2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

「えびぞう」と呼ぶと返事するネコ。

目の周り,特に目の下の隈取りが歌舞伎者の
それのようなので「えびぞう」(略して”エビちゃん”)と,
呼んだ人も随分だなぁ。と思ったけれど,
分からないでも無い。(雌猫です)

Pb000202

わたくしが「おはよう」と声かけすると,
「ぁあ?」と返事する。当歳のくせに…

Pb000201

野良猫なのでエサはやらない。
しかし,最初に「えびぞう」と呼んだ人に対しては,
ちゃんと「ニャ~」と答えるのであった。

君の中での,わたくしの位置づけがよく解ったよ…

2015年11月24日 (火)

ロート デジアイ(ロート製薬)

商標・名称は各社の商標です。
あと,これを加えると間違いないらしい。

この項の一部に表示される作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものの写しです。



(はじめに)

昔の人は良いことを言ったもので「なるべく遠くを見なさい」
と言ったのは,大切なことだからなのだと思った。
最近,遠くを見ることが少なくなったのもあるが,
秋の花粉症で目が不調だったため,気づくのも遅れた。

ピントが合いづらいのである。目も重いというか痛いというか。
気づいた頃には「老眼か?」とも考えた。
「今頃わかったんですか?解かれよ!」
と思っても,言わないのが気配りというものである。

Pb000005

※イメージです。

こんな感じ。中距離はよく合焦するのだが,
近くと遠くの合焦が遅い。宜しくないときは「合焦しない」のである。
合焦を諦めると益々宜しくないので,出来るだけ合焦させるよう,
わたくしとしても,鋭意努力しているのである。脳内で…



(本題)

Pb000015_25

何を今更ではあるが,ロート製薬の目薬を買ったのである。
「目力」を着想した意匠なのだろう。

ほかに幾らでも目薬はあるだろう?
と思うだろうが,明らかにアレルギー性では無く,
特に夕方ごろから目の疲れを自覚するから,
普段使いに抗炎症作用の強いものを選びたくなかったのだ。
(具体的に言うと,クロルフェニラミンマレイン酸塩の入っていない点眼薬)

このことに拘ると,かなり製品が絞られるのが面白い。
特に700円付近の価格帯製品だと,結構少ないのである。
興味があればドラッグストアで見比べてみればわかる。
500円以下のものか,1,500円前後のものが多いのだ。

しかし,このことに拘ったところで,
ロート デジアイは「第2類医薬品」だから,
まず人畜無害であろう「第3類医薬品」よりも,
強いんですか?
と思ってしまうが,たぶん本品はそんなこと無いと考える。
人によっては,主たる   有効成分よりも,
品質維持のためのエタノールやひまし油に敏感かも知れない。

その点,スギ花粉アレルギーで処方される点眼薬の方が,
保存料は少ない場合も多いかと思う。
(代わりに開封後は,なるべく早く使い切ることが条件)



まぁ,小理屈なんてどうでも良い。効けば良いんですよ。

よほど良くなければ眼科へ行く所なのだけれども,
直近(今月)の健康診断によると,両眼1.5かつ合焦も問題なしだったので,
「?」な感じもあるのだけれども。

ここまで書いておいて,読み返しながら考えてみたのだけれども,
やっぱりというか,残念ながら老眼鏡を買った方が良いのかも知れない…

※読む時間をかけたくない方へ。
ドラッグストアで1,000円以下かつ期待できそうな目薬を
物色した結果,本品を選んだ。
決して意匠に引かれたのでは無いことを書き加えておく。


(うそつきは何とかの始まりだと思った。おわり。)

2015年11月21日 (土)

呉線全線開業80周年記念ですって。

おひるごはんを食べながら放送協会の報道を見て思い出した。
某地方都市の「市政だより」に沿線に出て記念列車に
手を振るとないと,なんないとして盛り上げて下さいとも
書いてあった様な気がする。

まぁ,昼ご飯を食べながらテレビジョン放送を見ていた位なので,
まぁ,そうなんよ…



Pb000003

へぇで(音戸弁で「それで」の意)見てきたのである。
瀬戸内マリンビュー」の画が異なっていることを,
放送協会のテレビジョン放送で見てしまったので…

列車は三原へ行ってしまった後なので,
下りの広島行きならば,時間的に十分見られるから,
見られる所に行ったのである。

Pb000004

最後に開業した区間の橋梁は,
鉄道省によって「昭和拾年」に施工されている。
(今年は昭和で数えると90年になる)

なお,11月23日まで某地方都市駅にて
展示物があるとのこと。

それだけの話ですわ。

(おわり)

2015年11月16日 (月)

久し振りに広島平和記念資料館へ行った。

広島市中心部に存する所にご用があって,
時間待ちすることとなり,本当に久し振りに
広島の原爆資料館へ行ったのである。



Pb000001

展示物は,昔と比べると時系列に並べられ,
よく整理されているが,以前のように被曝した物を
沢山並べていた頃の迫力(伝える力)は
やや抑えられていると感じた。

平成28年度(2016年4月以降)には,
本館修繕に取りかかり,平成30年春には
全面改修が成るとのこと。

Pb000002

この日は雨だったが,修学旅行の児童も多く,
また,外国人も見受けられた。



外国人が,英語の話せるガイドに問いかけていた。

「なぜ,児童・生徒が多く居たのか?」
「なぜ,ヒロシマが目標になったのか?」

人が,こう問いかけている間,
広島・長崎に対する原爆使用という
歴史上の出来事は風化しない。

2015年11月 3日 (火)

ND100,000フイルタで遊ぶ。

十万ですよ!十万。
(こう書くと,なんだか品が無い…)



(序文)

2012年は金環日食および金星の日面通過という天文イベントがあった。

太陽の方向へ直接,電磁的記録方式写真機の透鏡を向けると,
故障の原因となる位,その光線の威力は凄まじいのであるし,
間違っても肉眼で視準することは厳に慎まれる行為である。
(失明するおそれ)

そこで,減光フイルタを用いて光線を弱めるのだが,
通常の減光フイルタ(ND4とかND8とか)だと直射日光には歯が立たない。

Pa000003


2011年の早いうちに買ったので,直径58mmで約五千円程度だったのだが,
2012年の金環日食直前はアマゾン日本で約七千円までつり上がったものの,
そう需要がある筈も無く,現在は元の値段に戻っている。

正直,ここまで強力に減光するフイルタは
使いどころが無く,まぁ,そうなんよ…

(2012年5月21日の金環日食(某地方都市あたりは部分食))

P5000001

(2012年6月6日 金星の日面通過

P6000001

※ここで,残念なお知らせがあります。
 この写真を見た人は死にます。致死率はなんと100㌫。
 (元ネタ:中島らもさん)

 なお,次回の金星の太陽面通過(日面通過)は,
 2117年12月10日です… 

と,まぁ,イベントが終わったら使わないんですよ。
ND100,000なんて…



※太陽光を電磁的記録方式写真機で直接撮影すると故障するおそれがあります。
※太陽を長時間肉眼で見ると,目を痛めるおそれがあります。

やらないでね。


(本文)

こんなかんじ。(概念図)

Nd100000j


まぁ,ND100,000(十万)はパッと見,黒いガラスですわ。
蛍光灯が僅かに透けて見えるくらい。

※それでも,絶対に目で直接太陽をみてはいけません!

それ位,太陽光線は強力なのです。

Pa000004

電磁的記録方式写真機(以降,写真機)ですら,
ND100,000を以てしても明るすぎて,
なかなか合焦してくれませんでした。

手動で合焦する機能を有する小型写真機ことコンデジって,
ミラーレスデジタル一眼+レンズキットが買えてしまえる
高級機種でも無い限り,無くなってるんだよね…

Pa000005

「デジタルズーム」という,便利機能を用いても,
実用上ブロックパターンの様な画になる事も無いので,
かなり大きく写せるようになったのです。

※メーカおよび機種によっては,希望どおりの仕上がりになりません。

Pa000006

フイルタなしで夕暮れの太陽を,
真正面から透鏡で捕まえると,
レンズ群内で反射して,このようになることもあります。
写真機の撮像素子によろしくないので,
あまりこのような写真は撮らないことをお奨めします。

※メーカおよび機種によっては,希望どおりの仕上がりになりません。

まぁ,ここまで色々書いたり写真貼ったりしておいて何ですが,
あまり面白い話では無いなぁと,わたくしも感づいてしまいました。



(応用例)

このように強力に光線を遮断するND100,000ですが,
超早起きが苦手な方は,ND100,000を用いて街路などを撮影すると,
シャッターを30~90秒は開くこととなりますので,
自動車・軽車両および通行人の類いが映り込みにくいようにする
撮影でご利用いただけます。

(従来工法〔フイルタ未使用〕)

Pa000012

F5.6 40mm (35mm換算80mm) 1/640秒 ISO200

フイルタの類いは一切使っていません!
(なぜこの事を強調するのか,書いている本人も
よく理解していなかったものと考えられています。)

(使用例〔案〕)

Pa000008

F5.6 40mm (35mm換算80mm) 75秒 ISO200 ND100,000使用

信号待ちの自動車など,数十秒移動しなかった物は写ってます。
仕様です。←魔法の言葉の一つ。正しく用いれば。だけどね。


(使用例〔案〕)

Pa000009

F4.4 58mm (35mm換算116mm) 30秒 ISO200 ND100,000使用

数十秒シャッターを開けていると,雲はかなり移動するので,
このようにほんわりほわりと流れた感じに写ります。
ただし,桟橋に繋留している艦船も波で動きますから,
正直,ND100,000を使ってまで撮影する意味はありません。

まぁ,実験とはいえ,人気の無い場所を選ぶあたり,撮影者の照れであったりする。
(三脚立てて,レリーズ使って何撮ってますのん?的な視線がイタイので)

このように,ND100,000は(使おうと思えば)使えるフイルタなのです。



(この事から解ること)

しかし,普通ならば買うことは無いでしょうな。ND十万なんて使わん。
使用頻度からくるお奨め度≒購入動機の強い順は,
C-PL>ND4>ND8>>(越えられない壁)ND100,000

でしょうなぁ。やっぱり?

(Ende)

2015年11月 1日 (日)

平成27年10月を振り返る。

イベントいっぱいの10月でした。

ご飯食べて風呂入って寝て,
偶に洗濯や掃除をして,
それから買い物したり。

それ,日常じゃん…



10月6日
割とメンテナンスやっている。

Pa000012_2

同日
交通船が仕事を終えた人を乗せて戻ってくるのを見かけた。

Pa000013

10月13日
鴨がシンクロやっていた。

Pa000014

10月19日
なんにもかんがえていない。
真剣に目をつぶって何かを思っているのかもしれない。
ふて寝してるのかもしれない。

Pa000015

同日
オリンパスの電磁的方式による写真機は,
ニュアンスを伝えるのが上手い時があるなぁ。
偶々かも知れないけれども。

Pa000007

10月21日
おいしかったですか?

Pa000017

10月25日
うそーんな色の夕暮れを見た。
本当に,こんな色だった。

Pa000016

10月28日
日没前にもう少し輝いておこうか?
ちょっとおまけもしておこう。

Pa000018

10月31日
某地方都市駅前にて。

Pa000019


こうして,平成27年10月も過ぎていったのである。

(おわり)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »