2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

今月の活動が不活発であった件について

(時間がない人向けの解説)

小型二輪車(AT)搭乗中,已む無く急制動した結果転倒,
右肩脱臼+剥離骨折した。



転倒後三週間経過。
右手が使えず,最近少しキーボードが打てるようになったものの,
右肩を「自分の意志で動かしてはならない」(他動による物なら良い)
つまり,筋肉の収縮により「腱」が動き,結果関節部が転位するのだ。

昨日の診察により,主治医に「右腕をちょっと使った」事が露見した。
先週のX線写真と比較して「約2mmの転位」を確認。
「写真」という「客観的な証拠」はだませない。

許容範囲とはいえ「これ以上転位すると手術ですよ!」と念押しされた。
(手術となれば入院1箇月確定)

ま,そんな訳で更新不能であった。
この間のネタは沢山在るのだけれども…

2012年3月 2日 (金)

平成24年2月26日(日)の呉駅付近にて

P1020112j

ご覧の通り,呉市交通局は3月31日限りで廃止となりまする。
4月1日(日)からは「広島電鉄」が運行します。塗色も順次変わります。
(広島市内で謂う「緑バス」色)
尤も,車齢20年弱のものも多く,新車も数十台投入される見込みです。

P1020121j

この度の交通局廃止に伴い,其の従業員全員が自動的に
「広島電鉄」社員とはなりませんでした。
(交通企業が無くなる→ 形式上全員契約解除
→ 広電による「採用試験」合格者が「広島電鉄」に雇用される)

このことで,退職者には「退職金特盛り」があることから,
広電に行かないという「選択」をした方もいらっしゃるので,
「運転士(正社員)募集中」です。
大型自動車第二種運転免許をお持ちの上,
長距離トラック運転歴などがある方はチャンスかも知れませんが,
民営バス運転士のお給料は「交通局」より遙かに下まわりますので,
どっちが良いのかは何とも言えませんが,
安定性+「食べて行ければ其れでよい」を選ぶ方にはチャンスです。

なお,大型自動車第二種免許を取得するには,
現在,大型自動車第一種免許取得後に第二種免許を受験するため,
教習場で取ると約50万円かかります。
(中型自動車免許が創設される前は,大型自動車第一種の「仮免許」取得時から
大型自動車第二種の受験が出来た)

免許を取っても,筆記+実技+α(選考)があるので,
着時間厳守が求められる「長距離トラックドライバー」経験者は有利なのだ。
(豊田市に存する会社が「道路上を倉庫にする」事を考案したので,
着時間厳守。早着は入場出来ない。遅延は「罰金」(下手したら”ラインが止まる”))

※なお通常,広電は「契約運転士」→「正社員運転士任用」への道を経る。



P1020167j

まぁ,人口23万人の某地方都市とは云え,「海上自衛隊」の基地および
重厚長大産業もあることから,人口の割に「駅前」発着のバスが多いので,
日曜ダイヤでもひっきりなしにバスが来る。
折角なので某地方都市銘菓の一つ「鳳梨萬頭」でもどうぞ。

P1020178j

さて,呉探訪ループバス(くれたん)の「黄色」である。
「赤色」もあるのだが,平日は焼山循環(路線バス)として運用されている。

呉市が「交通局」に運行させているものだが,
実態は「真っ赤っか」なので,交通局も「政治」の被害者とも言える。
公営企業も数十年やると,一部の大企業の様に「熟しすぎた」ものになる。
国鉄も然り。(国鉄は政治・組織・組合全部で自滅に至った)

広島電鉄は呉市との協定で「引き継ぎ後2年間を事業見直し期間」とし,
その間は「現状の路線と運行本数を維持する」となっているが,
平成26年4月以降は「路線廃止と更なる減便」が予想される。
(但し,廃止された広島空港線は東広島呉自動車道全線開通により復活するかも)

まぁ,一気に塗り替えとはならないだろうが,3月末にどれだけの祭りとなるのか
期待する。(3月31日は(土)なので…)

あゝ,「ボンネットバス」の所有権だけは「呉市」のままとなり,
広島電鉄に「貸与」という形になるとのこと。
契約形態から塗色変更不能だろうから,当面は安泰と考える。
焦るこたぁ無い。
(但し「呉市交通局」の「交通局」はパッチされるかも。酷鐵廣島のように)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »