2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年5月21日 (日)

平成29年5月20日(土)の日記

P5000002

(はじめに)
行ってきました。京成バラ園
関東地方で数多くの品種を見られる所といえばここ。
京成なのに京成本線で行くには不便。
タイムイズマネーなので東葉高速鉄道の最寄り駅
八千代緑が丘から東洋バスに乗るべし。
交通系電子マネーは使えません。

それにしても朝から暑くて全てを見る気はすぐ失われたのと,
カメラの予備電池を忘れて撮影継続が困難となったのは,
後世の評論家の評価を待たねばならなかった。

じっくり見るべきところです。ここは。
気が向いたら秋にもう一回は行くかも。

P5000001

(へぇで)

薔薇の写真だけでよければ当分更新に困らん位
品種がある上,こんなに咲きそろう事は近年稀であったと
すれ違った人が言ってました。
わたくしは初めて来ので,その辺りはよくわかっていません。

(へぇで)

12時には去った。11時ごろから人が増えた。
カメラやる人にも優しい京成バラ園ではあるが,
(この時期の週末は6時から開いており,三脚が使える)
人が増える10時以降は三脚など使用お断り放送があったし。

(へぇで)

そのまま帰途につくのもアレなので,
京成本線の八千代台駅まで
この時期の週末限定の「京成の」無料バスに乗り約30分。
「京成の」八千代台駅から成田空港第2ターミナル駅まで約30分。
地下1階の駅から地上3階のバス乗り場へ行き,
航空科学博物館に行きました。

気づいた方は地元民ですわ。
そう。時は金なりと偉そうに書いておいて,
大失敗をやって時間を浪費したのは,わたくしです。
何故東洋バス→東葉高速鉄道の最寄り駅,八千代緑が丘から
電車に乗らなかったのかと…



展示を見て15時頃から,5階の管制塔のような形の
展望台で解説付きの飛行機発着をずっと見ておりました。

P5000003

まぁ,新東京国際空港と言っていた頃もあっただけに,
発着便数が半端ないので退屈する暇もありませんでした。
広島空港とは,どえらいちがいでした。

(おしまい)

2017年4月 9日 (日)

田戸台分庁舎

P4083333

行ってきました。
無手続きで入場できるのは桜の時期しか無く。
しかし,天気は悪かった。ざんねん。

P4083309

トーゴーさんは,此方では廣嶋で感ずる以上に偉人です。
日本海海戦くらいしか功績はありませんけど。

P4083423

こんなお天気ですから,スカレーなんて
香辛料の強いものなんぞ,食べる気にもなれず,
おけいきゅうでちゃっちゃと帰りました。

2017年1月 3日 (火)

廣嶋旅行

廣嶋縣某地方都市へ行ってきました…

P1000001

P1000001_1

某地方都市海事歴史科学館です。

今や地方の疲弊ぶりは大変なことになっているところ,
作れるときに作っておいて良かったのかも知れません。
観光で食べて行こうという「意気込み」があっても,
其れなりに形となっている処は少ないのです。

P1000002

「瀬戸内海が照り返す陽光の色」です。
西日本旅客鉄道株式会社が風水に走ったとも
見られていたところ,レッドウイングが来ました。
驚愕でした。

なお,某地方都市線のラインカラーは「黄色」です。

P1000003

潜水艦桟橋を望む。
日没時に旗を収容するのであります。
夕方に来ちゃったら(来られる際は)
是非ともご覧ください。

そういうわけで,
廣嶋(というよりも某地方都市)旅行も終わりです。

来てね!

いや,来てください。
ぜひお越しください。
(何処へ?)

2016年12月31日 (土)

平成28年を振り返る。

本年のわたくしの住環境には,大きな変化があったのです。

・睦月

Img_0495_01


・如月

100_0049_02


・弥生

Img_2206_03


・卯月

Img_2330_04


・皐月

Img_2377_05


・水無月

Img_2394_06


・文月

Img_2441_07


・葉月

Img_2477_08


・長月

Img_2501_09


・神無月

Img_2572_10


・霜月

Img_2584_11


・師走

Img_2593_12


よい年をお迎えください。

2016年3月19日 (土)

津久茂湾ぐるぐる

平成28年3月19日(土),
広島県江田島市江田島町に存する
海上自衛隊第1術科学校
幹部候補生学校卒業式が行われた。

入校・卒業は「正門」から出入りするので,
乗り物(艦)を用いるのである。

幹部候補生学校を卒業して20年もすると,
艦長クラスになる方達のご卒業である。

もっとも,万が一艦に大穴が開けば上も下もなく,
下手すると由々しき事態を招来することになるから,
幹部候補生も一通りの訓練を受けるのである。

こういう大切な式での粗相はあってはならない。
だから津久茂湾に出入りすることを繰り返すのである。

P3000001

P3000002

P3000003

P3000004

まぁ,この辺りではよくある風景ですわ。
本当はこんな物いらない世の中が一番なのだけれども,
現状は真に已むを得ないのである。

※地図などで見られると,こんな狭くて障害物の多い所を
 隊列を整えて通られるのは,訓練の賜物であることが解る筈。

2016年2月11日 (木)

三江線を利用しましょう。

(はじめに)

先日,わたくしは西日本旅客鉄道株式会社
三江線(江津~三次)全線乗車を達成したのである。

(へぇで)

乗車した順を追って書いてみよう。平成27年3月改正ダイヤ(休日)である。

0704 某地方都市 発 広島 行 普通
0748 広島 着
0753 広島 発 三次 行 普通
0953 三次 着

P1000004a

0957 三次 発 石見川本 行 普通

P1000007

(わたくしも車中の一人なので,大きな声では言えないが)
なんと,着座定員(49席)を超える乗客が居たのである。
全便がこうだと報道沙汰にはならないのであるが,
現状,広島から江津へ行くのに「鉄道」という
選択肢は,まず無い。びっくりするほど時間がかかる…

1209 石見川本 着
1343 石見川本 発 江津 行 普通

まで,1時間34分の接続待ちとなるので,
駅を出て「かわもとまち」を歩いてみる。

P1000005b

(石見川本駅にて)

良くも悪くも「旅の思いではJRで」残るなぁ。
JRは接続がとてもよろしくない。

12時09分には駅前に来ている石見交通のバスは,
世界遺産(銀山)経由「大田市」行きなのである。
バスは接続がとてもよろしい。

今日は「三江線全線乗車が主目的」であるから,
15秒はその誘惑に駆られるも,次回はそうしようと考えた。

P1000005

町を歩いていると,丘の上に想像以上の物があった。
夜は星景がすばらしい事もあって,宇宙繋がりなのだろうけど…
アポロ宇宙船には違いないが,あの計画は17号で打ち切りとなり,
スカイラブ計画に転用された船。何も間違っていない。
しかし,なぜかニンマリするのだった…

宇宙まで行って帰ってきたという,
かなりの物なのに「露天」という所がなかなか凄いと思うのです。
貴重品だと思うけど,現在は亜米利加国外にある。という…

P1000006

※船内には入れません。物理的に。(床が無い)

内部に留置されている「ボックス」なのだけれども,
きちんと「モックアップ用」と書いてあります。
船内の機器類は,ごっそり取り外されています。
配線もぶった切られています。
亜米利加らしい豪快なやり方です。

わたくしの感想は,
「こんなので宇宙へ行くのは嫌だ!」であった。
合金の板の向こうは「宇宙空間」だよ。
これで「行ってきてくれたまえ」は怖すぎるなぁ。
ちょっと間違いがあったらお終いだ。

いま,これを書いていて思ったのだけれども,
これで大気圏突入して帰ってきたんですよね…

面白いので(だけど,数分で終わるのが構わないのなら),
是非,見に行って下さい。駅から歩いて15分くらい。



さて,お昼ご飯を食べようか(食べる時間もたっぷりある)。
しかし,そんな雰囲気な所をよう見つけんかったのだった。
すると,丁度良い所に自転車漕いで野球少年(中学生)が
通りかかったので問うてみることにした。

(わたくし)
「御免。この辺りでご飯食べられるところ知らない?」

(少年)
「駅前の通りを左へすぐの所にお寿司屋があります」

(わたくし)
「寿司は高いなぁ」

(少年)
「蕎麦とセットで沢山食べられますよ」

(わたくし)
「いや,沢山は要らないなぁ」

(少年)
「なら,食堂がありますよ」
「あそこなら日曜もやってますよ。確か」

(わたくし)
「有難う。食堂に行ってみるよ。ところで今から練習?」

(少年)
「はい。自主練です」

(わたくし)
「ありがとう。練習がんばってね」

これで日替わり定食(700円)を食べることが出来たのである。
ご飯(コメ)が美味しかった。

野球着を着ている人に「今から練習?」なんて,
某地方都市辺りで聞いたら「見て解るじゃろう」ってなるのは,
全国何処でも…だよね。



1343 石見川本 発 江津 行 普通

ご飯を食べて,1320頃に駅に行くと,既に立席状態であった。
毎日こうだと,昨今報道されるようなことには…

P1000008b

平成25年8月豪雨災害によって,鉄道施設も被災したため,
平成26年7月まで,復旧に要したのである。
平成27年末には,鉄道廃止・バス転換も検討すると報じられた。

地方自治体としては公金を投じて災害復旧しており,
復旧後2年も経たずに「廃止検討」されると困るのである。
国庫補助もあっただろうから尚更なのだ。

P1000008

芸備線 三次~新見間ほど線路際の荒れ方は「酷く」無いが,
三江線も徐行区間が多く,維持に費用のかかる路線である。
地名は土地の特性を表す。三江線には「竹」という駅がある。
竹林(特に傾斜地)は地滑りが起こりやすいから,
いつでも止まれるよう徐行しなければならない。

ある彩色動画でも有名な某地方都市線にも「徐行」がある。
これが西日本旅客鉄道株式会社線なのである。

P1000009

1449 江津 着

広島を8時前に出て,江津に着くのは15時前である。(約7時間)
趣味人でなければ,広島~浜田は「高速バス」に乗るわな…
(広島~浜田・バスで約2時間20分。浜田~益田・JRで約40分)

ここから広島に戻るには,浜田か益田へ行き,
バスで帰るのが早くて安いのだが,

・松江に行ってみれば,蕎麦屋くらいはあるだろう。
・松江~広島までのバス代は3,900円である。
・乗車機会(便数)が多い。
 等々…

P1000010

まぁ,そうなんよ…(何が?)

P1000011

わりと松江駅バス乗り場が駄目な所を表した電磁的記録画。
人が居ない(乗客もメンテナンスする人も)
事情は分からないでも無いが「石」は無いだろう普通に考えたら…

夏,凄く暑く(太陽に焼かれると)冬,凄く寒い…

なお「石の椅子」は県外・境港行き(9)番乗り場特有の
観光客に冷たい涼しい「おもてなし」である。

なお,隣の(8)番乗り場はきちんと木を張ってある。という…

P1000011b



P1000012

なんやかんやで約14時間前に見たような光景である。
広島駅にはマツダ車が置いてあるのだ。
嘗てはネタ扱いだったのだが,今や良い待ち合わせの目印である。
(数年前は青いデミオを置いていたのに,今は何もかも赤いのだ!)

(参考:2011年ごろの広島駅にて)
P1000012p

2205 (可部線・緑井発) 7番線 広 行 普通

21時以降の某地方都市線は1時間に2本しか列車が無く,
可部線から乗り通しの乗客も居るので座れるのか微妙な時がある。
どうせなら3番線(広島始発)で「確実に座って」帰ればよかった。
しかし,そうすると更に30分遅く帰ることとなる。

そんなに座りたかったのならば,広島バスセンターで何故降りない!
というのは言わないで下さい。わたくしも広島駅北口で「…」になったのだよ。
(でも,電車の方が接続さえ良ければ早く帰られる)
※高速バスは「広島バスセンター」を経由して広島駅北口へ。
 22時台までは,某地方都市行きバスがある。(乗車約50分)

へぇで,最後の区間は何時もの国鉄115系電車という…
国鉄形の唸る直流直巻電動機の音に酔いました。
(偶々頭痛が起こり,某地方都市まで脂汗をかいた)

なんだか,こう書いてみると,
あまり面白くない話だったなぁ。

是非とも,三江線を利用しましょう。(取って付けたようなオチ)

(おわります)

2015年12月31日 (木)

平成27年を振り返る。

・睦月

P1000001

・如月

P2000001

・弥生

P3000001

・卯月

P4000001

・皐月

P5000001j

・水無月

P6000001

・文月

P7000001_2

・葉月

P8000001

・長月

P9000001

・神無月

Pa000001j

・霜月

Pb000001

・師走

Pc000001j

よい年をお迎えください。

2015年12月14日 (月)

星にねがいを。

(はじめに)

「星にねがいを」という言葉があるなぁ。
そう思いながら帰宅していた。
某地方都市あたりでは,日没の時刻が徐々に遅くなる
こともあって,17時01分には日没となっても,
天文薄暮までは十分な時間がある。
二週間前に比べると,日没時刻は1分程度しか変わらないが,
実際に,確実に日没時刻は遅くなり始めているのである。

さて,この文を書いている横で,放送協会を受信する
テレビジョンから「今夜はふたご座流星群のピークです」と聞こえた。
某地方都市あたりにおいては,18時には月が傾きつつあったので,
双子座の高度が天頂付近にある22時~15日02時ごろが見えやすい。
しかし,西から雲が近づいており,思ったように流星群が見えるのか,
この文を書いている今も,気になっているのである。

(へぇで)

「星にねがいを」とは?ふと,そう思ったのである。
星に届く勢いで願い事をするのか?
星に願い事を叶えてもらうべく,一心不乱に願わなくてはならんのか?
いや,それは違うだろう。
星に願いが届け。とは言うが,星に願いを聞いてもらおうというのは,
ありなのだろうか。
星を祀る宗派があるのだろうか?
星を図形化して用いる例はあるけれども。

なんか,全部違うのでは無いのか?

まぁ,確かなことは,星が願いを叶えてあげようと話して,
念願したものが額面どおり叶う有様を想像してみると,
それは随分恐ろしいものだと考えたのだった。

怖いよそりゃあ。1万℃以上で静かに燃える
あの星がしゃべるんだ。怖いよ…

(結局,なにが言いたいのか)

星に願いが届いて叶うくらい頑張ったのならば,
結局,高確率で念願の八,九割は叶っちゃうのでは?

そりゃあ,頑張ったのだから,まぁ,そうなんよ…

と,言う訳で,この事は頑張ってもどうしようも無いのだけれども,
今夜半,30分程度で良いから,晴れてくれないかなぁ。
そう,星にねがうのである。

やっぱり星にお願いしているあたり,間が抜けているのだけれども。

予想では,1時間当たり60~100個の流星がある
「かもね」だそうである。
この時期の双子座は,夕方ほぼ東から昇って,
明け方には西へ沈む。深夜ごろ天頂を通るので,
見つけやすいだけでは無く,とても明るい月が無いので,
過去10年,そして今後10年の間で,
一番条件の良い年なのだと言うのです。

詳しくは,国立天文台あたりで熟知すべし。

2015年12月 1日 (火)

平成27年11月を振り返る。

某地方都市の平成27年11月は,
最後の一週間のみ,暦の帳尻を合わせるように,
平年並みの気温となったから,
其れまで日中約20℃,夜約10℃という,
理想的な環境からの急変は困るなぁ。
日中10℃朝5℃。しかし,まだシビレる寒さでは無いから,
知れているなぁ。

と,常に変動し続ける地球の気候に言う文句はありません。



・11月3日(文化の日)
 練習艦せとゆきが接岸しているのを見るのは,
 久し振りのような気もする。

Pb000103

・同日
 ヒコーキグモ(父キーン)というお馬さんが居たなぁ。

Pb000103b

・11月13日
 えべっさん(恵比須講)。この次は歳末商戦である。

Pb000113

・11月20日
 まだ16時台なんですけれども…
 早く帰らないと真っ暗になる。

Pb000120

・11月21日
 晴れているようで,午後は寒気が入ってくるから…
 終日快晴というのは,この時期は少なくなる。

Pb000121

・同日
 を見に行った訳ではないのだが,
 通りすがりに目に入るものですから。
 撮影モードは「iAUTO」です。

Pb000122

・同日
 橋を見に行った訳ではないのだが,
 橋りょうの上を気動車キハ47形7001・7002が走行する
 様を見た「ついで」である。

Pb000123



斯くして,週末てんきわるい状態だったため,
下旬の写真はありません。

(終)

2015年11月25日 (水)

「えびぞう」と呼ぶと返事するネコ。

目の周り,特に目の下の隈取りが歌舞伎者の
それのようなので「えびぞう」(略して”エビちゃん”)と,
呼んだ人も随分だなぁ。と思ったけれど,
分からないでも無い。(雌猫です)

Pb000202

わたくしが「おはよう」と声かけすると,
「ぁあ?」と返事する。当歳のくせに…

Pb000201

野良猫なのでエサはやらない。
しかし,最初に「えびぞう」と呼んだ人に対しては,
ちゃんと「ニャ~」と答えるのであった。

君の中での,わたくしの位置づけがよく解ったよ…

より以前の記事一覧