使用する場合,UEFI対応環境で使うのが無難なのだろう。
この点は,過去を(ユーザごと斬り)捨てた"Intel Mac"に一日の長があった。
なにせ,「OSとハードウェア(パソコン)」両方がEFIに対応していないと,
今回のようにトラブった場合,面倒な事となる。

OSはWindows(R)であれば"Vista SP1"以降または"Windows(R)7"
マザーボードはIntel(R)であれば,6シリーズ以降のチップセットの物ならば
「ほぼ」大丈夫だろう。(例:Z68,H67,P67など)
”ほぼ”というのは,初期P/H67マザーの中でも,EFI未対応のものがあるから。

さて,どうしたものだか…
(結論は出ている。フォーマットするしかない)
ふつーならば,2TB以上のHDDは滅多に必要とならないだろうけれども,
写真(RAW DATA)とか,動画系は容量が必要だからなぁ。



最期にこれだけは書いておく。
無料の復旧ツールだけでも,結構な所まで出来るものだ。
HDDを売りに行く(中古買い取り店に行く)場合は,データを確実に消去すること。
(ごみ箱→ごみ箱をからにする。だけではNG)

初期化も削除もせずに売りに行くならば,買い取り側の対応を信ずるのみである。
Windowsで「クイックフォーマット」しただけならば,データ復旧は単簡である。
それ目的で中古HDDを買い求める御仁もいらっしゃるのだ。御用心御用心

« 鋭意作業中… | トップページ | 二百九分の一〇 »

いじり系のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鋭意作業中… | トップページ | 二百九分の一〇 »