2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 国際宇宙船集合体の反射光を見ましょう。 | トップページ | 旭化成建材(株)の杭工事施工物件における不具合等について »

2015年10月11日 (日)

平成27年第3四半期の彩色動画を振り返る。

しょっぱい。なにもかも,皆しょっぱいですな…

(方針)

基本的に「記載の無いもの」については視聴していない,
或いは視ても全く興味を持てなかったのか…
つまり,わたくしの記憶には残らなかったのでした。

特甲(特に楽しめた)

・大変残念なことに,そのような物は無かったのでした。

甲(楽しめた)

・大変残念なことに,楽しめたものすら無かったのでした。

乙(まあ,楽しめた)

・大変残念なことに,楽しめたものすら無かったのでした。



丙(あまり楽しめなかった)

乱歩奇譚Game of Laplace(武蔵國豊島郡中荒井村あたり)

コバヤシ少年の風貌は原作でも書かれている通りですから,
上手くおやりになったと感心しました。
かつての出版物などでは「男の娘」という発想が起こる筈もなく,
中性的な男子といった感じにしか描かれなかったのです。

お話は小説が好きな方であれば,すんなり受け入れられるのでしょうが,
昨今の「中身のない,可愛ければ何でも良い」という,
身も蓋もないものが好まれる状況下に於いてはどうしようもありません。

そういった中,脚本家さんの頑張りは,とてもよく伝わっていました。

この彩色動画の最大の問題は,
「彩色動画がなくても成立する」所にあったのです。
このままラジオで放送しても成立するであろう内容。

そう。画は「添え物」になっていたのでした。
ここ数年,監督は敢えて難しい物に挑戦しているかのようです。



干物妹!うまるちゃん(練馬区豊玉北あたり)

巷では評判も良く,関連商品も売れているようです。
もっとも,第一話Aパートを見た後は,
主人公の特性上,どうしようも無いのですが,
顛末が決まっているので,その後を見ても感想は特に無いのです。

色々考えてやっているのは判るのですが,
音響監督さんからすれば,干物だろうがポンコツだろうが,
あれだけショパンを弾けたら,どうやってでも食べて行けるだろうと,
第一話の音響演出中に思っても,なんら不思議な事ではありません。

丁(全く楽しめなかった)

・WORKING!!!

第二作,第三作と進む毎につまらなくなっています。
キャラクターも困ると幼児化させて誤魔化しています。
そして,小憎たらしい,煮ても焼いても食えないのが売りの
「山田」を可愛く描いたのもよろしくない。
小憎たらしいのが「山田」ですから,もう少し工夫の余地はあったかと。

こんな内容でも続編として,出来てしまうのが嘆かわしいと考えます。

色物(完全なる別枠)

馬鹿です。(字義どおり)

・モンスター娘のいる日常

ありきたりの展開ですが,しっかりしていました。
明確で有り,わずか12話を作っているうちに,
訳の分からない物になってしまうことが多い昨今,
構成作家がしっかりしていると,纏まる物なのだと。

上半身が人間,下半身が蛇の種族の光彩は,
気味の悪いものとならない範囲で縦に長い楕円にしていたり,
単眼種の性格設定を恥ずかしがり屋のお嬢さんとして,
その容姿(単眼)で子供を驚かせてしまった後は,
「やっぱりまだ世の中は単眼には冷たいよぉ」
という科白を用意しておくなど,ちょっとしたものでありました。

まぁ,所謂ハーレム物であり,かつ,お色気担当作品ですから,
このような物を今時のテレビジョン放送で全国に電波を発射して
伝搬し,一般の方がテレビジョン放送受信機をもって視聴した結果,
当局より制作者が詳しく事情を聞かれる事案が起こりかねません。
なにも無ければ良いのですが,

「モンスターですから。人間ではないので問題ありません!」
では済まない世の中で,うまくかわして行ければ良いのですが。
もっとも,昭和のアニメーションは,現代に於いて
到底認容されない代物までも沢山放送していたように記憶しています。

(愚痴)

特にありません。

(次期展望)

特にありません。

« 国際宇宙船集合体の反射光を見ましょう。 | トップページ | 旭化成建材(株)の杭工事施工物件における不具合等について »

映画・テレビ番組系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際宇宙船集合体の反射光を見ましょう。 | トップページ | 旭化成建材(株)の杭工事施工物件における不具合等について »