2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 心が痛いと想う時 | トップページ | 「けんりゅう」が来ましたが… »

2012年4月15日 (日)

公共交通機関利用者になって解った事

P1000373j

※内容に見合うよう改題した(H24.4.15)

旧来型(2ステップバス)が如何に健常者の事しか
考えていなかったのかよく解った。
また,4月1日からの「運行表」は,「結構な運転」を
やらないと「定時運行」出来ない。

これ,交通局が昔減便した際,少ない車両で如何に
「廻すか」(成り立っているように見せるのか)を
机上でやっちまった結果なのだ。

実際,広電基準の運転だと,常時遅延が生じている。
年配者や体の不自由な方の乗降に時間がかかる上,
「敬老優待証」を「いきいきパス」(パスピーの一種)に
切り替えるにあたり,碌に周知もせず「送りつけた」結果,
トラブルが頻発している。
・カードにお金をチャージしていない。
・抑も「電子マネー」自体を知らないし,知ろうとしない。
・「パスピー」の一種なのに「商標利用料」でも取られるのか知らんが,
 「パスピーマーク」がカード表面に全くないので,
 「銀行のATMでチャージ出来ます」と云われ,ATMに行くと
 「PASPYチャージの方」と表示されているので,チャージ出来るのか
 解らない。
・某地方都市のメインバンクが「広島銀行」なので,
 「広島銀行のATMでチャージ出来ます」のチラシを配布するも
 実際は「広島銀行のチャージ対応ATM」でないと使えない。
 (セキュリティチェック用手認証ATMが隣にあったりするので…
・そして「地元の信用金庫にもチャージ対応ATMがある」事は
 わたくしが知る限り,周知されていない。

そして「旧交通局からの移籍組」は苛つくのである。
今日,年配の乗客に「じゃけぇ駄目なんじゃ!」と云っていたし。
※旧「優待証」は「見せて100円を投じる」方式だったので,
 それ式を頑なに続ける方に対して。
 気持ちは解らないではないが,先ず「説明責任」を果たしていない。

だから常時遅延が生じている。
スカスカダイヤにしているのだから,運行所要時間を変えれば
良かったのだが,「移行前6箇月から広電運転手+移行担当」と
運行し,遅れがなかったから其のまま引き継がされた。

これでは「広電」も「乗客」も堪った物ではない。
本当に硬直化した「組織」だったんだよ。

こういうのをやらかす者を「俸給泥棒」と云うのだ。
しか~し,三セクで失敗しようが,箱物行政で財政悪化させようが,
担当者の首は飛ばない。「免職」は相当な「犯罪」でもやらない限り
あり得ない世界。それが「現代の官」である。

昔の役人は「民間に較べ,官公署は申し訳ないくらいぬるま湯だ」と
自覚し,せめて職責を全うしようとしていた物なのだが…

※公務員には「職務専念義務」があります。法律に書いてあるし…

地方公務員法
(昭和二十五年十二月十三日法律第二百六十一号)


(職務に専念する義務)第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない

赤文字部分は本来,職務時間中は「副業やっちゃ駄目」の意なのだが,
拡大解釈できるなぁ…
「責を有する職務にのみ従事すること」

ひいては「職責担任外の事はやらなくても良い」と…



 まあね,4月1日から酷轍廣島ばりの「パッチワーク」により
無理矢理「広島電鉄」呉バスカンパニー車両になったのだが,
8月中を目処に順次塗色変更されるため,
ある意味混沌としている記録となろう。

P1000371j

(一番右が辰川行きに充当されている新車)
広電バス(右と中央)および中国JRバス(左)
低床形が増えるのはよい。
でも,低床形は「椅子」が少ないからなぁ…

乗降が楽なのは有難いのだが,最前席は前輪の上に
ちょっとかぶるから,2段の階段付き。
前輪部分が「デッドスペース」になるのがなぁ…

某地方都市は坂が多いので,「ワンステップバス」も入れようよ。
(ノンステップは車高が低いので,車両の腹を打つ可能性がある)

P1000374j

と,云う訳で「いすゞ ERGAmio」なのだが,
作っているのは「ジェイ・バス株式会社」だから
HINOといっしょなんじゃぁ~

まぁ,こうなったのも三菱ふそうの自滅がいけんかった…
坂の多い某地方都市では,「リコール隠し」は論外なのだが,
「力強いエンジン」が運転手に喜ばれていたのだ。

嘗て,坂の多い路線は「三菱ふそう」車を充当していたのだ。
たま~に「日産ディーゼル」の車も来たが,
当時エンジンに力がないとされた「日野自動車」は
比較的平坦な路線に充当されていた。
世の中,変わったんだな…

P1000428j

呉市交通局の車両番号は実に分かり易く,
H983=Hinoの1998年購入3台目。
リアビューカメラは「広電」になってすぐ交換された。
(旧式CCDカメラ+白黒ブラウン管モニタ
→カラー液晶モニタ+カメラ)

カメラを変えた→「まだまだ使います」宣言だな…
まだ14年目ですしね…

流石に20年越えの車は消え去って貰いたいなぁ…
(島嶼部行きは06-08年頃の低床形,
宮原線は92-93年頃の車両が今の所多い)



映像機器が安くなったとは云え,
カメラくらい交通局が付けて渡せよ…
ったく。今後は「呉市」が「広電(民間会社)」に
「補助」(税金)を投入するのだから,
先か後かの違いだけだったのにな。

こんな事もせず,人身事故(死亡事故)をやった途端,
「ドライブレコーダ(車内も撮影するタイプ)」は即行で取り付け。

交通局の「お客様の声」(投稿欄)にクレームが
沢山寄せられた時,車内記録を反閥に利用したりもしたな。
(あの発言は運転士ではなく,他のお客様の声で…とか)
民間では,余程重篤な案件で無い限り,
安易に「乗客の強制された記録」なんて公開しないのだよ。
正に「官」。いや,まだ本物の「官公署」の方が遙かにマシ。

其れくらい,呉市交通局の体質は酷かった…
(ここ30年軽く赤字で呉市から補助おかわりだったしな~)

« 心が痛いと想う時 | トップページ | 「けんりゅう」が来ましたが… »

のりもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心が痛いと想う時 | トップページ | 「けんりゅう」が来ましたが… »