2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 臀部痛が軽快となった | トップページ | デジサポに訊いてみた »

2012年2月 8日 (水)

一寸裏山を登ってきた

P1292109j

あゝ,昨年から「週末はてんきわるい」事が多いな。
晴天の日は「ご用」があって動けなかったりとか,巡り合わせもあるけど。

少しは歩かないと”いかんろぉ~”(益田弁らしい)というわけで,
こんな天気の中,山中徘徊を実施した。

P1292154j

自宅からゆっくり歩いて15分もあれば「荒廃里道」に到達する。
平成22年7月の雨で状況は更に悪くなった。

P1292157j

まぁ,真夏には来たくない。荒廃した田なのだが,
水が良く集まるのだろう。イノシシが泥んこ遊びするには微妙らしい。
こう謂う所には高確率で「蛇」がいるのでね。蚊もでるし。

P1292147j

コンクリートを現場練りしたのはよく分かった。
練ったら90分以内に打設しなければならんからな。
セメントは化学反応で硬化するんです

しかしなぁ…「道具」は「放棄」するなよ当時の施工業者…
(昔の俗に謂う「チャンガラ工事」ではありがちだった)

この付近まで,15年ほど前に「コンクリート舗装」をしたのだが,
一部「不同意」だった箇所は未舗装。結果雨裂になったね。

P1292173j

それでも「鉄塔道」だと,必要最低限の維持管理をするのが
電力会社。東電はとんでもない会社だが,だからといって
発送・発電を分離すると”みかか”みたいになるのは必至。
どっちを選ぶかは政治屋とか世論とかの結果によるのだろうけれども。

P1292180j

と,謂う訳で「鉄塔」に着いたのである。
だから「昇らんって」(わたくしは)…
しかし,昔の子供ならばやりかねなかった。

P1292208j

来た道を戻るのは残念すぎるので,もう少し歩く。
我が地元の「電波塔(運用終了)」に至る。

面白いことに,我が地元では,この電波塔にアンテナを
向けている家が多く,且つ「地デジが視聴できている」のだ。
反射波を拾えていると考えられる。

実際,ここ数年電気店に依頼し,八木・宇田アンテナを新設・更新した場合,
広島親局送信所もしくは大柿局に向けているのである。
※なお,大柿局は「垂直偏波」なので,アンテナ素子は地面に垂直になるよう
設置しなくてはならない。

ただなぁ…どの送信所がどの「偏波面」なのか,一般人が調べるには
大変わかりにくい。これはひどいなぁ。
まぁ,「地デジ化」は家電業方面への「援護射撃」の側面もあったからなぁ。

総務省のHPも「デジサポ」のHPも検索するだけ「時間の無駄」である。
それくらい「分かんない」所に「ひっそりと」資料がある。
これでも彼らは「HPで公表していますよ!」と言えるのだからなぁ…
(たしかに資料は公開されているから,「不親切」なだけと謂えばおしまい)

P1292215j

ところで,この「味のある字体」は良いね。
コンピュータが発達していない時代だったからというのもあるけれども。
それに比べると,現代の銘板はなんと味気が無いものか。
(ちなみに”UHT”は現在の”HOME”である)

P1292225j

さて,問題は「下り」にある。
この区間だけ「足下注意」なのだが,こちらを通った理由は,
「反対の道を降りると,出発点に近い所に戻る」からである。

P1292226j

しかしまぁ,折角ならば「植生土のう」を使って戴きたかった。
普通の「土のう」は踏むと滑るよ崩れるよ…なんだな。

P1292260j_2

さて,今回はイノシシを目撃するどころか,
寒すぎて鳥の活動も不活発であった。
降りてきた所だと「広島親局送信所」がよく見えるので,
こちらに八木・宇田アンテナを向けると,
わたくしの自宅での受信不安定が解消されると見込まれるのだが,
その話はまたの講釈にて。
(次回は”デジサポに訊いてみた”を前向きに検討している

※一般的に「前向きに検討する」は「答弁用語」であり,
実際は「それらしいことを検討してみる≒予定は未定」という程度の
「軽い言葉」になっているのが実情。

« 臀部痛が軽快となった | トップページ | デジサポに訊いてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 臀部痛が軽快となった | トップページ | デジサポに訊いてみた »