2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今年度の放送協会にムッとしている訳 | トップページ | 某地方都市に於ける平成27年台風第11号について。 »

2015年7月16日 (木)

いわゆる戦後憲法が終わった日。

国際平和共同対処事態に際して
我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する
協力支援活動等に関する法律案

が衆議院において自民党および公明党
賛成多数で可決,参議院へ送致された。

憲法を超越する法律が可決されるに至り,
この国の立法府は自ら重大なる過ちを犯したことに
気づいていないのか,気づけないのか…



憲法は国内の最高法であり,
現行の日本国憲法に照らし合わせて
国際平和共同対処事態に際して
我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する
協力支援活動等に関する法律案

は憲法によるところの最大限の拡大解釈である
「自衛権に基づく必要最低限の防衛能力の保持」を
超越する物では無いと言えるのか?を憲法学者に意見を求めれば,
「憲法違反」であると答えるだろう。当たり前である。

要するに現行の「日本国憲法」を改正すれば済むことであり,
米帝に押しつけられた現行憲法を日本国民自ら
見直すことが可能となった現状が正常である。

諸外国でも随時憲法は修正されているから,
約70年間も手入れ(改正)されていない憲法という代物が希有であり,
時代に見合った内容に修正されるべきであると考える。



本日,何故衆議院が可決した法律(案)が問題なのかというと,
「おい,アイツむかつくから今度殴りに行くことにした。
(日本よ)お前ももちろん来るんだろうな!」
と言われて,どうしよう○○衞門と言っている
△△太と同じ事が起こることとなるのだ。
(実際はあり得ない事象だが,理論上はありうる事である)

しかも,ご丁寧に憲法で戦争の放棄(憲法第9条)を明示してあり,
法律で憲法以上の解釈を行うのは大変悪いことである。
それから,時の政治家や執政官が「解釈」を変えれば何でも出来る。
そういう「前例」を作ったことで,二重に悪い。
(日本は前例や判例(過去の同様の事案の判決)を重んじるため)



現状でも憲法改正は可能である。
しかし,国会で三分の二以上の賛成があって,
国民投票で二分の一が賛成しないとならないので,
時間が掛かる。

と言う訳で,当面の間の措置としてこの法律(案)で対応すべく,
9月に参議院で審議せず事実上の否決の後,
衆議院に戻され三分の二以上の賛成でこの法律(案)は
可決される見込みとなったのだが…

フロントラインには行かないくせに「美しい日本を守る」と言ってる
アタマのエライ人,今年の9月以降のそう遠くないうちに,
どこぞの国がどこかへ殴り込みにでも行く話でもあったんですか?
そこの所を詳しくご教授願いたい。

« 今年度の放送協会にムッとしている訳 | トップページ | 某地方都市に於ける平成27年台風第11号について。 »

其れを言っちゃあお終めぇよぉ」カテゴリの記事