2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 平成27年を振り返る。 | トップページ | 三江線を利用しましょう。 »

2016年1月 1日 (金)

正月特集:ノロキンクリアPRO(大日本除虫菊株式会社)

(あらまし)

一昨年になってしまったな。12月27日の暁に,
其れはそれは大変なことになってしまいまして,
正月は年が変わる前に事実上終了していました。

あらかた,こう述べられています。

(へぇで)

これでは駄目だろう。というか,真面目にトラウマになっている。
冷静に考えたら,毎年冬になると調子を崩しているので,
腹巻きやハクキン懐炉やら,色々対策をやっているのだが,
ノロウイルスにアルコール(主に除菌)は無効なのである。
ウイルスを退治するには,エンソサラシが有効なのだが,
人間にも誤用は危険なので,結局次亜塩素酸ナトリウム
希釈したる水溶液を用いるのである。

もっと単簡に用いられる物は無いか?
そう考えたる所,ラッパのマークの大幸薬品株式会社が調製したる,
「クレベリン液スプレー」がよさそうなのであるが,

・経済の問題(<1,500JPY)
・金属に対して使えない(変色の可能性)

と云った処で,中々手が出ない。

(どしたんならぁ)

安くて何か無いかと,主にインターネット技術による情報伝搬網によって,
探し当てたものが「ノロキンクリアPRO」(大日本除虫菊株式会社)なのである。

もっとも,Amazonで「50円引きクーポン」があるのを見つけたので,
600円程度で入手できる見込みとなったという現実もあった。

P1000001j

もうね,色々アレなネーミングだとは思う。
抑も「PRO」って何なんだ…
除菌スプレーにもアマチュアとかセミプロとかあるんかい?

尤も,キンチョーも大阪の会社なので「ノリ」だけなのだと思う。

(何が言いたいのか)

本品で特筆されるべきは,アルコール系スプレーに
「ジェミニ型除菌成分」を配合したことによって,
ノロウイルスに有効だと言うのです。

「ジェミニ型除菌成分」とは,ジェミニ型界面活性剤であろう。
ノロウイルスはエンベロープのあるウイルスなので,
界面活性剤(石けんの類い)によってエンベロープを破壊することで,
直接的に作用するのである。

とまぁ,ネットで一所懸命調べて,ふと気づいたのである。

・便器内の水を流すときは,便器の蓋を閉めた後に水制弁操作を行え。
・便所扉操作後は手を洗浄せよ。
・手を洗う際は,石けんを用い,その後流水で良く洗え。
・布巾,手拭いは良く洗い清潔を保て。
・調理器具を使用した後は良く洗浄して熱湯などで殺菌せよ。

なんてことは無い。子供の頃からよく言われる類いのものばかりである。
これらを守って罹患したら,諦めるしか無いではないか…

(結論)

汚れた手でご飯を食べません。

« 平成27年を振り返る。 | トップページ | 三江線を利用しましょう。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成27年を振り返る。 | トップページ | 三江線を利用しましょう。 »