2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月17日 (土)

へえでぇ,整形に行ってきた…(梨状筋症候群)

(商品名などは,各社の登録商標だったりします。)

【おさらい】

さて,寝ても起きても「ずっと地味に痛い」上,
立って腰を左右にひねると右臀部が痛い。
しゃがむと右臀部が痛い。
30分以上椅子に座った後,立つと右脚アキレス腱まで痛みが走る。
其の後,右足が微弱ながら痺れる。
仰向けや俯せで寝ていても,右臀部が痛い。
仰向けで右脚を伸ばしたまま上に上げると,右臀部に刺すような痛みを生じ,
即,脚を落とす。(筋肉を収縮・緊張させると,とても痛いので)

と,書いているわたくしが飽きるくらい「痛い」から,
半ばやけになって,恢復を期待しつつ二日ほど寝込むこととした。
(風邪気味でお腹壊していた,というのもある…)

【本文】

と,言うわけで現状のままでは「日常生活にも差し障る」という,
由々しき事態を好転すべく,いつもの「整形外科」へ行きました。
(前回から二週間経過するまで様子見したが,結果は既に書いた)

(医師)
良くなりませんか…

(わたくし)
ブロック注射後,数日は有効でしたが,其の後痛みは従前に戻りました。

(医師)
では,今日も注射しましょうか。
それと,神経痛の薬を少し強い物に変えましょう。

これで,平成弐六年四月から通算四度目のブロック注射となった。
そして,神経痛の薬が「リリカカプセル25mg×2個」朝夕にかわった。
(壱日のリリカ投与量として,100mg)
遂に「リリカカプセル」を用いるに至った。懐が地味に堪える。
そ。リリカには後発医薬品が無いので…

【ブロック注射】

毎度梨状筋に注射をするのだが,今回は結構痛かった。
十数秒毎に薬液を入れる時が痛い。筋肉注射は地味に痛いんですわ…
麻酔(しびれ薬)なので,予防接種のような「後に残る」痛みは無いけれども。

(医師)
脚に「ビリッと電気が走りましたか?」(神経にどの程度反応が出たのか確認)

(わたくし)
ビリッとは感じませんが,数度痛みを覚えました。(筋肉注射なので)

(医師)
では,そのままの状態で壱〇分ほどお待ち下さい。
※注:麻酔が右脚の動作に影響していない事を確認するためでもある。

結果,注射後数時間程度経過して,やや軽快した。
全く痛みが無い状態にはならないが,右脚を股関節(脚の付け根)で
ひねる動作は日常でよくあるので,ひねったときの痛みが幾分軽くなったのは
大きな進展である。

【帰宅後】

夕食から「リリカカプセル」を使用する。
局所的な疼痛は,検査して「骨・腱・神経系に異常は観られない」ものの,
(強弱はあるが)痛い状態が永く続いた結果,痛い箇所から「ずっと痛い」情報を
脳へ伝達するので,なかなか治りにくい。根比べである。

残念ながら次回へつづくことを見込んでいる。(予定は未定ということ)

【ここからは読まなくて良いです。愚痴のような物ですから…】

今回は年頭から痛みがあり,四月初旬には歩行時に違和感を生じ,
四月下旬には右脚裏側の痛みが強く,右大腿部とアキレス腱付近が
常時筋肉痛様(または,脚が攣りかかった時の微妙な痛み)となった。

外国では神経性疼痛の第一選択薬に
なっているのだが,日本は医薬品の承認に時間と手間がとてもかかるので,
数年前からやっと本邦の整形外科でも用いられ始めた。
なお,心療内科や精神科の方ならば,リリカの「別の側面」も知っていると考えられるので,
心療内科だと案外,第一選択薬として処方されるかも知れない。
実際,医薬品メーカも抗うつ剤として創薬した物を神経性疼痛で処方出来るよう,
治験および適用範囲の拡大を行っている。

※通常,医薬品は医薬品メーカの届け出た「適用症状」に処方する。
 しかし,「効果はあるが,神経痛についての適用が無い」薬を処方すると,
 診療報酬を保険団体に請求後,「適用外処方」は減点(減額)される事がある。
  開業医は慈善事業ではないので,適正な利益を上げ続けなければならないから,
 そのあたりも考慮するのだ。

ノイロトロピンも,脳の疼痛への反応を押さえるように働く。
一部の抗うつ薬も,脳に作用し「痛みへの耐性を高める」方向で緩和させる。
結局「機序はよくわからんが効く」もので,安全性がリスクを上回る薬は「使える」のである。

うだうだと,つまんないことを書いたが,リリカが良く効けば良いなぁ…と考えている。

2014年5月16日 (金)

ルリヒナギク(といってもフェリシア)

P1080137j

P1080140j

「フェリシア」です。ブルーデイジーとは親戚ですが,
中心部まで蒼いのが「フェリシア」。ブルーデイジーは中心が白~黄なの。



何がおもしろくないって,フェリシアは温度管理が難しいとか,
早春の霜に弱いとか,情報収集の結果,昨年秋まきして,「ポット苗状態」で
辛苦しながら冬越させたものの,本年3月上旬剰りタネを直まきした処,
4打数2安打(4箇所に播種。1カ所当たり約5粒)と,あっさり出来てしまったため,
昨秋からの辛苦は授業料として消えた。
そりゃぁ,手間かけ心配して育苗したものより,直播きが丈夫だと微妙な気分にもなる。

※「某地方都市」は,冬暖かく夏一寸暑い。広島市より気温変化も穏やか。
 という「温暖地となる」要素を備えているため,他都市に当てはめる事は不可。

なお,直播きに時の施肥および土壌酸度調整は特にやっていない。
(本葉が観られる頃から,液肥くらいは施した)



P1080159j

おまけ:キンセンカさん。12月上旬の苗植え時には,貧弱に見えたのだが,
4月上旬から勢いが付くと,株がこんなに横に拡がるとは…

あ,カメラはDMC-L10。レンズはLeica D Vario Elmar 14-150mm(所謂便利ズーム)
蒼いお空など,青系は一寸派手目に出すし,フェリシアなんか「水色」っぽくなったので,
RAW現像で視覚色に近づけてある。

光学ファインダは良い物ではあるが,フォーサーズ規格だと,
ファインダ像の拡大はカメラ軍艦部拡大となり,本体全体のバランスを崩すが,
久しぶりに光学ファインダを覗くと「一眼レフって,(こう)ですよねー」とは思う。
(電子ビューファインダは,二昔前ののハンディカム(R)っぽい雰囲気。
慣れればそう悪くは無いのだが…)

メーカ様におかれましては,せめて
「これは最低10年使いたい」と思える写真機を造って欲しい。



いつものように「派手にタイトルと中身の異なる」内容となった様な気もするのだが,
偶には花卉の写真を撮った際の「写真機」の感想文も良いだろう。

2014年5月13日 (火)

椅子に座っていられません。(梨状筋症候群)

※商品名は,各社の登録商標だったりします。

(ここまでの話)

平成弐六年壱月頃から,椅子に小一時間も座っていると,
右臀部に違和感を感じ,右大腿部へ鈍い痛みが拡がって行く。
然し年度末進行および,諸事情により本格的な診療を受けることも無く,
平成弐六年四月を迎える頃には,公共交通機関の椅子に数時間も座ると,
ふとした拍子に右臀部付近から右大腿部裏側にかけてズキッと痛むようになる。

更に法面や河川護岸を昇降すること四日,遂に椅子に参〇分以上座り続けた後,
・立ち上がる
・右足首を左右にひねる
などの動作を伴うと,右臀部,大腿部裏およびアキレス腱付近に痛みを生じ,
その痛みは就寝時まで「違和感」として残る状態に至る。

(お題に関する項)

さて,平成弐六年四月壱壱日まで「国民健康保険」に切り替える手続きが,
前職場からの「資格喪失証」が届かなかったことから,この日まで病院に行けず,
更に状況は深刻化した。

いつもの整形外科に行くと,いつものように右大腿部関節付近の炎症だろうとの
事で,いつものように注射されたのだが,今回は効果が無い。
(従前は,注射後から有意に痛みが減少し,数日後には軽快となっていた)

そこで,投薬期間(二週間)を様子見とし,鎮痛剤(ハイペン錠)および,
経皮吸収型鎮痛消炎剤(モーラステープ40)を用いたが改善せず。
遂に医師に「何が悪いのでしょうか?」と問う事となった。

そうして,「梨状筋症候群と診ています」と告げられることとなった。
其の後,X線投射しつつ,梨状筋に対し「麻酔薬」を注射することにより,
梨状筋の緊張を解き,近傍を通る神経への影響を緩和する療法となった。
(梨状筋は臀部筋肉でも深い位置にあり,脚部神経束付近にあるので,
 注射はX線投射による目視により,確実に「梨状筋」へ行う)

そうして,鎮痛剤から神経痛の薬へ変更されたのだが…

P1020655j

懐かしのノイロトロピン錠4単位」(日本臓器製薬)でした…
しかも,二週間分用シートまで出来たとは…

そのほか,経皮吸収型鎮痛消炎剤として,
従前のモーラステープ40(発売元/祐徳薬品工業:製造販売元/久光製薬)から,
ジェネリック医薬品である,パテルテープ40に変更した。懐と相談したらこうなった。
(販売元/杏林製薬:発売元/キョーリンメディオ:製造販売元/(株)大石膏盛堂)

P1020657j

斯様な意匠包装のテープ剤である。一般名「ケトプロフェンテープ40mg」。
なお,製造販売元である「(株)大石膏盛堂」も「佐賀県」の会社である。
地味に佐賀は凄いのである。お茶とか温泉とかサロンパス(昭和9年発売)とか…

また,(株)大石膏盛堂は「ロキソニンテープ」(第一三共/リードケミカル)の
ジェネリック医薬品「ロキソプロフェンNaテープ『ファイザー』」の製造販売元だったりする。
今や先発医薬品メーカもジェネリック医薬品を取り扱わなければならないのだが,
製造販売元の,佐賀県に存する(株)大石膏盛堂は凄いのである。

(今後の展望)

展望もへったくれも無い…
注射の効果は約参日程度しかなく,其の後徐々に元の「痛い」状態に至る。
有り体に言うと「直っていない」のだ。
騙しだまし,やって行くしか無いのであるが,本当に困っている。
今まではすぐ軽快になっていた事から,どーせ注射を撃てば直ると目論んだものの,
治療が後手となり,軽快まで相当の時間がかかる見込みである。
早期に医家へ相談することにより,心にも体にも懐にも優しい結果となれり。

(つづく…かも知れない)



(あとがき)

と,言うわけで本日現在,本ブログが標榜しているとおりである。
横になるのが一番らくなので,タブレットPCが欲しかったりするのであるが,
横になると寝てしまうことから,きっと無駄遣いになると見込んでいる。

有り体に言うと,我に斯様な物を取得する余裕を有せず…

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »