2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

いじり系のはなし

いじり壊さなければよいが…

2016年2月18日 (木)

ダイキンの加湿機能付き空気清浄機の改善を要する部分について。

(あらまし)

スギ花粉が気になる時期となった。
スギ花粉アレルギー体質があり,目がチカチカする。
しかし,2008年末に空気清浄機を導入以後,
夜中に鼻づまりで目が覚めるとか,
起床後,鼻水および鼻づまりが解消せず困るといった
状況は明らかに少なくなった。

今や空気清浄機はアレルゲンが飛ぶ春・秋に必要な器具となった。
ダイキンの加湿機能付き空気清浄機を選んだのは,
店舗で能力,音,機能およびフイルタのお手入れなどを考慮して,
消極的賛成で導入した物であった。

当時,パナソニック製は強運転時の音が盛大だった。
当時,シャープ製は背面吸気で,背後に空間を設けなければならなかった。

あらかた,こう述べられています。

(へぇで)

ダイキンの加湿機能付き空気清浄機にもヘボい所がある。
水タンク,吸気レイアウトおよび回転水車水掛式加湿フイルタは同じ配置なので,
何時まで経っても似たような問題が継続しているのだと思う。



1.加湿フイルタが全く廻ろうとしない。(冬の初めなど,加湿機能の使い始めに多い)
2.加湿にすると「コロコロー,カタカタ,コッコッ」という異音が生じて気になる。

(対処)

・水タンクを取り外し,「加湿フイルタ+水溜めトレー」も外し,再取り付けする。
 これで,回転モーター歯車と水車水掛式加湿フイルタのかみ合わせが良くなる。
・加湿フイルタが水を吸い上げるまで待ってから,加湿機能を使う。
 これで,フイルタ水分重量のバランスが良くなって回転ムラも解消する。



3.水はあるのに「給水のお知らせ」が点灯して加湿フイルタが動かない。

(対処)

・フイルタが濡れていても頻発するようならば,加湿フイルタの交換。
 水道水のカルシウム分が付着すると,フイルタ含水量が低下して加湿不良となる。
 加湿センサーの感度は案外良い。
 (もっとも,ホコリやニオイセンサーの感度も良い)

P2000001

また,大量に付着すると,加湿フイルタに水が染みこみにくくなり,
回転するフイルタの「重量バランス」が取れなくなって「回転ムラ」が生じる。
回転ムラも異音の原因となる。
自動車のタイヤを替えた後,バランス取りの重りを付けることがある。
あの理屈である。

ダイキンは扇風機の首振りに使うモーターでフイルタを廻しているのだが,
それほどトルクのあるモータではないから,
回転フイルタの重量バランスが取れていないと「加湿フイルタ回転時のブレ」が生じ,
「カタカタ・コトコト・コロコロー」といった異音が出たり,全く回転しなかったりする。
水を含んだ加湿フイルタは,結構重くなっているのである。

説明書にある「加湿フイルタのお手入れ」も要注意である。
花王「ワイドマジックリン」で,つけ置き洗いして下さい。とあるが,
フイルタを付け浸しする前に,確実に粉末を溶かしておくこと。
まちがっても濡れたフイルタの上に「ワイドマジックリン」をまぶしてはならない。
発泡洗剤がフイルタに固着してしまい,フイルタが即,駄目になる。

・異音がどうしても気になる。
・(水があるのに)給水のお知らせが点灯する。

こうなると,加湿フイルタ交換が必要である。
加湿フイルタ KNME998B4 \ 2,376(2016年2月現在)
交換すると,うそのように良好になる(こともある)

少なくとも,うちでは良好な結果となった。



4.急に空気清浄機が動かなくなった。
  前ふたを手で軽く押さえると,押さえている間は動作する。
  前ふたをはめ直してみるが,軽く押さないと動かない。

(原因)

はめ込み式の前ふたは数年で「たわむ」(変形)ことから電源が入になりません。

(対処)

・前ふたの突起をセロテープなどで「ほんのわずか」厚みを持たせる。
・前ふたを新品交換する。

P2000002a

ダイキンの加湿機能付き空気清浄機は,前ふたを外して水タンクをセットし,
前ふたをはめる。(これが他社に劣るレイアウトである。めんどくさい)
前ふたをはめると,「本体スイッチ」が押されて「動かせる」状態になる。

で,あるが…

「ふた」自体が経年によって「ひわる」(反る。というか,変形する。というか…)
結果,微妙に「本体スイッチ」が押されていない状態になって動かない。

これは,ふたを取り付け,「本体スイッチ」がある辺りを指で軽く押すと
動作するから,電気回路など他の故障との見分けは容易である。

P2000003

「ふた」上部中央にある突起を,セロテープなどで僅かに延長してやる。
微妙に反った分,スイッチまでの距離が伸びているから,突起を伸ばすのである。

一応,メーカもふたが変形しないようにリブ
(ふた裏の格子状の出っ張り)を付けてあるのだが,
うちでは3年目にはこの現象がでており,
今年もテープを貼って,再延長したのである。

こういう「マイナートラブル」が直らなければ,
実にくだらない原因で修理となって,実に勿体ない修理代を
払っているお客様もいらっしゃることであろう。
修理代があれば,プリーツフイルタなどの保守部品が買えるのである。

業務用の実績は,マイナートラブルを押さえ込める保守要員が居るからであって,
家庭用だと,そんな「甘え」は通用しない。
ここがパナソニック社(根っからの家電屋)との違いである。



空気清浄機の需要はある。ダイキンは別売品(交換フィルタなど)も長く出る。
(保守部品が長く出る≒長く使える)
もっとも,ダイキンは製品寿命(7~10年)分の交換フイルタ(5枚!)
を添付して販売しているから,3~5年経ち,動かなくなると
諦めて本体ごと買い換えている人も多いのだと思う。

性能は良いのだが,個人に対する商売っ気が感じられないのが「ダイキン」である。

(それでも,もう7年使っている人の感想文おわり)

2015年11月 3日 (火)

ND100,000フイルタで遊ぶ。

十万ですよ!十万。
(こう書くと,なんだか品が無い…)



(序文)

2012年は金環日食および金星の日面通過という天文イベントがあった。

太陽の方向へ直接,電磁的記録方式写真機の透鏡を向けると,
故障の原因となる位,その光線の威力は凄まじいのであるし,
間違っても肉眼で視準することは厳に慎まれる行為である。
(失明するおそれ)

そこで,減光フイルタを用いて光線を弱めるのだが,
通常の減光フイルタ(ND4とかND8とか)だと直射日光には歯が立たない。

Pa000003


2011年の早いうちに買ったので,直径58mmで約五千円程度だったのだが,
2012年の金環日食直前はアマゾン日本で約七千円までつり上がったものの,
そう需要がある筈も無く,現在は元の値段に戻っている。

正直,ここまで強力に減光するフイルタは
使いどころが無く,まぁ,そうなんよ…

(2012年5月21日の金環日食(某地方都市あたりは部分食))

P5000001

(2012年6月6日 金星の日面通過

P6000001

※ここで,残念なお知らせがあります。
 この写真を見た人は死にます。致死率はなんと100㌫。
 (元ネタ:中島らもさん)

 なお,次回の金星の太陽面通過(日面通過)は,
 2117年12月10日です… 

と,まぁ,イベントが終わったら使わないんですよ。
ND100,000なんて…



※太陽光を電磁的記録方式写真機で直接撮影すると故障するおそれがあります。
※太陽を長時間肉眼で見ると,目を痛めるおそれがあります。

やらないでね。


(本文)

こんなかんじ。(概念図)

Nd100000j


まぁ,ND100,000(十万)はパッと見,黒いガラスですわ。
蛍光灯が僅かに透けて見えるくらい。

※それでも,絶対に目で直接太陽をみてはいけません!

それ位,太陽光線は強力なのです。

Pa000004

電磁的記録方式写真機(以降,写真機)ですら,
ND100,000を以てしても明るすぎて,
なかなか合焦してくれませんでした。

手動で合焦する機能を有する小型写真機ことコンデジって,
ミラーレスデジタル一眼+レンズキットが買えてしまえる
高級機種でも無い限り,無くなってるんだよね…

Pa000005

「デジタルズーム」という,便利機能を用いても,
実用上ブロックパターンの様な画になる事も無いので,
かなり大きく写せるようになったのです。

※メーカおよび機種によっては,希望どおりの仕上がりになりません。

Pa000006

フイルタなしで夕暮れの太陽を,
真正面から透鏡で捕まえると,
レンズ群内で反射して,このようになることもあります。
写真機の撮像素子によろしくないので,
あまりこのような写真は撮らないことをお奨めします。

※メーカおよび機種によっては,希望どおりの仕上がりになりません。

まぁ,ここまで色々書いたり写真貼ったりしておいて何ですが,
あまり面白い話では無いなぁと,わたくしも感づいてしまいました。



(応用例)

このように強力に光線を遮断するND100,000ですが,
超早起きが苦手な方は,ND100,000を用いて街路などを撮影すると,
シャッターを30~90秒は開くこととなりますので,
自動車・軽車両および通行人の類いが映り込みにくいようにする
撮影でご利用いただけます。

(従来工法〔フイルタ未使用〕)

Pa000012

F5.6 40mm (35mm換算80mm) 1/640秒 ISO200

フイルタの類いは一切使っていません!
(なぜこの事を強調するのか,書いている本人も
よく理解していなかったものと考えられています。)

(使用例〔案〕)

Pa000008

F5.6 40mm (35mm換算80mm) 75秒 ISO200 ND100,000使用

信号待ちの自動車など,数十秒移動しなかった物は写ってます。
仕様です。←魔法の言葉の一つ。正しく用いれば。だけどね。


(使用例〔案〕)

Pa000009

F4.4 58mm (35mm換算116mm) 30秒 ISO200 ND100,000使用

数十秒シャッターを開けていると,雲はかなり移動するので,
このようにほんわりほわりと流れた感じに写ります。
ただし,桟橋に繋留している艦船も波で動きますから,
正直,ND100,000を使ってまで撮影する意味はありません。

まぁ,実験とはいえ,人気の無い場所を選ぶあたり,撮影者の照れであったりする。
(三脚立てて,レリーズ使って何撮ってますのん?的な視線がイタイので)

このように,ND100,000は(使おうと思えば)使えるフイルタなのです。



(この事から解ること)

しかし,普通ならば買うことは無いでしょうな。ND十万なんて使わん。
使用頻度からくるお奨め度≒購入動機の強い順は,
C-PL>ND4>ND8>>(越えられない壁)ND100,000

でしょうなぁ。やっぱり?

(Ende)

2015年7月26日 (日)

煙火でもiAUTO主義…

オリンパス社は数年おきに在庫の山を作っては安値放出するから,
キットレンズそのものの性能には目をつむっても,
ボデーのみで購入するよりもお得な事が多いので,
E-P系はレンズキット(ダブルズームキット)を購入された方も
いらっしゃるかと思う。



時期的に煙火大会がよくあるのである。

煙火(花火)は明る過ぎる光源(火炎)なので暗めのレンズでも撮れるから,
キットレンズでも相応に工夫すれば撮れる「はず」なのである。

(考慮すべき点)
・レンズのF値は低くても良い。F2.8通しのPROレンズだと,
 明るすぎて「NDフィルタ」が必要かも知れない。
 (ま,絞れば良いんですけど,絞りすぎも良くないから)
・花火は打ち上げて展開するまで4~10秒はシャッターを開けるから,
 レリーズはあった方が良い。無ければセルフタイマー(2秒程度)で,
 シャッターボタン操作の振動を切り離そう。
 まぁ,小一時間は花火やってるから修正出来る…はずなんだけどね。
・三脚は必要です。ゴリラポッドでも良いけど。要はブレなきゃ良いんです。
・AF(自動合焦)は上手く行かない。目標物は発火するまで見えないから。
 MF(手動合焦)で「置きピン」するか,街明かりを目標に合焦することとなる。
・あと,割と構図。
 これは煙火大会が始まってしまうと,そう長い距離を移動して撮影は
 出来ないから。明るいうちに「こう撮る予定」(試写)はやりたい。



さて,折角E-PM2というカメラがあって,キットレンズを付けてやってみた。
※被写体から撮影地までの距離:約7km
※取り始めは「iAUTO」で。シーン選択を写真機に委ねた。
(ココログの制約で画像はリサイズしています。)

P7250100_2

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 14-42mm F3.5-5.6
ISO1,600/-0.3EV/0.8秒/F5.6(全自動)/42mm
被写界深度優先プログラム

被写体から約7km離れているから,35mm版換算84mmだと
「こんなもの」ですわ。
シャッター速度0.8秒だから,単純にタッチシャッターで撮っただけ。
偶々煙火が展開していたからこんな感じ。

P7250125

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO1,600/-0.3EV/0.8秒/F4.8(全自動)/85mm
被写界深度優先プログラム

レンズを付け替えたのだが,0.8秒しかシャッターを開けていないので,
まぁ,こうなんよ…(火炎の飛散する「瞬間」しか撮れない)
それから感度。ISO1,600だと,街明かりも「花火の煙も」しっかり写るから,
背景が黒くならず締まりがない。
※自動でも「-0.3EV」と少し暗く仕上がるようにはしてくれているのだが…

P7250110

iAUTO(自動で「夜景」と判断した模様)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO1,600/-0.3EV/十分の一秒/F5.6(全自動)/150mm
被写界深度優先プログラム

ピントが来ないと,どうにもならないですよ…
※だから「MF」手動合焦で事前に人間がピントを合わせてやらないと,
まぁ,そうなんよ…



斯くして「やっぱりか」といった所。
iAUTOお疲れ。やっぱ無理と言うことになって,
シーンモード「花火」で撮ったのだった。

P7250107

シーンモード「花火」(SCNモードで人間が設定する)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO 200/-1.0EV/4秒/F11.0/150mm
被写界深度優先プログラム
※ピントは「MF(手動)」で行います。

・「煙火」は明るいのだが,4~10秒はシャッターを開けないとならない。
 「火炎の軌跡」を写せないから「花火=4秒」の設定。
・露出も「-1.0EV」と「かなり暗め」の設定になっている。
・背景をやたら明るくしないためにも「ISO200」(標準感度)

なんだけどもねぇ。まぁ,そうなんよ…明るすぎた。
(合焦は背面モニタで調整したが,ゴリラポッドという
 不安定な三脚でブレまくってむつかしかったと言うのもある)

P7250127

シーンモード「花火」(SCNモードで人間が設定する)
E-PM2
MZD 40-150mm F4.0-5.6
ISO 200/-1.0EV/4秒/F4.8/85mm
被写界深度優先プログラム
※ピントは「MF(手動)」で行います。

迫力は捨てて,無理せず引いて撮ると(広角側で撮ると)楽なんですよ。
パッカーン。とね。
(この画に趣があるかと言われると,微妙…)

まぁ,SCNモード「花火」は,誰がやっても
「失敗写真」が極力少なくなる方向で調整しているのだと思う。



煙火は撮影機会が限られるので,一年も空くと「忘れている」
こともかなりあるので,色々やってみられると宜しいでしょう。
ただし,煙火大会々場内は「三脚使用不可」(大きいアレ)だったりするので,
周りの方のご迷惑とならないよう,お楽しみ下さい。



しかし,オリンパスもE-P系はとても素質が良いのに,
キットレンズセットで買ったお客様を逃す「営業方針」は何とかならんのか?
E-PL6以降/PM2持ちならば,「便利ズームを買えば便利です」って,
何故言わないのだろう?下手な5万円以上のコンデジを追加するよりも,
絶対良いのになぁ。
本体が防塵防滴でなくても,普通に光学機器としての取り扱いをしていれば,
オリンパスのボディーは,そう簡単に壊れるものでは無い。

2013年6月 1日 (土)

ねむれな~いよるには~(ねむり時間計のはなし)

*おおっと*

引用は二小節までにしておかないと危険なのでな。
役員になってはみたものの,「考え方が違う…」といって,
辞めた人の居た組織に目をつけられまする。



平成25年4月頃から,日中は元気だが「眠れない」のである。
下手すると翌0300頃になっても「眠れません」。
睡眠リズムを取り戻そうと,2300に就寝した事もあったが,
翌0230頃には「目覚めてしまい」其の後は一時間おきに時計を見ている状態。
こんなんじゃ,出撃しても午前中はまったく使い物になりません…

さて,平成25年5月末日を以て,とある携帯電話事業者の期限切れ「ポイント」が
約五千点あるので,「携帯電話」更新を諮るも金欠諸事情により先送りとし,
その代わりに「商品と交換」したのである。

P6010733j

ま,この会社の「直営オンラインショップ」で約六千円。
ポイント交換だと「四千五百点」で入手できる。
でも,ネット通販で安いところだと「三千七百圓」程度から。
製造者から直接購入するのが一番高い!という「罰ゲーム」状態。
今時,農家ですらのーきょー」を通さず売りさばいているご時世と云うに…
(日本の商慣例を頑なに守ると,こうなる…)

こいつに期待する処は,

1.睡眠リズムの恢復。
2.睡眠パターンの傾向を解析する。
3.初期設定だと,起床設定時刻30分前克つ「微睡んでいる」場合,目覚まし音を発する。

結局,「深い眠りに就く」状態であったのか?が重要なのであり,
いくら眠っても「たいぎい」のは,きちんと眠れていないのである。

P6010732j

だけれども,こいつの中に格納されている「詳細な記録」を取り出す術は2つあるのだが,

1.Android(TM)搭載の第二種特定無線設備と通信して取り込む。
2.別売のUSB接続通信卓を使う。

解析結果の詳細表示など,使い勝手は1.方式が抜群なのである。
どうしてこうなった?と思って詳細を調べると,
「有料サービス」(毎月315JPY)により,情報を永続格納できます。とある。

こんな事でもなければ,あのグループ企業が四千五百点で商品を蒔くわけがない。
あそこの商品,「希望小売価格」と云ったって,びた一文まけないもんな…



ま,使用する際,枕元におくのだが,単体だと,結構敏感な加速度センサが検知した,

「寝付いた」(身動きしなくなった)~「起きた」(目覚まし音を止めた)時間を以て,
「実際の睡眠時間」のみの確認が利用できます!
である…

旧電電公社(の連結子会社に)
毎月お布施をしない者には,必要最低限の情報しか与えない仕様の商品なのだ。

なお,USB接続通信卓は,暫く経って,この目覚まし時計の有用性を確認後,
導入することを見込んでいる。
(要は,飽きなかったら買ってみても良い。と云う処。)

※ご注意:一週間データ解析程度ならば,ユーザ登録により只で利用できる。
 但し,ロハでも「パーソナルコンピュータ」か「Android(TM)搭載第二種特定無線設備」
 を用いてデータを時間計から取り出さないと駄目なんじゃ~



旧国営企業(今も筆頭株主は「日本国(財務省)」)の体質って,
日本たばこ産業株式会社以外は似たり寄ったりですわ…

嫌なら使うな!他所を使え。そして困った時の対応の悪さに泣くが良い。って流儀。
そ。下手な官公署よりも質が悪いのだよ…
こういう体質が「官と民の悪い所取り」と云われる由縁なのだ。

2013年5月 7日 (火)

今更ながら,Windows8(TM)を「けよんけよん」に腐してみる。

(商標は,それぞれ権利所有者の商標です)

休んで休んで休んで出~てぇ出~てぇ休んで休んで休んで休んでおわた。

暇だったので,昨年壱千弐百圓でダウンロード販売された
「Windows8(TM) Professional」+「機能の追加(メディアプレーヤー)」をインストールした。
正直,これ開発した責任者,もう退職しちゃってるし…

どうすんの?コレ…



抑も,今度のWindows8(TM)は「地雷臭」がプンプンしていたのでな。
タブレット端末「しか」想定していないオペレーティングシステムを,
キーボード入力端末に援用するという「ごり押し」は,正直「無理ゲー」な訳で…

へえで(「それで」の意。音戸弁)このザマ。
メトロUIを一々「マウス」でクリックし,アプリが全画面表示で起動するのだが,
Windows7(TM)までの所謂「デスクトップ画面」に戻るには,
キーボードのWindows釦を一々押すのが手っ取り早いとか,
「バカなの?タヒぬの?」状態である。

こんなの,どうやったらビジネスユースで使えるんだよ!と思いきや,
法人向けモデルのPCのみ「Windows7をダウングレード」でご利用になれます状態。
個人には「便利で快適になったWindows8(TM)を是非どうぞ」って,
罰ゲームも良いところである。



何故Windows8(TM)は「一見快適」に動作するのか?
何て事ぁ無い。Windows Vista(TM)であれだけごり押しした「エアロ」を
あっさり転進したから描画が軽くなった…
ま,タブレット端末は「タッチパネル」で使う物だから,
3Dぐりぐりの描画機能を求める「ゲーム」などのユーザのことは,
これっぽっちも考慮せずに済む。

ネット・メール・SNS (わっちにはご縁が無いがの…)が出来ればそれで良い。
だったら,Windows7(TM)をWindowsXP(TM)の様に,長期間提供すれば良かったと,
「今となっては」中の人も思っているだろうよ。



斯くして,このザマなので早くもWindows8.1(TM)が,早ければこの夏に出ます…
止めたはずの「スタートメニュー」や「Windowsクラシック (7相当の表示モード)も
復活するかもと「噂」されておりまするが,噂はしょせん「うわさ」ですから。

今までなら,サービスパック(プログラムの欠陥修正および機能の追加)
レベルのものを,こういう時は散々貶しておいて,OS X(R)の真似をするという。

MacOSの,何が嫌だったのかというと,サービスパックを「有償で」,
しかも「バージョンアップ」とわざわざ銘打っていたところである。
バージョンが0.1上がる度に,有償で「ライセンス提供」されていたのである。

マイクロソフト社唯一の良心が「サービスパックは無償」だったのだけれどもな…
低価格(ほぼ事務費のみ)頂戴するというが,なんで「プログラムの欠陥修正パック」を
金払って「使用権」を得なければならんのじゃ?


※平成25年5月19日加筆修正

マイクロソフト社は,下記のことについて発表した。
Windows8.1(TM)は2013年下期リリース(予定)
Windows8(TM)利用者は無償でバージョンアップ可能と発表した。





やっと本題に入る。

ご利用の判断を含め,全て「自己責任でお願いします」な領域の話し。
速攻で「スタートメニュー」を(見せかけ上)再現出来る無料ツールを入れたのだった。

しかし,苦労してこのツールをインストールしてみたとて,
Windows Vista(TM) Basicみたいな「Aeroではない(様に見える)画面」になっちゃうので,
「何のためのプロフェッショナルじゃ~」と,
途方に暮れるやら,呆れるやらであった。
時間の無駄だから,Windows8(TM)は当分触ることもあるまい。



しっかしまぁ,期間限定ダウンロード価格「壱千弐百圓」
+期間限定無償提供のメディアプレーヤー(MPEG2動画再生デコーダの追加)
だったから傷は浅かったものの,ほんとコレどうすんの?
ゲイツも焼きが廻ったなぁ。セミ・リタイヤで悠々自適な日々も,
飯のタネの「会社」が無くなったんじゃ意味ないだろうに…

※現在,更っぴんのWindows8(TM)は,「アプリストア」で
「機能の追加」(MPEG2動画デコーダ)を有償でお求めになると,
DVD Videoもお楽しみになれます。

(でもね,Windows7(TM)では「標準機能」として搭載されていたの…)



ところで,Windows Vista(TM)の時も,開発した責任者は発売後すぐ退職したのだが,
たいそうな俸給を貰っておいて,辞めた時の台詞がいいじゃないか。
亜米利加人らしいや。

「私がマイクロソフト社に居なければ,Macを使っていたさ…」

ばっかやろ~ぅ。

2012年2月10日 (金)

わたくしが「ぐぐり」たくない理由

以前「ぐぐる」と魂を抜かれるような気がする…と
それとな~く書いたことがある。

あそこで「自分の本名」をぐぐるのは「まぜるな危険」
と同等の危険行為である。
入力された情報は「削除を申し出ない限り」電磁的に記録される。
未来永劫。

さらに3月1日より「新しいプライバシーポリシー」が適用される予定である。
これはインターネット技術をちょっとでも知っている者であれば,
至極当然かつ容易に収集でき,現在もフツー収集出来るであろう情報である。

問題は,今回「プライバシーポリシー」として「明示」してきた所にある。
スマートフォンが増えている現在,スマートフォン端末の情報を取得しますが,
個人情報とリンクさせませんとある。

逆に考えると「やろうと思えば出来る」のである。
まぁ,世界に誇る中松義郎氏の謂っている「正しいインターネットの利用方法」を
知っておくべきだろう。

(氏の趣旨)
インターネットに大した情報は無い。
自分が知りたい情報の詳細な文献は見当たらず,
得られるのは「自分が知っている」事ばかりなので,
「インターネットよりも俺は偉い」事を再認識出来るのがインターネットである。

全く正論。

詳しい情報は「専門書」(本)を読まなくては入手できない場合が殆ど。
地図を見たり,美味しいお店を探したり,温泉や旅の情報など,
「それほど重みのない」情報を容易に得られるのが「インターネット」上の
情報であり,其れ以上を求めたければ「知っている人に訊く」,
講義を受ける,若しくは「ちょっと自分で考えてみる」ことが肝要。

だからわたくしはインターネットを使うということは「ちょっと調べて解る事」
が「容易に入手できる」道具と見なしている。
(または「電子商取引」とか。当然httpsセキュアなサイト)であること)

「インターネット」の「検索サイト」は用法・用量を良く理解してお使い下さい。
(ピンポン!)

ま,わっちはスカタンを承知で極力Bingを使っているのだけれども。
どっちも「何処まで魂を抜いているか知れない」が,
堂々と「プライバシーポリシー」に書かれたんじゃぁ,ちと考えるわさ。

デジサポに訊いてみた

※カテゴリーを「いじり系の話」としたが,
寒い中風邪をひいてもツマランから,現在「情報収集」中。

何事も「準備」は大切だ(と言い訳しておく)



さて,我が住居の存する地域(ご近所)の「地上波アンテナ」の向きを見ると,
多くが「呉警固屋中継所」(運用終了)に向けてある。

新築の建物およびアンテナを更新した家は,「広島親局送信所」もしくは
「大柿送信所」に向けている。
大柿送信所は垂直偏波なので,アンテナ素子は地上に垂直となるよう設置されている。

さて,偏波面は直リンしないと「ふつーの人」ならば諦めちまう階層にあるのがなぁ…
だってさ、「デジサポ」のページと「総務省のページ」をネット上で
「たらい回し」されるのだから堪った物ではない。

という訳で,「電話で聞く」のが「手っ取り早い」という結論に達したのだが…

わたくし
「すみませんが,○○に住んで居るのですが,アンテナを更新する場合,
どっちに向けたらいいんでしょう?呉警固屋中継局は運用終了していると
思うのですが,呉警固屋中継局に向けている家も多くあり,視聴出来ています。
しかし,梅雨時期など,たまに受信レベルが下がる場合があります」

デジサポ
「折り返し連絡しますので(以下略)」

電話したのは2月5日(日)。オペレータが少ないのか,手薄なのは解るが
返答は2月6日(月)になるとのこと。



(翌2月6日(月) 午前9時過ぎ。勿論仕事中)

デジサポ(テクニカルスタッフ)
「朝早くすみません。昨日お問い合わせの件で連絡を(以下略)」

概要は以下のとおり

1.呉警固屋中継局の運用は終了している。
2.あなたの住所からだと,広島親局送信所(絵下山)に向けて貰いたい。
3.(絵下山方向は法面であり,絵下山は目視不能だが?)
   →目視不能でも,広島親局送信所の送信出力が大きいので多分大丈夫
4.もし「大柿送信所」に向けるのであれば,ブースターが必要と考える。
5.ブースターはアンテナ本体より70~80㎝離してマストに固定するように。
  (増幅器の信号をアンテナ本体が拾ってしまい,支障する場合がある)
6.ブースターは「屋外型」の方がよろしい。屋内型はアンテナ線の引き込み長に
  よっては信号が減衰または外乱を受けていることがあり,効果が上がりにくい。
7.どちらの送信所に向けるにせよ,「30素子タイプ」のような中・弱電界地用は過大。
  普通ので十分です。(14-20素子程度)

回答は的確であった。
ひょっとしたら,中の人または中の人だった者(OBさん)かと思われるくらい明快であった。

さらに,
「全地域を現地調査している訳ではないので,近傍で同様の現象があるようならば
連絡して貰えると,現地調査などの実態調査を行う場合があるので助かる」とも。



さて,「強電界地域」とはどこなのか?と自分も思っていたのだが,
おおむね「受信エリアの目安」で着色されている範囲を指すとのこと。
但し,あくまで「電算によるシミュレータ」+「現地調査した範囲」による
推定受信エリアなので,地形や周辺建物の状況により「例外」はある。

これで「情報」は集まった。あとは時候の宜しい時に作業するのみ。

結論:
リンクの多さを見れば解るが,「正解にたどり着けた者」は自慢して良い。呆れた…
ふつーの人ならば,自営→不調→電気店に相談だ  つД`)  は十分あり得る。
アンテナ取り付け代,屋根上の場合は5~7万円が相場だ…

なお,アンテナ本体・マスト・サイドベース(金具)だけだと,
ホームセンターで7千円もしないだろう。
強電界地域であれば「無指向性アンテナ」を窓際に配置するだけでも結構視聴出来るが,
失敗できない「録画」をする(安定した受信をする)場合は克く検討されたし。

2012年1月14日 (土)

中止・中止・中止…(TestDisk)

TestDiskを使うと云う事は,一回こっきりの勝負なので,
前回
の時点で「詰んでいた」(MBR書き換え→不調→リトライの流れ)

元々,駄目もとではあったのだが,「いじり系のはなし」カテゴリーに記述した限り,
結果も書いておかないとなぁ…

Windows(R)のブートドライブでは無い限り,UEFI未対応のマザーボードでも,
2.1TB以上のHDDを利用できるのだが,復旧の際に困った事となる。
「Intel-PC」を選択して解析の結果,「NTFS」フォーマット・1パーティションの筈が,
exFAT」のパーティションが3つあるとの解析結果だった。
わたくしの目論見通りに解析して貰えず,不調に終わった。

やはり2TB以上のHDDを使用する場合,UEFI対応環境で使うのが無難なのだろう。
この点は,過去を(ユーザごと斬り)捨てた"Intel Mac"に一日の長があった。
なにせ,「OSとハードウェア(パソコン)」両方がEFIに対応していないと,
今回のようにトラブった場合,面倒な事となる。

OSはWindows(R)であれば"Vista SP1"以降または"Windows(R)7"
マザーボードはIntel(R)であれば,6シリーズ以降のチップセットの物ならば
「ほぼ」大丈夫だろう。(例:Z68,H67,P67など)
”ほぼ”というのは,初期P/H67マザーの中でも,EFI未対応のものがあるから。

さて,どうしたものだか…
(結論は出ている。フォーマットするしかない)
ふつーならば,2TB以上のHDDは滅多に必要とならないだろうけれども,
写真(RAW DATA)とか,動画系は容量が必要だからなぁ。



最期にこれだけは書いておく。
無料の復旧ツールだけでも,結構な所まで出来るものだ。
HDDを売りに行く(中古買い取り店に行く)場合は,データを確実に消去すること。
(ごみ箱→ごみ箱をからにする。だけではNG)

初期化も削除もせずに売りに行くならば,買い取り側の対応を信ずるのみである。
Windowsで「クイックフォーマット」しただけならば,データ復旧は単簡である。
それ目的で中古HDDを買い求める御仁もいらっしゃるのだ。御用心御用心

2012年1月10日 (火)

HDDのMBRが飛んだ模様…

といわれても,分かる人にしか分からないタイトル,なので。
カテゴライズも「いじり系」は適切では無いと思っている。



さて,2.5TBHDDがある日突然(といっても昨夜)
「このディスクはフォーマットが必要です(Y/N)」と云うウインドウが出るようになった。
コンピューターのハードディスクのプロパティを見ると,
フォーマット形式が「NTFS」から「RAW」に変わっていたのである。

要はファイルにアクセス不能になった。原因は「マスターブートレコード(MBR)」が
何らかの電磁的要因により「異常」となったため,PCからはファイルの在処が分からない
状態になっている。
つまり,バルクHDD(メーカー出荷時の未フォーマットHDD)お買い上げ直後だろう?
とWindowsのバカが云うのである。

ちょっと前まではMBRが飛べば(アクセス不能になれば)データは
パー
という事で泣く泣くフォーマットを決断していた物だ。



然し,今回はちょっと諦めるには惜しい。何とかならんか?と思い検索サイトで捜した処,
世の中,「こんな時のために造っておいた…が役に立ったよ」
なんて科白が云えるツールをこさえてくれてた(作ってくれるの意)方がいらっしゃる。

と云う訳で,TestDiskという物を試してみている。

(参考映像)
120110j

※ま,背景画像は毎度の如く「気にしたら負け」なので,脳内でブルーなり櫻なりに変換していただく。

詳しい方法は,興味があれば「ご自分で」調べて下さい。
正直,このツールを使う事自体クリティカルなのだが,フォーマットする位ならば
やってみる価値はあるだろう。なノリでやっちまっているから。

問題は,殆どのサイトで「Intel-PC」を選ぶと良い。と書かれているが,
x86-64 (Windowsの64bit版)かつ「NTFS」の場合,上手く行かなかった。

個人的には「Intel-PC」という表記が気に入らないのだが,
PC/AT compatible machine」と云われても「訳分からん」世代が
全世界的に多数派となったのだろう。わたくしも年寄になったのだ。
(江戸時代ならば,人生50年だったので35位から「いんきょ」になったものだから…)

◇閑話休題

うちの自作PC/AT互換機は,UEFIは実装されていないものの,
2.0TB以上のHDDはマザーボードとOS両方が対応していないと「使えない」ため,
現在2.5TBのHDDが「使えている」から「UEFI搭載PC」にしてリトライ中。

実は,本文を書く前,もう1回目の復旧作業をやっちゃったのだ…
しっかりexFAT のパーティションが見つかりました。復旧しますか?と出た。
フォーマットは「NTFS」なのだが,おかしいなぁ…と思いつつも強攻策を採った。
(全部英語表示。中止の選択肢もあったが強行)
結果は(ノд・。)

駄目もとで2回目に挑戦だ!
(MBRを書き換えただけの筈だから,データの記録自体はクラッシュしていないと判断)



このTestDiskはHDDのMBRの残骸をスキャンして,MBRを正規な状態であろう情報で
上書きするため,素人にはお奨め出来ない。

本文がちんぷんかんぷんの方は,PCに詳しい人に相談するか,諦めましょう。
と,云う訳で2330現在もHDDを解析中。寝る。では,

健闘を祈る。

2010年10月10日 (日)

ナシヨナル NI-CL7(コードレスアイロン)送別検証

ナシヨナルブランドが消滅した今日、残しておきたかったのだが壊れちまった物は仕方がない。

念のため、修理可能かパナソニック修理ご相談窓口に問い合わせの電話をしたんですわ。
この某地方都市にも修理受付所があるのだが、電話は0120に統合されていた。

(※”フリーダイヤル”はNTTコミュニケーションズが提供するサービス名です)
(参考:NTT東西は0120を”フリーアクセス”と呼称。同じNTTグループ内なのに馬鹿丸出し…)

驚愕したのは即繋がった事。たまたまだったのかは不明だが、今日のコールセンタで即繋がるのは希だ。

質問は次の通り
・古いモデルなので修理可能かどうか(補修部品が無ければ直せない場合があるので)
・修理可能な場合、最低いくらかかるのか(ソニーみたいに拝見料だけで1万円なんて事もあるので)

5分程で折り返し連絡あり。その結果
・ヒーターユニット(こて部分)は保有部品なし。
・そのほかの部分の故障だと、約8千円から。

気持ち良い速い対応+明快な回答。修理に出す気は速攻で失せた。



どーせ修理に出さないならば、故障箇所を探って部品を交換するべ…と考え、
テスターで導通試験を行った所、バイメタルサーモスタット故障の模様。
サーモスタット未作動時(平常時)は回路が閉じられているため、
メーカスペック抵抗値は「50mΩ以下」になるはずなのだけれども、
現在の抵抗値が∞Ωなので、故障原因はバイメタルサーモスタットの模様。

(参考映像:赤色は電気の流れを示す。黄色×印が故障該当箇所)

Test


なお、他の部品(ヒータ部自体やリレー・スイッチなど)は正常であった。

尤も、アイロンの故障原因で一番多いのが”ヒータユニット故障”の様だす。
アイロンを長時間電源入れっぱなしで放置すると、バイメタルサーモスタットが壊れやすくなるとか。

しかし、バイメタルサーモスタット供給元(ワコー電子)の諸元表では結構な耐久性能を明示してあった。
しかも、当機種は一定時間以上放置すると電源OFFに移行するようになっている。

この部品さえ手に入ればと、ネットでさんざん検索したが徒労に終わった…
なお、この部品はかなりの高温になる事から端子は溶接されているので一般人には直せません。
(高温すぎてハンダ付けだと、ハンダ自体が溶けるのでNG)

パナソニックに修理に出しても”ヒーターユニット一式交換”となる筈ですから、
ヒーターユニット在庫なしという時点で詰み。

ざんねんざんねんさようなら。

(平成22年10月12日(火) 加筆修正)