2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

江戸を斬る・梓右近隠密帳(1973)を視聴中です。

平成26年10月24日現在,スカパー!のTBSチャンネル2にて放送中。
これ,面白い作品なのだが,正直なトコロを書き出すと…

・渋いなぁ~。渋すぎる話の内容。時代劇フアン(玄人)好みではある。
・敵役ではあるが,成田三樹夫さんがいい味!メークも悪役仕上げなのだが…
 →胡散臭そうな風貌ながら,ちゃんとした策士である。
・1クール目は仇討が多すぎる…(未亡人か子供。助太刀?もちろん居ます)
 →そもそも仇討は成功率が低く(邂逅できず),返り討ちもあるので…
   また,仇討に出るとその手前,討つまで戻りづらく実際は悲壮なのだ。
一心太助どころか左甚五郎まで出てきたよ…
・放送回中,佐倉に行ってて急ぎ江戸駕籠で戻る
 →水戸黄門漫遊記ではないからリアルではあるが,話の展開は「忙しい」
大久保彦左衛門はおいしいなぁ。
 →そりゃあ演者は片岡千知恵蔵ですから,大御所の顔は潰せません…
・梓右近が「江戸大火計画」を知り,未然とすべく活躍。一味を討っちゃったので続編は…

この頃のドラマ(時代劇含む)は「基礎知識」が無いと,
話が見えにくいのである。一心太助や左甚五郎など,
その人物を知らない現代の若い視聴者は「誰?」なのである。
ただし,お話(作り)がしっかりしているので,「後の○○である」
といった芥川隆行氏のナレーションが分からない程度。
お話を楽しむ上での影響は軽微。

ま,今風にいうと,ラノベ彩色動画化において,原作を知らないものは,
「さっぱり分かりまへんわぁ」状態と似たようなものだ。
ここが昭和のドラマ・平成一桁あたりまでのアニメとの大きな違いである。
例に挙げられてお気の毒ではあるが,甘城ブリリアントパーク第1話のように,
「どーせ原作ファンしか見ないんでしょ」と決め打ちして作られると,
わたくしあたりは「何がなんだか?」である。第1話からこうだと尚更である。
(正直「けいおん!!」以降の京都アニメーション作品はよくない)

ま,衛星第6チャンネル(本当はBS161ch・BS-TBS)の月~金1800時間枠にて,
忘れた頃にひっそり始まる可能性がある。(過去実績あり)
民放BSはロハでみられるから,数年は気長に待たれたい。

2014年10月15日 (水)

續・E-500を久し振りに使う。

本日は青いお空だったのでE-500で電磁的記録した。
(偶々電磁的記録方式写真機を持って出たら予想以上の碧空だっただけ)

Pa153480j

えぇ。間違いなく日本国の瀬戸内海です。牡蠣養殖の筏と牡蠣稚貝養殖棚が証拠。
うそぉ~んな空と海の色だが,肉眼でもほぼ同じように見えたんです。珍しい…

Pa153570j

小イワシを釣っているお父さんとアオサギ…
本来,警戒心の強い鳥のはずなのだが,おこぼれを頂戴すべく見てた。
小イワシを釣り上げると,竿先の魚をアオサギが頭を向けてじっと見てたんだな。
見ていてほのぼのとした気分になった。
(証拠写真は撮り逃したのでありません。仕様です)

Pa153575j

へぇで,通りすがりのカモメが真似っこしてじっと待つことにした模様。
本当は動物にも知性や理性があるんじゃないのか?
しかし,類人猿のチンパンジーは下手に知恵と力があって手に負えない。
動物の中でも類人猿で最も進化していると言われる生物は,
最も愚かなのかも知れない…

Pa153563j

ま,今日はコダックブルーが上手く出たね。
自前のカラーチャートを持っている会社は強いのだ。
(しかし亜米利加本社は倒産した)

2014年10月10日 (金)

平成26年10月8日に月を観察した件

(序文)
・表題部に「皆既月食」と書かないから検索で当たりにくい。
・遅れ放送の如く。「地方」らしいやと考えられ,大目に見てもらえる。

上記二点の事を目論んでいる。

(本文)
と,尤もらしい事を書いているが,当日は「たいぎい」ため未処理。
翌日は体が「えらい」ため寝た。
「へぇでぇ」本日貼り出したのである。

1.当日夕刻はよく晴れており,夜間の天候は十分期待できた。
 (太陽の周りの輪はレンズによる幻影である。所謂宏観現象ではない)

Pa083037j

2.食が進みつゝある状況。

Pa083524j

3.皆既状態(目視に近い色味となるように撮影設定している)

Pa082490j

4.てはーっ。(擬音)
 (食が終わりつゝある状況)

Pa082514j

5.このときの月の紋様を写そうとすると,写真機設定の関係で下のようになる。

Pa082529j

6.もう終わりましたよ。(満月の月光は明るい)

Pa082536j

(結果風邪気味が増進した。おしまい)

2014年10月 7日 (火)

負率十割

※ここはアップロード日と出来事のあった日付が合わないこともあります。
 仕様です!

さて,長兄が野球観戦に連れて行ってくれたのである。感謝感激である。
だが,少しばかり気がかりな事があってだね…

P1030125j

天候は回復したものの,風が強く「体感温度」は低かった。
11月頃の服装(寒風を通さないこと)で丁度良いくらいに。

P1030170j

結果「こちらこそありがとうございました」状態となった。



まぁ,慣れていることと言うと怒られるのだろうけれども,
わたくし,小学生の時分から現在まで,
広島東洋カープ」の試合を観戦した場合の負率十割なのだ。

尤も,後ろの席のお子様が最近の僕らのカープの全てを語った。
「なんで阪神が2位なん…」

子供は残酷なまでに正直である。しかしわたくしも同感である。

2014年10月 3日 (金)

福島のことを一寸思い出したので。

わたくしは,平成23年東日本大震災の約半年後と,
約三年後となる平成26年4月,東北方面へ旅行している。

物見遊山で行ったわけでは無いのだが,色々見てきた。
もちろん「自由に通行できる範囲内で」という事は守っている。

現在よく聞くのが
「某地方都市近辺の土建屋で出来る人と食えない人は,
東北へ出稼ぎに行っている」というもの。

しかし,出稼ぎ組を含め,人は其れなりに居るだろうと思っていたが,
福島駅はまだ22時30分過ぎだというのに,人が居なさすぎる。
寒いところは朝早く動く傾向があり,早寝するかなのかも知れない。
島根の土木関係だと,飲みの一次会が終わるのが19時頃。21時には就寝する。

寒さはあったが,4月となり街から雪が無い状態。
東京都心からわずか150マイルしか離れていない所の現状である。
広島駅だとこの時間でも結構人は居るから,人っ気のなさを強く感じた。
(但し,中国山地方面は公共交通網が脆弱で東北より恵まれていない)

そのうちある程度まとまった順にアップするかも知れないし,
アップせず電磁的記録として格納したまま終わらせるかも知れない。
正直,三年後の実情を見て写真を撮る気が無くなった場所もあった…

P4052150j

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »