2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 予告:最近何にも書かなかったことについて。 | トップページ | まぁ,あれだ。最近の「記者会見」と似たような物だ… »

2014年4月12日 (土)

末期は椅子に座っているのが辛かったんだ!(トリガーポイント)

(序文)

年度末進行および,平成26年4月1日より「平民」となるため,
椅子に座るのも,立ったりしゃがんだりするのも,
床の物を拾おうと前屈みになると,右臀部~右大腿部裏側へ
鈍い痛みとしびれを伴う状態に至るも,病院が閉まる時間まで
職務を遂行した結果,これまでの「関節付近への注射」+「鎮痛薬」で
軽快していた「臀部痛」が「軽快とならなくなった」…

さて,平民になり9日経過も所謂「健康保険資格喪失証」が来ないので,
病院に行きたくても「10割負担」(後から戻ってくる)は財政上困難なため,
業を煮やし,本庁へ催促の連絡をしたところ,
10日18時に「速達・簡易書留」で送致された「喪失証」を以て,
本日11日,国民健康保険加入を果たした。
本当に「役所」は「此方が動かないと」遅々として進まない処と謂われる由縁なり。



(本文)

さて,本日は「病院三昧」な一日となった。(不毛な一日だが,已むを得ない)

先ずは「右臀部付近の痛み」を緩和することが肝要である。
脚が痛いと,椅子にも30分以上座っていられない上,
立っているとき,右に加重をかけるだけでも「鈍く痛む」のはかなわん…

と,謂うわけで「梨状筋まで凝り固まった」の再現と思い,
いつもの整形外科医赴いたのである。

(医師)
二週間ほど前に,関節に注射した後はどうでした?

(わたくし)
数日は有効も,従前と異なり痛みが再発。長時間座り仕事をしたからか,
痛みの加増を認む。

(医師)
可動範囲による痛みの試験,圧痛点試験をおこなう。

(医師)
どうも今回は臀部筋肉の間を通る神経付近に炎症を生じ,
痛みが起きていると考える。
注射をするが,X線照射で目視しながら施術する。



この注射,打つまで結構臀部にマーキングされたような感触があったのだが,
なにせ,当人はうつぶせになっており視認できず,また,見ようと姿勢を崩すと
痛いので諦めた。

さて,施術後約5分程度うつぶせのまま。
其の後,自発的に脚を上げられるのか,座位で痺れなどは無いかを確認。

(医師)
では,痺れ等は無いようですから,異常が一週続くようなら再診療に来て下さい。
なお,内服薬は「鎮痛消炎薬」から「神経痛の薬 」に変更します。



斯くして,どうやら「トリガーポイント」に起因する痛みとして処置された模様。
大層なことに「筋筋膜性疼痛症候群」なる名称があるらしい。

ま,原因がこれだとすると,数度は「トリガーポイント注射」を併用することとなろう。
軽快することを期待する。

(長文になったため,お薬篇は別途掲示することを見込んでいる
※見込んでいる=想定している「だけ」である。出展:役所言葉(方便とも)。

« 予告:最近何にも書かなかったことについて。 | トップページ | まぁ,あれだ。最近の「記者会見」と似たような物だ… »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予告:最近何にも書かなかったことについて。 | トップページ | まぁ,あれだ。最近の「記者会見」と似たような物だ… »