2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

のりもの

船からヒコーキまでなんでも

2015年7月18日 (土)

護衛艦すずつきをみました。

※少し前の話です。写真もその時の物です。

P7000015

某地方都市には海上自衛隊護衛艦隊第4護衛群指令部がありまする。
したがって普段は佐世保に居る船や,その他の基地に属する艦も
よくお越しになりまする。

この日は護衛艦すずつき護衛艦あけぼの護衛艦こんごう
某地方都市では珍しい艦がお越しでした。

P7000016

あきづき型護衛艦自体,まともに見たのはこれが初めてなのですが,
射撃指揮装置機関シフト配置に伴う煙突配置および対レーダー隠匿性
の関係からくる機能美は…正直ちょっと微妙なのです。
間延びして見えるので強そうに見えないのでありまするが,
昔の「格好いい≒(性能・機能を含め)強い」という常識は,
急速に過去の物となりつつあるのです。

この辺りは昭和のバブル期,あらゆる製品のデザインが模索中といった
風情であり,模索も数十年続ければ再び「格好いい≒強い」時代に
戻るものだと,わたくしは確信するのであります。



忙しい人向けの解説

JS Suzutuki(DD-117)を視認。あきづき型護衛艦は高性能だが余り美しくない。

2015年6月28日 (日)

ドリームスリーパー(グッスリ)【中国バス】

P4031807j

標準体重(一般的に60kg)以上の体躯の方にはお奨め出来かねる。

理由

1.座席は蒸れない生地で良さそうなのだが,
 クッションに厚みが無く弾力性に乏しいから体を支えきれず,
 板の上に居る状態。
2.種車(現代自動車・ユニバース)のサスペンションに
 問題があるのか「突き上げ系」の衝撃をまともに受ける。
 NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)が多く,
 日本製のハイデッカー車の乗り心地には及ばない。

正直「グッスリ」どころか「ぐったり」だった…
両備ホールディングス名物会長
ゼログラビティシート「以外」で廣嶋~東京町田間を乗るべきだ。
自分の会社がどんだけのもんを運行して自慢しているのかを。

正直,両備グループの人員は総じてサービス意識が低い。
ぞうきんを絞れるだけ絞るトヨタの力加減は絶妙だが,
絞りすぎて雑巾,ねじ切れる寸前じゃないんですか?
従業員満足が低い処に良いサービスは望める筈もない。

これに乗るくらいなら3列シートのハイデッカー車の方がマシ。
と言うわけで次にバスで東京方面へ進出する際は,
意地でも日本製のバスで運行する会社便を利用する。

(実際に乗って碌に寝られなかった人の感想文おわり)

2015年3月 9日 (月)

約30年ぶりの新車を見たのです。

平成27年3月8日(日)
於某地方都市駅
JR西日本227系電車展示会

事前にポスターが貼り出され,事前準備も十分です。

・「これでもかっ」て言うくらいです。
P2245447j

・よいこのためのぬりえがあったよ。
P2245449j

・ホームの表示もすっかり完成。
P1030223j

ま,事前に懇ろに周知された処,
高確率で速やかに放逐されるであろう日本国有鉄道103系電車
好事家が見逃すはずも無いので,11時頃某地方都市駅南側構外より
その状況を望んだところ,すでに三脚を立てる者などを認め,
某地方都市駅での撮影は瞬時に諦めた。

絶対良いことにならないから…



さて,展示会は2回行われるが,3番乗り場は普通電車がまいりますので,
2回展示会を行うとなると,下記のことが考えられた。

・3番線は快速を退避する普通が留まるので,展示は約20分間
・展示は2回
・次の展示は約一時間後。多分留置線のある広駅に回送される。

と,言うわけで,速やかに安芸阿賀駅へ向かった。
結果は以下の通り。

P3084231j

・典型的電磁的記録(例)
P3084239j_2

申し添えると,これ以外の写真はありまするが一々貼り出しません。
(主に面倒くさい。リサイズ外色々あるのです)



いやぁ~。VVVF制御車特有の音は良いのです。
数年おきに鉄道で長距離旅行をすると,帰りの事を考えるだけで憂鬱だったのです。
行った先のほとんどが廣嶋地区よりも車が新しいので,
乗り心地とか,走行音など「草臥れかた」が全く異なる。別次元なのである。

例えば,新幹線で廣嶋驛まで帰るでしょ。すると廣嶋~某地方都市までの,
一番最後に乗車する区間の電車が一番古い…
只でさえ,昔設定のあった30分を下廻る快速も無くなり,
22時台の新幹線で帰広すると,普通電車しかない。
普通電車だと,某地方都市まで50分弱かかる。
下手すれば矢野まで立席になる可能性もある。
最期が一番疲れる罰ゲームがあると思うと,憂鬱になったものです。



・速やかに放逐されると見込まれる国鉄103系電車
P3084429j

国鉄形抵抗制御車特有の送風フアンが唸りを上げる中,
直流直巻電動機特有の音が加わり,ゆっくり発車して行きました。

個人的には,残り数日ですが某地方都市線内において,
国鉄105系電車のうち,国鉄103系改造組も速やかに放逐されると考えます。

この事による一部の良識すら持たない好事家が起こす騒動について,
今度のダイヤ改正は平成27年3月14日(土)なので,
混乱は北陸本線のように酷いこととは為らないと考えます。けど…



最期に

・注意喚起掲示物(電車の色と形は現状で製作せらる)
P1030284j

ま,折角作った掲示物なので,暫くは使える状態であると
思わないでも無いのですが「ながら」歩き・運転は
真剣に言う。やめて頂きたい。

特にスマホの「ながら」自転車操縦や自動車運転。
他人を殺傷する可能性のある物を操縦している自覚が無いのは,
人としてあるまじき行為なのだが,当人は気づけないので仕方無い。
その事を云ったら逆ギレされるだろうから,
安全な距離を保って,外の者に関係なく出来事を起こすようにと云いたい。

(お終い)

2014年2月12日 (水)

RR

※当ブログの更新についてのポリシーは,きちんと掲示してあります。あしからず。

いや,ポルシエ911系スバル旧サンバー等の
発動機搭載位置+駆動方式の略称では無くって…
(いや,誰もそんなこと考えても無いし,そもそもRRって美味いの?と謂う者も居ろう)



どうも,年初からすっきりしない。
良い写真(自己満足ウヘヘンッてな)が揚がらないので,
ホント写真へたくそになっちゃっています。
(数は其れなりに撮っているのだけれども)

P2071247j

こんなのとか。
積雪なのか霧なのか曇天なのか,すっきりしない写真だ…
(某地方都市の平地では,単簡に雪は積もらぬ。すぐ溶けるべちゃ雪だから)



そりゃアータ(あなたの意),”RR”と言ったら”ロールス・ロイス”でんがな。
自動車部門は売られちまったが,旧ファンタムVIまでほぼハンドメイド。
内装の仕様を打ち合わせ,車内装飾を作製。外板は木型からの叩き出し製作。
豪勢な内装を装備しても,たったの当時1億円。

そりゃ「商売としては成り立ちません」わな…絶対数が出ないから…
自動車部門はベーエムヴェーの傘下になっちまいました。

さて,察しの良い御仁ならば,この前振りである程度展開が予想できるかもしれない。

P2081077j

RRと言えば「大英帝国を支えた軍需企業」の側面が強い。
先の大戦に於けるマーリンエンジンの影響は大きい。
ご先祖の発動機は,独逸でベンチマークされDB600系Jumo系となり,
アツタハ40の元でもある。
※しかし盟邦独逸とは言えども,一企業である「ボッシュ」は「燃料噴射装置」の
 お代が無いのなら,ライセンス供与しない。というイケズをしたため,
 日本側でベンチマークして物にした。こういう所は今も昔も変わらない。
 (基礎研究は今一でも,応用発展は大の得意である)

と,謂うわけで「ロールスロイス・トレントシリーズ」という「ターボファンエンジン」が
搭載されたヒコーキを見てきたのさ。

P2081066j

ま,こいつですぁ~。ご隠居。
全日本空輸が所有する787は,今のところ全部RRエンジン。
やはり「サンダーバード」のスポンサーだっただけけあって,
レディ・ペネロープカー(ピンクのロールス・ロイス)のフロントグリルのアップからか,
RRマークは「高級」な「イメージ」がする。(本当に「イメージ」だけなのだが)

P2082371j

斯くして,機体送り込みをやらないと翌日の機材やりくりに困るため,
何とか羽田国際空港へと出発して行きましたとさ。めでたしめでたし。
(勿論「現地気象条件により,広島空港へ引き返す”条件付き飛行”だった)

あ,写真撮影日は2月8日(土曜日)ですわ…
航空機はほぼ欠航。鉄道ダイヤ大幅な遅れ,空港バスは山陽自動車道が
16時50分頃まで通行止めだったから,広島行きリムジンバスもなく,
皆さん最寄りの山陽本線白市駅行きバスにご乗車であつた。

え,わたくしは「某地方都市行きバス」は「全て一般道迂回」運行だったので,
其れに乗ったら,途中無線で「規制解除」の連絡。急遽通常運行路線に戻り,
定刻の10分遅れで到着。運転手さん,お見事でした。

2013年3月23日 (土)

カルビーポテト丸(除籍)

P3164369j

かねがね話には聞いていた「カルビーポテト丸」が,
我がご近所の造船所に繋留されていたので初撮影となったのだが…
船体側面の「Calbee Poteto」が塗り替えで一時的に消えていたとばかり
思っていたので,側面からの写真はありません。
(後日,書き直した後で撮れば良い。とその時は考えていた)

その後,船舶AIS信号に基づく現在位置を表示するサイト上で,
カルビーポテト丸の信号が途絶したため,整備のため信号送出を
止めたと解釈していたのだが,実際は売却のための整備繋留だったようだ。
AIS信号は,護衛艦など送出を止める船舶もあるので…)

P3164379j

と,言う訳で最期は後ろ姿しかありません…

これのお陰でどれだけの馬鈴薯が北海道から全国各地へ
輸送されてきたのか。功績は大きいと考えまする。

なお,カルビーは廣嶋が発祥地であり,中国地方の主力工場も
存することから,今後の馬鈴薯輸送方法が注目されます。



明日は,体調および天候を考慮し,問題が無ければ
第二音戸大橋開通記念行事を見に行く予定。
街は大混乱にならなければ良いのだけれども…
※駐車場は予約制で,既に受付終了。公共交通機関でお越し下さい。
(わっちは,徒にてちゃっちゃと行って,ちゃっちゃと帰ることを見込んでいる)

なお,第二音戸大橋の供用開始は平成25年3月27日15時予定です。

2013年3月17日 (日)

敷設艦むろと(2代)が来ました。

P1050925j

本日の某地方都市は,朝から「春霞」様であったものの,
お天気占いによると,晴れ後曇り夜遅くから雨であり,
正直「休みの日はてんきわるい」…

ま,特に験を担ぐ必要の無い艦には同名を使う様で,
やはり「むろと」になったようです。

今度はケーブル敷設ガイドを艦尾に設けているため,
ぱっと見は…商船構造とはいえ,一応ステルス形状なのだな。



本日は亜米利加第七艦隊指揮統制艦が来ているにも拘わらず,
期待に応えないのがわたくし式なのだろう。
(ブルー・リッジの由来板を読まなければ,ホイホイ載せていたのだけれども…)

2013年1月 1日 (火)

所謂「平成二十五年元日」になった。

何時も見かける国鉄113系電車
この近所の西日本旅客鉄道株式会社線ではな…

外装および内装共に「リニューアル+延命工事」をしてるものの,
運用開始後参拾年以上経過しているのだけれども…
バスと違い,鉄道車両は寿命はあって無きに等しいのだ。
(電気代や維持修繕費などを総合的に勘案し,置き換えする時が寿命)

P1010236j

P1010245j

まぁ,この車は内装も手抜き無くなされているからね。
といっても,数年前まで京都方面で使われていた車だから綺麗な訳で,
酷鐵廣嶋の真骨頂は「外観だけリニューアル車」,内装は「ボックス席」
なんてのもあったし,
塗色でドア位置を推察できたとしても,4両中1両だけ
「115系3ドア車体質未改善車」とか(残り3両は2ドア)…
読みが外れて,ドアが開く前に椅子取り合戦の「敗北が確定」するなど,
愉快な思い出ばかりですわ!

閑話休題

たまたま乗り合わせた上,何の意図も無く車両番号標を撮っていたのだが,

P1010244j

ま,こういう事もあるってわけで,別に大したことじゃありゃんせん…
取り敢えず,今や「グレゴリオ暦」上の新年と同じと云うだけのこった。



しかしまぁ,JR発足後,ストやったから廣嶋支社はずっと冷遇なんかのぅ…
平成4年頃じゃったかの?
(偶々かもしれんが)あれから国鉄103系電車が来たり。
※実際は暖房車 非冷房車を置き換えるため。という大義名分があった。
そしてボロは更に西へ…(下関~徳山間)

それにしても,あん時は凄かった。つま先立ちになる乗車率になったり,
次の電車は一時間後となることから,夕方は豪華12両編成もあった。
後ろ4両は呉線に入ると,ホーム長の関係ではみ出すため,
「後ろ4両は廣嶋・向洋を出ますと,呉まで扉が開きません。
前8両とは通路が繋がっていませんのでご注意下さい」なんて
アナウンスがあったもんじゃ。

(参考)
関西地区運用時は「高速対応工事」実施のため,この番号+5000で区別
していたため, 113-7013だったのかな?
山陽本線廣嶋以西は,線形がよくないのもあり,100㌔㍍毎時も出せれば
充分なので,高速対応解除,元番に戻った…

2012年12月16日 (日)

NEOPLAN EUROLINER(ドイツ ネオプラン社)

ネオプラン ユーロライナーは独逸車である。
尤も,車両(架装)メーカなので搭載した発動機メーカのマークが付与される事もある。

P1010227j

この車両はメルセデス・ベンツエンジンなので,シュテルンマークである。
(スリー・ポインテッド・スターはダイムラーの商標)
なお,今やグルーブ企業の「三菱ふそうトラック・バス」は”スリーダイヤモンド”…
”三菱”は家紋なのだが,商標としては”三菱鉛筆”が先に用いていたのでなぁ…
お互い,空気読み合って使っている所は流石日本企業である。

P1010222j

こいつの「凄い」ところは「中央に階段」(乗降口)があるところ。
前ドアと同じく”プラグドア”。一瞬「スゲー」と思うのだが…

P1010225j_2

こうやって横から見ると,なんかバカっぽいのである。
階段部分がデッドスペースになる上,車高が上がる分
エアサスがしっかりしていないと「ゆすられる」のだ。
(重心が上がるので,どうしても横揺れが…)

それと,総二階建ての「ダブルデッカー」車とアンダーパネルが
共通なのか,「ハイデッカー」でも異様にデッキが高い。
つまり,荷物置き場の高さは大きいのだが,悪く言えば「デッドスペース」だわコレ。
これくらいの車になると,日本メーカのバスも良い値段がするので,
商売として成り立つのだろう。(高速観光型で5千万円程度)

尤も,日本の気候風土は時として欧州車には過酷すぎるため,適合できずに
独逸本国へ送り返された物もあるけれどもな。

(日本は道路運送車両法により,全長12㍍以上の車両は”特殊車両”となるので,
保安基準の緩和申請が必要。その後も手続きが必要など,色々面倒という側面もある)



しかし「あの人も乗っている」だけは乗りたくないわたくしなのである。
バスはプロドライバーが運転しているから,事故らないだけの気がしてならぬ。

P7170593j

それもこれも「三菱自動車工業」のリコール隠蔽体質が遠因だ。
力の強い「三菱ふそう」車両を導入したくても,事実上採用しづらくなったのである。
(しょっちゅう「リコール」や「サービスキャンペーン」をやられたのでは,
点検期間中の代車充当など,運用上支障する。およびブランドイメージの崩壊)

2012年8月12日 (日)

DDG178 あしがら ほか

Imgp0995j

盆明けには訓練に出るのだろうけれども,
編成替えにより,「こんごう」から「あしがら」に変わったようで,
某地方都市に来ています。
(今年は観艦式がある)

イージス艦が来ているのは金曜日に把握していましたが,
煙突の形状が異なるため,「あたご型」と確認したのであります。



昨日はご用(と云っても二週に一度病院に行っている)があり,
本日撮影を試みるも,水蒸気が多く「もや~ん」とした仕上がり。

P1030100j

DDH182 いせ
DDG178 あしがら
DD105 いなづま
DD106 さみだれ
DD113 さざなみ
DD158 うみぎり

と,ずらり「第4護衛隊群」+客人(あしがら)が居ます。

P1030101j

MSC-687 いずしま
MSC-688 あいしま


ほか。掃海艇も注目してあげましょう。
なお,掃海艇は木造船です。次世代からはFRP船になる見込み。
(コスト縮減と艦齢30年を目標にするそうです)

定数があるのなら,20年程度での更新くらい大目に見ても良さそうなものを…
数が持てないのならば,新機軸をもたせてやるくらいしか出来ないから。
「非常時」には「防衛戦」をするのだから。

尤も,過去実績から云うと「海上保安庁」が一番なんだな。



P1020965j_2

そして,働く船「海翔丸」が整備のため来ています。
関門海峡という難しい所を浚渫し,油流出事故の際は
現場に急行するという勤労船です。

特に「関門鉄道トンネル」は,海底からトンネル覆工コンクリートまで
20メートルも無いから,浚渫には気を遣うのです。
(海砂を採らないと浅瀬が生ずるし,採り過ぎるとトンネルに支障する)

2012年6月17日 (日)

うち~のブログにゃ色が無い~(平成24年6月上-中旬の動静)

※タイトルは「家のテレビにゃ色がない」をベンチマーク したものです。
(C)三木鶏郎榎本健一三洋電機(現:パナソニック(株))
となるのかな?

さて,雨が降ると肩が痛いんだな。
だから行動が不活発に,なるんだな。
となると,良い写真も上がらないんだな。

雨の滴がある「アジサイ」なんか画になるのだろうけれども,
カメラやレンズをぬらすと後が面倒くさいんだな。

と,何時ものように言い訳をしておこうそうしよう。
では,少々写真を張り出そうか…



六月六日
金星の日面通過

ND100,000なんて2012年の日蝕と金星の日面通過くらいしか
使わないので,使える時に使わないと。
日蝕は残念な写真しか上がらなかったし。

P1020668j

出勤直前(07:40頃)。三脚を使ったので其れなりの画。
金星って大きいねー
(まぁ,金星は太陽に近いから…)

P1020672j

休憩中(12:30頃)
バス通勤で「鞄+カメラ+三脚」は無理すぎるので,
一脚に変更したらこのざま…ぶれています。

本来ならば,微妙な曲線様に動いたので(見かけ上)
20分/毎で撮影したかったのだけれども仕方が無い。
所謂「サラリーマン」ですから。

さて,次回は105年後です。この記事を読んでいる方々に
おかれましては,次回は草葉の陰から観測できます。
(近頃企業ではやりの「肯定表現」。微妙に腹が立つでしょでしょ)



六月十日(日)
護衛艦「せんだい」一般公開に出かける。

P6102460j

P6102350j

P6102351j

P6102504j

ハァ?「ひびき」じゃねぇかって?
そりゃぁもう,滅多に立ち入れないAバースですから。
ほぼ定位繋留である「ひびき」を撮らなくてどうしますか!

P6102365j

じゃ,「せんだい」(の装備品)の写真ですわ…
丈夫で長持ち。なんか違うような気もするけれど…

P6102453j

訓練支援艦「くろべ」にもある装備ですよ。
きちんと「愛称」まで付けて貰っていますし…

P6102362j

マジ済みませんでした…
船って船首から撮らないと様にならないので。
と写真貼り出しが出鱈目の言い訳をしようそうしよう。

P6102470j

みなさん,「内火艇」です。「うちびてい」ですよ。
大切なので二度書きました…

P6102428j

ファランクスですはい。うっかり近づくとハチの巣状態ですわ。
我が「海上自衛隊」では,曳航標的を引いていた
美國の戦闘機を(誤って)撃墜した実績があります。

P6102404j

こういう「メカニカル」なものは,その「造形美」に
魅せられてしまいまする。
ギヤーへの無造作なグリスアップが堪らん。

と,言う訳でこれらの「兵器」が実戦で用いられる事のない
世の中になれば良いのだけれども,
残念ながら,未だ人間の本能的感覚である「欲望」を克く制御
出来ない現代人だからこそ保有せざるを得ない物。

わたくしを含め,人間は歴史を学び,将来を善いものとすべく
生きなくてどうするのだ…

現状を顧みると,とても虚しくなる。
人間は相変わらず馬鹿だから嫌いなのだ。
儂を含めて…

※「護衛艦川内せんだい」(DE-232)の正面からの写真を追加します。
(H24.9.30)

P1030343j

前に進む様に設計された乗り物は,
前から見たときが「かっこいい」のです。

今回のカテゴリー「のりもの」の記事は此処までです。
またのご来場をお待ちしております。
以下は独白ですので,読まない事を強くお薦めします。


特に,ある年代層の方ですと,大層ご立腹となりましょう。
実際にある年代層の方々の事実を書いていますから。



さて,最后の一枚。

P6102513j

何処ぞの知事さんや。よく見てみてみ。
瀬戸内海は平均水深約30m。
水深20mだと,水中からでも陽光が分かる。
ということで海底の砂に反射することもあって
海の色は緑色なんですわ…

国内(南紀,奄美及び沖縄)や海外で「コバルトブルー」や
「トロピカルブルー」な海しか見てこなかったのでしょうな。
お金があるって良いなぁ。わしゃあ未だお伊勢参りすら叶わんというに…
(ひょっとしたら日本海沖の「冷たい蒼色」すら見ていないのかも知れない)
あれは綺麗なものだよ。露西亜のような凍てつく大地にに通ずる
ものがある。見ている分には良いが,本性は果てしなく冷たく厳しい…

まぁ,放送協会を擁護する気は更々無いが,
今の世の中,如何に「イメージ映像」しか持たぬ者が
沢山居るのかをご自身で立証されたのですな。

今年の大河ドラマごときで「街も衣装も汚らしい」などと
おっしゃるのならば「秀吉」はボロクソに言わなくてはなりません。
そうしないと「ダブルスタンダード」



まぁね,昨日の演説やってた人を含め,世の中を動かす人が
悉く「頭だけ偉い人」なんだから救いようがない。
然し,斯様な者に三期もやらせる県民も駄目駄目ね。

尤も,この世代の人に付いて行って,言いたい事も堪えて尽くした
儂らの世代にも責任がある。反旗を翻す牙を抜かれても暢気だったからな。
今更正気に戻り対抗しようにも,残念ながら資力はとても敵わない。
国会に打って出ようにも供託金すら支弁出来ない。
(今の日本の国会議員選挙供託金は,低所得者(儂含む)の年収より高い)

気の毒なのは,これからの人(若人)である。
ほんと馬鹿ばっか。今さえ良ければいいのか諸君!と言いたいが,
現状では将来を夢見るなんて「本当に夢見る人」でない限り
無意味な事。時間の無駄。そうなるわな…

若い人の夢を喰らって良い思いをしているのが段階世代だと言う事を
当人達は克く知るべきなのだが,共通体験が無いので理解不能なのだ。

だから平気で「今の若い奴らは努力が足りない」と言ってのける。
さすが学舎に火を放つていた世代は言う事が違うねぇ。
一所懸命働いても,彼らはあなたたちの月給の半分以下しか貰えんのじゃよ。



このような私見を世に問いたくて,色々方策を考えるのだが,
毎度どうしようも無い己の現状を知り,心労するばかりの
わたくしなのである。