2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 平成弐伍年度ひろしまドリミネーション | トップページ | 平成二十五年を振り返る。 »

2013年12月30日 (月)

平成25年度ひろしまドリミネーション(正)

真夜中に(ココを)閲覧された皆様におかれましては,お疲れ様でした。
今朝ご覧の方は,意味が克く解らないかと存じますが,それで良いと考えまする。

さて,先日(平成25年12月28日(土))久方ぶりに
ひろしまドリミネーション」を見に行きました。

東京語(標準語とも云う)を用いる御方曰く
「廣嶋のイルミネーションも良いですね」と会話しながら歩いて行きました。
えゝ。通りすがりに聞こえた会話です…

Fig02

へぇで,とにかく「寒かった」…
手が震える~。

Fig03

このオブジェを考案された方,貴殿の企図は理解されている。成功だ。
しかし,結構な方々が所謂「スマートホン」で撮影していたため,
撮影対象が明確に写っていたかどうか,定かではありませぬ…

Fig05

※おことわり:御行に対し,わたくしは何ら想うところはありません。

何処の金融機関もこの時期は良くやるキャンペーンなのだが,
もれなく「自らに対するサンクス」であるから,珍妙に見えて仕方が無い。
預け入れ金利と,貸し出し金利は何倍違ってましたっけ?
ま,国策なのでこれ以上は申しますまい…

Fig04

公共放送「放送協会」廣嶋放送局である。
裁判までして集金し,その益により建造されたる物に
スターバックス店子として入れて儲けるスタイルは,
わたくし的には克く解らない理論でありまして,
指をくわえていても予算が付くから碌な事にならない。

折角のB-CASなので,根拠法により集金することは,
時代錯誤であるため,他社の有料放送の様に,
スクランブル化して,視聴料を納めたる者のみ視聴させれば宜しかろう。

無論,重大放送の際はノンスクランブルとすれば良く,
有料放送であるWOWOWやスカパーが未だ潰れていないということは,
やって出来ない筈が無い。という理論である。どや?

Fig06

閑話休題。
パイプオルガンのオブジェは,人が途絶えることも無く…
閲覧者ごと撮るのが良ろしかろう。記録写真にしかならないけれども。

Fig07

まぁ,この日の廣嶋市中區あたりは21時の気温が1.5℃であり,
夜半には凍結が見込まれたため,塩化物撒布が行われた。
水分があり,克つ凍結する直前に散布しないと用を為さないため,
撒布の是非は結構難しいのである。

Fig08

さて,折り鶴に込められた意を,
現代の日本人は,どの程度體して居るのだろうか…

Fig09

この日は,旧産業奨励会館跡へも行った。
負の世界遺産である。未来へ残したい遺構であるが,
形ある物「何時かは壊れる」ので,
「壊れた物をこれ以上壊さない」という,難しい維持修繕が続く。



しかしまぁ,WOWOWは何を思ってか,
正月から「仁義なき戦い」全シリーズを放送するですよ…

初春から「御目出度くない」物をする粋。
この国の人口の壱割が居る「現代東京(ヒョンデトンキン)」の,
「アタマの偉い人」が考える事は,
わたくし「体のえらい人」には全く以て克く解らん…

※えらい≒廣嶋語で「たいぎい,しんどい」の意。
じゃがの,「ソーシャル達川くん」でも「えらい」は変換出来んかったでぇ…

« 平成弐伍年度ひろしまドリミネーション | トップページ | 平成二十五年を振り返る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成弐伍年度ひろしまドリミネーション | トップページ | 平成二十五年を振り返る。 »