2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ついでの様に,2013年第1四半期の彩色動画について。 | トップページ | 忍耐や辛抱も限界を超過すると爆発するかも »

2013年1月20日 (日)

昨今流行の所謂「ジオラマ」モードの件(デジタルカメラ)

オリンパス辺りが「シーンモード」を搭載し始めて約3年位か?
昨今の他社コンパクトデジタルカメラにも,ほぼ搭載された感がある。
(売価壱万圓以下の機種は解らんけど)
これ,上下を「ぼかして」色味を「ポップ調(ややパステル気味)」
にすれば出来上がり!みたいな。

ペンタックスなど,「ぼかす範囲」を設定できるものもある。
上下をぼかし,中央付近の輪郭は其のままとする手法からか,
「ジオラマ」または「特殊撮影のミニチュアセット」様に見える場合と,
「?」(ほぼ効果無し)の場合がある。

(事例1)
P1190265j

某地方都市に存する,潜水隊前(アレイからすこじま)として「曾て」整備した時に
設置された「タイル」である。随分奮発したものだ。
今ならば,アルミまたは樹脂シートを貼り付けるのだろうけれども。

斯様である。なんか「効果」が判る気がする。うむ。
とても小さな物を撮ったように見えるぞ!

(事例2)
P1190266j

しかし,インターロッキングの目が縦横断方向(水平方向に直交)の場合,
効果の発現は不十分だ。上下をぼかしても,ぱっと見では効果に気づきにくい。
人間は脳で映像を作って「視ている」のでな。頭が欺されるんだよ…

(事例3)
P1190267j

なんか「つむらやさん」的な(セットの様な)感じに写った例。
なんか独りでツボってしまっただけなのだけれどもな…

P1032841j

ま,やはり「機能性からくる美」の有る物は,其のままの方が
宜しいと思った。(カッコイイ→強そう…ってな感じ)

然し,斯様な物の不要な世が一番宜しいのは「理想」なのだ。
残念ながら,古より人類は争い(合法的殺人)を怠らぬ。
人間,みな馬鹿者だ…

ま,だから人間やってるんだけど。わたくし…

« ついでの様に,2013年第1四半期の彩色動画について。 | トップページ | 忍耐や辛抱も限界を超過すると爆発するかも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついでの様に,2013年第1四半期の彩色動画について。 | トップページ | 忍耐や辛抱も限界を超過すると爆発するかも »