2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

本物と紛い物の差…

「任期付き職員」という「根拠法」に基づく任用制度があってだね,
期間限定で「同格・同待遇」を「与える」代わりに「同格の責任」を持つ職員。



おかしいなぁ。期間内は同格の筈なのだが,
手続きの関係(制度上の欠陥)により,
わたくし,12月29日から翌1月6日まで,
医療保険証が「手元にありません」…
疾病に罹患し,救急搬送される訳には行かない。
一時的とはいえ,「10割負担」は「支弁に窮する」。

本物だと,絶対に降りかからない事象だからね。
わたくしの立場となって「想像」せよと糺すこと事態,誤りかも知れぬ。

わたくしとて,成りたくてなったわけでは無い。
曾て,糧を得るため,真に已むを得ず,恥を忍び,耐え難きを耐え,
公金で禄を食む事を甘受せざるを得なかったわたくしの屈辱の選択だった。

わたくしの俸給は,本則だと1級74号。(1級から昇級は無い契約)
その上,平成26年3月まで減俸中である。(こういう事は同格扱い)
月収総額三十数万円(3級・主任相当)の者と同じ感覚で扱うんじゃねぇ!
中の人になって,本物の厚遇と,偽物の差に驚くこと早,二年六月…



本日,このことについて人事課へ問い合わせたところ,
「12月29日以降,福利課に相談して下さい」だとさ。

てめぇ,12月29日が何曜日か分かって云っているのか?
と糺した処,「制度の子細まで知らずに返答して済みません」

尚更悪いわ。人事課に居る限り,その職責遂行のために,
必要な法令くらい調べてから物を言え。
ホンマ喧嘩売っとんのか!ですよ。
なんで地方機関のわたくしの方が「根拠法」に詳しいのか訳分からん…

こんな「のーてんき」な奴らが「本物」で,
わたくしのように,不細工ながらも一所懸命やれることをやっとる者が
「偽物(期間限定で同格扱い)」なのだから始末に於けぬ。

官が民間人の「つまみ喰い」をするようになっては,
いよいよ国家衰退の道を進みつつある査証である。



わたくしは良いのだよ。懲罰対象になろうが,上を通して厳重に注意されようが,
制度上の欠陥による「理不尽」な事象については,遠慮無く物を言う。

今後,この制度により任用される者が,わたくし同様,
とても惨めな思いをせずに済むよう,
制度上の欠陥を改めるよう期待…出来ないわな…

今後,如何にわたくしが窮し,とても惨めな思いをしようとも,
今の腐った「官」だけは「期間限定」でも,一切御断りを堅く誓うものである。



と云うわけで,この正月は家に隠って本でも読むわ。
うっかり疾病を生じたり,転倒による怪我すら出来ないからな。

一寸の虫にも五分の魂。
なめんな。「本物のような何か」である諸君!
ほんと,全く「お役所仕事」はこれだから困る…



※平成25年11月27日(水)追記

各々方の尽力に寄り,年末には新しい,所謂「保険書」が来る見込みとなった。
しかし,新たな任用期限の「辞令」を以て手続きする関係上,
原本還付は必須であり,手元に証書が無い事象を先取りしたに過ぎない。

ま,国が臨時的任用をする場合,健康保険は「社会保険に加入することとなります」と
明記していることから,共済組合保険(所謂公務員年金と保険)に加入する件は
通常業務で当たり前に発生するが,「やめる」ことは殆ど想定していない事が
よ~く判り申した。すごく(制度的に)酷いやり方になってしまうのだ。

なんたって,「やめる」根拠が「懲戒免職」を除く「定年」以外だと,
「辞表を以て」(依願退職)の手続きしかないのだから,余計に情けなくなる。

何で「任期満了に伴い職を解く」と書かれた「辞令」では無く,
「辞職を認める」という「辞令」を「有難く頂戴」しなければならないのか…

ホント熟々思う。「期間限定公務員で良かった」と。
もし「あと20年やって下さい」と云われたら,わたくし,気がおかしくなられまして,よ。
それくらい,今のお役所は「法令・政令・条例・内規・通達」で自縛されているのだ…

2013年11月17日 (日)

平成25年4月頃から,俄に始めた…

(序文)

4月に島根県某市にて「チューリップ祭り」が挙行されており,
魔が差したわたくしは,ついうっかり
「開花しているチューリップの掘り売り」を買ってしまった…
全く園芸なんぞ知らぬわたくしである。
切り花で楽しんでおけば良いものを,球根を増殖させようと
地植えしたものの,呆気なく立枯病様となった。
(今はその理屈が分かるのだが)当たり前である。
開花で滋養を使い,お疲れの所,根っこを痛めたため(掘り取りの事)
チューリップさまが養分を蓄える余裕は無いのである。
植物は話さない代わりに,正直に態度で回答するのです…

このままでは,なんだか花卉に申し訳が立たぬ。
リベンジをするには「園芸」をやるしか無い!

(本文)

と決意をしたものの,俄に始めたのだから失敗するわけで…
半年ほど経った結果,強靱な花卉しか育ちませんでした。
(秋桜以外の花卉・花木は地主さん設のもの)

P1080054j

秋桜って,ものすごく強靱な花卉だと思いました!
普通,どんなに遅くとも8月上旬には種まきしないと生長できない。
例年の11月には寒さが来る筈なので,時間切れとなる。(寒さで枯れる)
正直,9月上旬蒔きでココまで生長するとは思わなかった…

ま,11月下旬になろうかと言う今日この頃に於いて,
紫陽花が咲く有様だから…(今までが暖かかったと云う事)

P1080072j

うーん…
普通,11月頃には,来年咲く予定の「花芽」が形成されており,
今咲かれると,来年まともな花は「僅か」となってしまうようで,
気になって仕方が無いのである。
紫陽花さんにとって,どーしても今咲かないとならなかった
理由があるのであれば,それはそれで気味の悪い話である。

ま,ものぐさ人間なわたくしなので,できる限り
「放任主義」でやる園芸を標榜していたりするのです。
(でも,必要最低限のお世話はやっている。種まきとか…)

2013年11月 3日 (日)

非ピリン系感冒剤(4)錠

※H27.4.10:一般名変更に伴い改題した。
旧タイトルは「ピーエイ配合錠(全星薬品工業株式会社)」であった。



P1020381j

この度の「風邪様の何か」で処方された「総合感冒薬」である。
この写真を以て「田辺三菱製薬」の「ピーエイ配合錠」ではないか!
と思った方,御目出度う御座いました…

(発売:田辺三菱製薬の物のみ,シートの印刷が異なる。
薬剤の記号「ZE22」は全品同一なので,薬剤師以外は分かりにくいと思う)

さて,このお薬は成人だと毎食後「2錠」を服用する事になるのですがぁ,
察しの良い方は薄々気づいていらっしゃると思いまするが,
この薬,販売開始当初から「後発品」扱いなのです。

そ。あの「プロメタジン1.35%等配合非ピリン系感冒剤」を錠剤にしたもの。
2錠で所謂「PL配合顆粒1g」と有効成分が等量になる代物。

因みに,平成24年4月1日現在,1錠の薬価は4.60圓なので,
「散剤は苦手」という方以外には「やりおったな…」である。

・PL配合顆粒1g 1g 6.40圓 (1回分)
・ピーエイ配合錠 1錠 4.60圓×2錠=9.20圓 (1回分)

なお,このお薬の発売または発売元は

田辺三菱製薬株式会社
沢井製薬株式会社
ニプロファーマ株式会社(ニプロ(株)の子会社)
全星薬品工業株式会社(ニプロ(株)の子会社)

の4社だが,全て「全星薬品工業株式会社」が製造販売元であり,
薬価も全て同一という,複雑怪奇な流通体系を持つお薬である。

PL配合顆粒に錠剤が在るという話は聞いていたが,
処方されたのは今回が初めてだったので,一瞬喜んだものの,
僅かに薬価が高いだけだった。というつまらない話しである。

おわり。

2013年11月 2日 (土)

2013年第3四半期の彩色動画について(総括)

今期も相変わらず安易なライトノベルの「彩色動画」化や,
漫画の彩色動画化ばかりで,オリジナル彩色動画作品に於いても,
胸の大小を気にする女子など,相も変わらず目を覆いたくなる惨状でした。

おっぱいは大きすぎても本人は「肩がこる」とか,困る方もいらっしゃると思えば,
豊胸術を受けたりする方もいらっしゃるので,何が正しいのか克く解りませぬが…
ま,物事なんでも「丁度良い」ものが好まれるので,平均点±25㌫内ならば,
問題ないような気もしますけれども。
あの豊田も数十年前から「70点主義」と言われております故。
(ぶっちゃけ,わたくし的に豊田車は「移動機械」然な所が好きく無いのだけれども)



入賞(特に優秀なものは☆を付与する)
東京都武蔵野市中町あたり :☆ 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
                                            (但し,人によっては「選外」だろう)

                                        作中に数あるネタで笑えた人は,十分オタです。
                  わたくし共々,胸張って生きて行きましょう!

                   しかし,思い当たる節がありすぎて
                  「笑って観ることが出来ない方」は,
                  マジSADの可能性がありますので,
                  真摯に話を聞いてくれそうな人と,よく人生相談をしましょう。

                  特に,このキャラクターへの声優さんの思い入れというか,
                  少しは「共感」出来るところがあったと考えられる故,
                  よく「崩して」(アドリブ)声を当てている。
                   それから,この作品,主人公を除く登場人物全てが
                  人畜無害以上の「いい人」キャラなんだよね…

                  其の事に本人だけが気づけていないもどかしさ。
                  ま,続編も要らないし,ホント。ど~でもいいわぁ~

さて,皆様におかれましては,ホントどうでも良いのでしょうが,
一応,佳作だったものを挙げておく。

・(今期は該当作品が無かったことについて)克く解りました。

正直,昨今の彩色動画に食傷気味なんだよなぁ…
金太郎飴みたいな作品ばかりでさぁ。

これでもわたくし,映画を観たり,本を読んだり,庭いじりをしてみたり,
テレビジョン(またはディスプレイ)以外の物もみているのだけれども…



特別おまけ:黄金の腐った玉葱賞

・ローゼンメイデン:絵が綺麗になっただけで,何処が楽しかったのかしら~?
           やはり水銀灯は,もう少し病んでないとツマラないキャラだと思う。
            抑も,同名の前作(彩色動画含む)とは,直接的なつながりが
           在るようで無いような関係なのだそうだが,大人の事情だよな…



さてさて,今年も残すところ僅かとなりましたが,第4四半期の彩色動画の動向や如何に。
「しぶしぶ第一話を観てみたのだけれども,やはり視聴を取り止めました」てな
作品もあるからの…

おださま,びょうきになりすぎ…

10月は,アルトラ早起き勤務とか,色々あったためか,
すっかり体調を崩してしまい,咽が腫れぼったいとか,
お腹が緩い状態が一週間程度継続したりとかで,
一般医薬品を用いてみたり,早寝してみたり加療した甲斐も無く,
会社をお休みしましたので病院に行ってみました。

さて,お腹の調子が崩れているから,体のリズムも壊滅し,
食事もマトモに摂れないのが恢復しづらいため,
メチルメチオニンスルホニウムクロライド」を混入した輸液を
点滴されているうちに,うつらうつらと眠ってしまい,
うっかり採血され,血液検査による医療得点稼ぎの結果,
地味に(頭も財布も)痛い一週間だった…

なお,採血の結果「全く正常」と言いながらも,
整腸剤・総合感冒薬および抗生物質(厳密には「抗菌剤」)が処方された。
克く解らん…

しかしながら,一寸ずつ恢復してきたので更新する。
(抑も,更新なんぞ知らぬ…を標榜しているので,堂々としておれば良いものを…)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »