2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今期のJOBK制作 朝の連続テレビ小説について苦言を呈す | トップページ | じゃあなんで「キーボードさわれとんのじゃ?」と云われる前に。 »

2012年11月 4日 (日)

右肩というか,右上腕部が痛いのです…

最近,調子に乗って「鎌で伐採」なんてやっちまったのが悪かったのか,
数日続けて右を下にして眠っていた模様だったり。

鎌は切る物に対し入角が正しければ,力は殆どいらないから。
ただ「腕を振る」動作がまずかったのか…
(6週間固定したため,上腕部の筋肉がごっそり落ちているから
鎌を振り回すだけの「力」は必要)

右を下に(横向きに)眠ってしまったのもまずかった。
まだ,右腕付け根(関節)に体重がかかると痛いしな。
でも,眠っている間の出来事なので,起きてみないと判らん…

昨日は涙ながらに行動を自重したが,其の甲斐も無く,今朝はさらに悪化した。
やはり,帯状疱疹治癒六箇月以降の痛みと同じく,
「炎症」等ではなく,「末梢神経の損傷による」痛みなので,
抗炎症系統の薬物では軽快とならない。

オムニード ケトプロフェンパップ(テイコクファルマケア)を使っても,
それほど効果が出なくなってきているのを体感するこの頃。
最初に救急車で運ばれた総合病院の医師は,適切な処方を
してくれていたのだけれども,何時までも行く訳にはいかんのだ。
通勤災害の手続きとか,頃合いを見計らって切っておかないと面倒なのだ。

その頃の処方
・ノイロトロピン錠4MU 朝・夕1錠
・ロキソニン錠60mg 朝・昼・夕食後1錠
・ムコスタ錠100mg 朝・昼・夕食後1錠
・アドフィードパップ40mg 一日1枚
フルルビプロフェン 製剤・科研製薬株式会社)

赤文字の薬剤は,末梢神経系が治癒するまでの間の痛みを
比較的緩和するとされるもの。

明日も続くようならば,例の整形外科で相談だ…

« 今期のJOBK制作 朝の連続テレビ小説について苦言を呈す | トップページ | じゃあなんで「キーボードさわれとんのじゃ?」と云われる前に。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今期のJOBK制作 朝の連続テレビ小説について苦言を呈す | トップページ | じゃあなんで「キーボードさわれとんのじゃ?」と云われる前に。 »