2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« わりと最近の話(平成27年4月下旬ごろ) | トップページ | 平成二十七年も夏至になったとみられる »

2015年5月22日 (金)

水中毒かも知れないよ。水の飲み過ぎじゃない?

と,医師に言われた。
でもあーた,突飛過ぎるから「それは無い」と思うわな…
さらに医師は続ける。

【医師】
ここ1ヶ月の体重推移を見ても4kgの振れ(今回は減少)は大きいよ。
H27年2月からでも増えたり減ったりでしょう。
減量したり運動始めた訳でも無い。水の飲み過ぎだよ。

【わたくし】
水中毒って,水を常識以上飲まないと起こらない事象だから)
普通程度しか水分摂ってませんから,暴飲暴食の結果だと考えます。
確かに嘗て減量指導があり,その際あなたは体格が良いので
BMIからの標準体重までは落とせないだろうから,
標準体重+10kgにしましょうね。とは言われました。

※現状はBMIによる標準体重+約8~12kgで推移している。
なお,具体的な数値を書かない事情はお察しください

【医師】
体は水分が大半を占めるから他の疾病が無い限り
体重の急な増減は水だよ。ま,水中毒だったら
適正な水分摂取になれば放って置いても
標準体重+10kg前後までは落ちるよ。



どうも釈然としないので帰宅後水中毒について検索してみたよ。
他の疾病が無く腎機能が正常であれば,1時間に1,200㍉㍑以上の
水を飲み続けない限り,水中毒にはならない。

急な運動や疾病により急激な体内水分の減少が起こっている場合,
「真水」では体内吸収されにくいので「塩水」をとるのがよい。
塩分濃度は味噌汁程度が良い。というのは知っているものの,
味噌汁を大量に摂るのは嫌だなぁ。味噌と出汁が要るから経済的で無い…

「食塩」を水に溶かして飲むにしても,塩水ばかり飲む気にもならない。
風邪とかお腹下したとかで水分補給を余儀なくされればやるけど。
食塩小さじ2を200㍉㍑程度の水に溶かして飲むのだ。

体調不良(風邪およびお腹下る)で薬剤師さんからのアドバイスは
経口補水液はある程度常備をお奨めする。私も家に1箱常備している」

確かに経口補水液が良いのは解るのだが経済的では無いのだよ。
いざとなれば2本くらいならば買っても良いとは思うけど…



さて,さらに調べて行くと「低ナトリウム血症」なる項目に至った。
この解説を見ると,思い当たる節がいくつかある。

偽性に該当する点
・太りすぎ(体脂肪率が高い)

細胞外液不足(欠乏性低ナトリウム血症)に該当する点
・わりとお腹がよく下る。特に平成26年末~平成27年初にかけて,
 大きく体調を崩してから継続して不調気味。

血漿浸透圧と関係なくADHが分泌されている病態の可能性
・腰椎ヘルニアにより特に直近1ヶ月は腰が痛い上,
 仰向けに寝ると右足が「正座した後」のように痺れて
 なかなか寝付けない事がある。(疼痛
・消炎鎮痛剤の服用があった。(約1ヶ月)
 足・腰の痛みに対する対症療法に伴うNSAIDs服薬。
 休薬(痛み軽減による服用不用期間)を含めると,
 過去数年間にわたる。
・この冬はトイレに行く回数が多かったような気がした。
・右足の指が鬱血したかのように赤くなり少しブヨッとした感じがあった。
 また,このようになると「かゆみ」「痺れ」「腫れ」を伴った。

※なお,現在腰椎ヘルニアの外科的手法による除去は最終手段。
 極度の疼痛(歩行・着座不能に近い困難な状態)
 極度の神経麻痺(痺れたり感覚が乏しくなる)
 手術に至る前に,局所麻酔による周辺緊張緩和や
 ステロイド注入による消炎により好転を期待することが多い。


 
ようするに塩が足りないのでは無く,
体が「水が足りませぬ」と思い込み喉を渇かせ,
水を取り過ぎるから良いことにならない。
こうなってしまうと思い当たるフシがありすぎて
わからんのであった。
ま,自分で原因を調べて対処できる技量があったら医師になってるよ。

取り敢えず,腰が悪くて椅子に1時間も座っていたら
堪えるようになっており「何とかならんか…」と思っている。



そして今通っている整形外科(開業医)からは,
対症療法以上の事は設備および人員の関係から対応出来ないため,
希望なら総合病院を紹介しますよ。という状況である。

総合病院に紹介状無しで行くともれなく5,000(税抜き)が加算される。
ま,紹介先の総合病院の整形外科は原則「紹介されたもの」しか
受付しない整形外科なので紹介状必須ではあったのだが…



しかしまぁ「それはないでしょ…」というキーワードである
「水中毒」からこれだけの推論をして納得したあげく,
椎間板ヘルニアによる症状を軽減すべく整形外科(開業医)
に総合病院を紹介してもらったというお話に感じるのだけれども,

腰が痛い+右足アキレス腱あたりから先の痺れで寝付けない
+冬になると浮腫手前のような鬱血した感じの右足の指は
辛抱できないなぁ。と思い「腰を何とかして貰おう」と
企図したところに降りてきたキーワードというだけなのであった。

格闘系ゲームやってて紛れコンボが決まった様なものですわ…

(続きは状況に変化があった場合,書く事を見込んでいる)

« わりと最近の話(平成27年4月下旬ごろ) | トップページ | 平成二十七年も夏至になったとみられる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わりと最近の話(平成27年4月下旬ごろ) | トップページ | 平成二十七年も夏至になったとみられる »