2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大吟醸 剣(末廣酒造) | トップページ | 煙火大会を見ました。 »

2015年7月26日 (日)

煙火でもiAUTO主義…

オリンパス社は数年おきに在庫の山を作っては安値放出するから,
キットレンズそのものの性能には目をつむっても,
ボデーのみで購入するよりもお得な事が多いので,
E-P系はレンズキット(ダブルズームキット)を購入された方も
いらっしゃるかと思う。



時期的に煙火大会がよくあるのである。

煙火(花火)は明る過ぎる光源(火炎)なので暗めのレンズでも撮れるから,
キットレンズでも相応に工夫すれば撮れる「はず」なのである。

(考慮すべき点)
・レンズのF値は低くても良い。F2.8通しのPROレンズだと,
 明るすぎて「NDフィルタ」が必要かも知れない。
 (ま,絞れば良いんですけど,絞りすぎも良くないから)
・花火は打ち上げて展開するまで4~10秒はシャッターを開けるから,
 レリーズはあった方が良い。無ければセルフタイマー(2秒程度)で,
 シャッターボタン操作の振動を切り離そう。
 まぁ,小一時間は花火やってるから修正出来る…はずなんだけどね。
・三脚は必要です。ゴリラポッドでも良いけど。要はブレなきゃ良いんです。
・AF(自動合焦)は上手く行かない。目標物は発火するまで見えないから。
 MF(手動合焦)で「置きピン」するか,街明かりを目標に合焦することとなる。
・あと,割と構図。
 これは煙火大会が始まってしまうと,そう長い距離を移動して撮影は
 出来ないから。明るいうちに「こう撮る予定」(試写)はやりたい。



さて,折角E-PM2というカメラがあって,キットレンズを付けてやってみた。
※被写体から撮影地までの距離:約7km
※取り始めは「iAUTO」で。シーン選択を写真機に委ねた。
(ココログの制約で画像はリサイズしています。)

P7250100_2

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 14-42mm F3.5-5.6
ISO1,600/-0.3EV/0.8秒/F5.6(全自動)/42mm
被写界深度優先プログラム

被写体から約7km離れているから,35mm版換算84mmだと
「こんなもの」ですわ。
シャッター速度0.8秒だから,単純にタッチシャッターで撮っただけ。
偶々煙火が展開していたからこんな感じ。

P7250125

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO1,600/-0.3EV/0.8秒/F4.8(全自動)/85mm
被写界深度優先プログラム

レンズを付け替えたのだが,0.8秒しかシャッターを開けていないので,
まぁ,こうなんよ…(火炎の飛散する「瞬間」しか撮れない)
それから感度。ISO1,600だと,街明かりも「花火の煙も」しっかり写るから,
背景が黒くならず締まりがない。
※自動でも「-0.3EV」と少し暗く仕上がるようにはしてくれているのだが…

P7250110

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO1,600/-0.3EV/十分の一秒/F5.6(全自動)/150mm
被写界深度優先プログラム

ピントが来ないと,どうにもならないですよ…
※だから「MF」手動合焦で事前に人間がピントを合わせてやらないと,
まぁ,そうなんよ…



斯くして「やっぱりか」といった所。
iAUTOお疲れ。やっぱ無理と言うことになって,
シーンモード「花火」で撮ったのだった。

P7250107

シーンモード「花火」(SCNモードで人間が設定する)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO 200/-1.0EV/4秒/F11.0/150mm
被写界深度優先プログラム
※ピントは「MF(手動)」で行います。

・「煙火」は明るいのだが,4~10秒はシャッターを開けないとならない。
 「火炎の軌跡」を写せないから「花火=4秒」の設定。
・露出も「-1.0EV」と「かなり暗め」の設定になっている。
・背景をやたら明るくしないためにも「ISO200」(標準感度)

なんだけどもねぇ。まぁ,そうなんよ…明るすぎた。
(合焦は背面モニタで調整したが,ゴリラポッドという
 不安定な三脚でブレまくってむつかしかったと言うのもある)

P7250127

シーンモード「花火」(SCNモードで人間が設定する)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO 200/-1.0EV/4秒/F4.8/85mm
被写界深度優先プログラム
※ピントは「MF(手動)」で行います。

迫力は捨てて,無理せず引いて撮ると(広角側で撮ると)楽なんですよ。
パッカーン。とね。
(この画に趣があるかと言われると,微妙…)

まぁ,SCNモード「花火」は,誰がやっても
「失敗写真」が極力少なくなる方向で調整しているのだと思う。



煙火は撮影機会が限られるので,一年も空くと「忘れている」
こともかなりあるので,色々やってみられると宜しいでしょう。
ただし,煙火大会々場内は「三脚使用不可」(大きいアレ)だったりするので,
周りの方のご迷惑とならないよう,お楽しみ下さい。



しかし,オリンパスもE-P系はとても素質が良いのに,
キットレンズセットで買ったお客様を逃す「営業方針」は何とかならんのか?
E-PL6以降/PM2持ちならば,「便利ズームを買えば便利です」って,
何故言わないのだろう?下手な5万円以上のコンデジを追加するよりも,
絶対良いのになぁ。
本体が防塵防滴でなくても,普通に光学機器としての取り扱いをしていれば,
オリンパスのボディーは,そう簡単に壊れるものでは無い。

« 大吟醸 剣(末廣酒造) | トップページ | 煙火大会を見ました。 »

いじり系のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大吟醸 剣(末廣酒造) | トップページ | 煙火大会を見ました。 »